グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 法人について  > 聖隷福祉事業団の取り組み  > 環境への取り組み

環境への取り組み

聖隷福祉事業団環境キャラクター
「エコぴょん」

聖隷福祉事業団が取り組む環境活動について

聖隷福祉事業団は2010年に環境宣言及び環境ビジョンを採択し、
主に3つの分野での環境活動に取り組んでいます。


聖隷福祉事業団 環境宣言

聖隷福祉事業団は、基本理念「隣人愛」に基づき、職員が一丸となって
地球環境に配慮した活動に取り組むことを、ここに宣言いたします。


平成22年1月1日

社会福祉法人 聖隷福祉事業団
理事長
聖隷環境委員会委員長
山本 敏博


聖隷福祉事業団環境ビジョン

聖隷福祉事業団は、“人”と“地域”の健やかな営みを
永続的に支える組織として、
地球環境に配慮した活動を行うことに責任を持ちます。


私たちが取り組む3つのテーマ

1. 省エネルギー・温暖化防止
事業活動を通じて、省エネルギーの推進と、温室効果ガス削減による温暖化防止に取り組みます
2. 資源循環
限りある資源の有効利用のために、資源循環を意識した事業運営に取り組みます
3. 社会貢献活動
地域とともに歩む組織として、職員一丸となった社会貢献活動に取り組みます

2016年 環境への取り組み

いなさ愛光園

正面玄関前グリーンカーテン

 いなさ愛光園の毎年恒例グリーンカーテンです。今年も綺麗なアサガオの花が咲きました。日差しを遮りエネルギー削減に繋がっています。

 ほのぼのケアガーデン グループホームの庭では、ご利用者と共に畑を作り、季節の花や野菜を育て収穫しています。
※ご利用者ご家族には写真の使用許可をいただいています

グループホームの向日葵、大きく成長

ご利用者と職員と野菜収穫

聖隷袋井市民病院

 2015年6月頃より、リハビリ室から見える景色に色彩をつけ、患者さんと一緒に花や野菜を育て収穫をすることを目標に畑作りを行ってきました。

 規模は、32m×1.5m。畑には花や野菜のスペースを設けました。

 今年の夏はトマトやキュウリといった野菜を患者さんと一緒に育てました。昨年冬にはジャガイモやにんじん、大根などの根菜類にもチャレンジしましたが、食べられるほどには上手くいきませんでした。花は、ひまわりやマリーゴールドなど多くの方が知っているものを中心に育てています。

 毎朝畑に水をまくことが日課になったり、野菜を収穫することが目的でリハビリ室まで足を運んでくれる患者さんも増えました。また、長期入院の患者さんも成長過程を見て季節感を感じることや、畑を通じて毎日の日課を作ることで、認知症予防にも繋がっていると思います。

 写真左は今年の夏に育てたトマトです。写真では収穫前で青い実が多いですが、収穫時には真っ赤な実がたくさんできました。患者さんも毎日笑顔で収穫することができました。食べきれないほどのトマトが収穫でき、スタッフもトマトが大好きになりました。

 写真右は今年の夏に育てたひまわりです。奥にはペチュニア、コスモスも見えます。すくすく育って、患者さんの背丈まで伸びました。ひまわりの種も取れたので、来年も育てる予定です。 

2015年 環境への取り組み

いなさ愛光園

 いなさ愛光園では、毎年恒例のゴーヤと朝顔のグリーンカーテンはもちろん、ご利用者と職員と共に花壇やプランター、そして畑作りをしています。野菜などは種蒔き、苗植えから収穫まで年間を通して育てています。

正面玄関グリーンカーテン2.5m×15.3m

ほのぼのケアガーデン

 ほのぼのケアガーデンでは、稲苗を植えて米を収穫しました。

ご利用者さんと一緒に畑作り

聖隷佐倉市民病院

 聖隷佐倉市民病院では省エネ活動の新たな取り組みとして8月から9月までの2ヶ月間、エコ活動コンクールを実施しました。参加は自由。職場単位などでチームをつくり、自発的にエコ活動へ取り組むことでエコ意識を高めることができればと企画しました。14チームものエントリーがあり、各チームがエコ活動へ熱心に取り組みました。各チームの取り組んだ内容の一部ををご紹介します。
院長賞(受賞:総合企画室その他有志)
■105名でチームを組み、離席時にPCディスプレイの消灯を実施!ディスプレイの総消灯時間は2ヶ月でなんと約6,032時間!!

