グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 病院案内  > 病院概要  > 沿革

沿革

更新日:2017年7月10日

聖隷浜松病院の歩みのご紹介です。


昭和34年~昭和39年

昭和34年(1959)

昭和34年11月 浜松診療所完成

11月
元目町45番地にあった付属診療所を旧聖愛園敷地内に移転、聖隷浜松診療所として新たに発足

昭和36年(1961)

6月 胸部レントゲン健診車(第1号)購入

昭和37年(1962)

昭和37年3月 1号館完成

3月
新病院(1号館、病床数120床)完成
社会福祉法人聖隷保養園聖隷浜松病院の開設が許可(8科)
許可病床数(一般)114床

昭和38年(1963)

5月 成人病検診車(第1号)購入、成人病の集団検診を開始
8月 中山耕作先生を院長として招聘

昭和39年(1964)

2月 許可病床数(一般)127床

昭和40年~昭和49年

昭和40年(1965)

昭和40年2月
脳外科センター(2号館)完成。

1月 急増する頭部外傷に対して頭部冷却救急車を設置
2月 脳神経外科センター棟(2号館)完成、許可病床数(一般)177床
12月 許可病床数(一般)212床

昭和41年(1966)

2月 病院内に浜松血液銀行を開設 小児更生医療機関に指定される
6月 婦人ガン検診車を購入し、婦人ガン検診活動開始

昭和43年(1968)

昭和43年12月
ガンセンター棟(3号館)完成。

12月 許可病床数(一般)280床 / ガンセンター棟完成

昭和44年(1969)

6月 許可病床数(一般)350床 / 第一種助産施設として認可される
7月 総合病院として認可される

昭和45年(1970)

10月 リハビリテーションセンター完成
11月 第1回聖隷浜松病院院内学会開催

昭和50年~昭和59年

昭和50年(1975)

4月 ひばり保育園開設

昭和52年(1977)

5月 未熟児センター棟完成/日本で初めての新生児(未熟児)救急車設置
7月 許可病床数(一般)538床

昭和55年(1980)

4月 臨床研修医研修指定病院となる

昭和57年(1982)

昭和57年5月 新1号館(A棟)完成

10月 許可病床(一般)644床

昭和58年(1983)

9月 中山院長を学会長として、“激動する病院の光と影”をテーマに第33回日本病院学会を開催(浜松市民会館)

昭和60年~昭和63年

昭和61年(1986)

6月 ドクターズカー・モービルCCU導入

昭和62年(1987)

4月 訪問看護室設置
5月 許可病床数744床

昭和63年(1988)

8月 特3類基準看護59床認可

平成元年~平成9年

平成元年(1989)

11月 体外受精による不妊症治療開始

平成2年(1990)

6月 特3類基準看護病棟445床に拡大
7月 倫理委員会設置

平成3年(1991)

6月 自動診療費支払機が稼動

平成4年(1992)

4月 専門看護婦制度開始 / 総合相談コーナーの開設

平成5年(1993)

4月 基準看護特3類全病棟(744床)取得

平成6年(1994)

7月 地域医療連絡室JUNC開設

平成7年(1995)

2月 ジュビロ磐田の契約医療機関として医師の派遣を開始

平成8年(1996)

2月(財)日本医療機能評価機構による病院機能評価(運用調査)
4月 エイズ拠点病院として承認を受ける
9月 堺副院長が院長に就任

平成9年(1997)

4月 浜松市医師会と開放型病院契約成立
7月(財)日本医療機能評価機構の認定(一般病院種別B)
8月 開放型病院の施設基準承認

平成10年~平成19年

平成10年(1998)

4月 県内初の総合周産期母子医療センターとしてスタート(MFICU9床、NICU21床)
12月 エイズ拠点病院機能評価を受審

平成11年(1999)

4月 引佐郡医師会と開放型病院の契約成立
5月 聖隷浜松病院ホームページ開設
10月 浜北市医師会と開放型病院の契約成立

平成12年(2000)

3月 許可病床数744床 MFICU12床
8月 磐周医師会と開放型病院契約成立

平成13年(2001)

平成13年3月 新3号館(B棟)完成

2月 浜名医師会と開放型病院契約成立
3月 第3期病院建築工事完了/救急センター(ICU・HCU病棟、救急外来)開設
6月 磐田市医師会と開放型病院契約成立
12月 地域治験ネットワークモデル事業スタート

平成14年(2002)

4月 院外処方箋発行制度を導入
6月 病院敷地内全面禁煙実施
9月(財)日本医療機能評価機構の認定(一般病院)

平成15年(2003)

12月 フロントサービス導入

平成16年(2004)

6月 地域医療支援病院の承認
7月 DPC導入/電話受付センター開設
9月 病診連携窓口開設

平成17年(2005)

1月 地域がん診療拠点病院に指定

平成18年(2006)

1月 電子カルテシステムの導入開始(入院部門)
7月 電子カルテシステムの導入開始(外来部門)
8月 聖隷PETセンター開設
11月 医療の質奨励賞受賞

平成19年(2007)

5月 一般病棟7対1入院基本料の施設基準承認
6月 財団法人日本医療機能評価機構の認定更新(一般500床以上)
7月 治験拠点医療機関に採択される
12月 NPO法人卒後臨床研修評価機構による医師卒後臨床研修に関する第三者評価の認定

平成20年~

平成20年(2008)

2月 地域肝疾患診療連携拠点病院の指定
4月 てんかんセンター開設
11月 ボランティアグループ「すずらん」緑授褒章受賞

平成21年(2009)

4月 医療情報センター開設

平成22年 (2010)

4月 頭頚部・眼窩額顔面治療センター、循環器センター開設
5月 救命救急センターの指定を受ける

平成23年(2011)

10月 鳥居副院長が院長に就任/院内助産システム開始

平成24年(2012)

3月 病院設立50周年
9月 財団法人日本医療機能評価機構の認定更新(500床以上)
11月 JCI(Joint Commission International)認証取得

平成25年(2013)

5月 第4期増築工事(第1期)完了(放射線部、小児・周産期病棟)
7月 無痛分娩システム開始 / ハイブリッド手術室稼動
9月 アジア初となるサイレントMRIを導入

平成26年(2014)

3月 EPA候補者3名 看護師国家試験合格 /TAVI実施施設認定

平成27年(2015)

3月 高精度放射線治療装置TrueBeam STx設置
5月 第4期増築工事(第2期)完了(受付、内視鏡室、血管造影室、病棟デイルームなど)
8月 ER移設/JCI認定更新
9月 患者支援センター開設/手術室を移転・増室(15室)/移動式CT(手術室2室間)設置
10月 MRI装置1台を最新機種(3T)に更新/ヘリポート運用開始

平成28年(2016)

4月 イベント「ホス地下」開催
5月 MRI検査室待合スペース リニューアル
6月 一般食堂、職員食堂、コーヒーショップ、休憩スペースを整備
7月 第4期増築工事完成報告会および医局管理棟竣工式/大会議室(300名収容可能)新設
8月 許可病床(一般)750床へ増床/救急救命病棟(18床)新設/手術支援ロボットダビンチXi導入/放射線治療エリア リニューアル
9月 シミュレーションラボ開設
10月 臓器移植推進協力病院として厚生労働大臣より感謝状授与

平成29年(2017)

1月 デイサージャリーセンター新設/外来28番移設/ジャパンインターナショナルホスピタルズとして推奨される