昼休憩時の様子 ディスプレイ消灯中

表彰式の様子

看護部長賞(栄養科)
■厨芥(チュウカイ)ゴミの水切りが不十分だったため水切り専用ザルでゴミの量を削減!

水切り中~水切り後

■食材の賞味期限切れを予防するために、先入れ後出しを実施。賞味期限を確認する意識が高まった!(左写真)

■照明にアルミホイルを取り付けて照度アップ!(右写真)

賞味期限の注意書き

アルミホイルで照度UP!

事務長賞(受賞:眼科検査室)
■未使用機器の空調・照明・電気のOFFを実施。見回り表を作成しスタッフが交代でチェックすることで各自責任感を持ち、忘れていた時も互いに協力して行った。

独自で見回り表作成

こまめなチェックの様子

 他チームと競い合い病院から評価が得られることで、より活発な活動となりました。また、2ヶ月間実施したため、エコ活動の習慣化に繋がりました。PCディスプレイの消灯は操作も簡易的なので、みなさんも是非活用してみてください!

2014年 環境への取り組み

浦安エデンの園

レストランの窓際(約2.5m×約12m)のゴーヤカーテン

 5月末のご入居者参加型の地域清掃活動終了後に、レストランの窓際にゴーヤの苗をみんなで植えました。その後は各課持ち回りでゴーヤの水やり当番、観察日記をつけ、成長を見守り続けること1ヶ月半!
7月上旬の台風が心配でしたが、被害もなく苗はすくすくと育ち、たわわに実が生りました。

 ゴーヤの実はレストランの食事でご入居者に提供した他、フロント横に置いて、ご入居者やご家族がご自由にお持ち帰りできるように特設コーナーを設けました。ゴーヤの苗植えを行ったご入居者だけでなく、レストランを利用しているご入居者も「あ、実が生っている!」「葉が青々していて良いね」と話題に上ります。
今年で3回目を迎えたグリーンカーテンですが、レストラン内も室温が2度下がりました。

いなさ愛光園

ほのぼのケアガーデンの藤棚

 毎年、グリーンカーテンを育てています。今年はアサガオの葉が大きく成長し、遮光効果・冷却効果で節電・省エネに繋がりました。
 また、ほのぼのケアガーデン(認知症対応型通所介護・グループホーム)では藤棚を作り、ご利用者が散歩しても快適に過ごされるよう、車椅子でも園芸が楽しめるように花壇にも工夫しています。
グリーンカーテンは、遮光効果抜群です。

明日見らいふ南大沢

 エントランス横にプランター10個分の琉球朝顔の苗を植え、グリーンカーテンを作りました。目標は、エントランスの壁面を緑のカーテンで覆うこと。  
 職員とご入居者が交代で水やりに勤しみ、支配人も生育具合を確認していました。6月に植えた苗も8月にはエントランスの屋根に到達!9月には屋根の上にまで美しい花が咲き、涼しさだけでなく、ご入居者の目も楽しませてくれました。

エントランスの屋根まであと3分の1。
ゴールはもうすぐ!(2014年7月18日)

屋根まで到達したグリーンカーテン
(2014年9月16日)

横須賀愛光園

別の場所に植えたグリーンカーテンが一つに!1階から
3階までツルが伸び室内がしっかり陰っています。

 毎年グリーンカーテン作りを行っています。今年は施設内2カ所でグリーンカーテンに挑戦!利用者様と共に育てたグリーンカーテンは遮光効果だけでなく、職員や利用者様の心も癒してくれました。

●1階デイサービスセンター
植物:琉球アサガオ7本
規模:横1.8m×高さ10m
6月初旬より育てました。今まではゴーヤを使用しグリーンカーテンを作成していましたが、今回は花物のアサガオを使用!デイサービスのご利用者様と水やりを行い育てました。

●1号館2・3階
植物:アサガオ
規模:横1.8m×6m
6月中旬にアサガオを植えて育てました。入所のご入居者様がアサガオのグリーンカーテンを見て喜んでいる姿が頻繁に見られました!

松戸ニッセイエデンの園

 今年もエコプロジェクトでグリーンカーテンに取り組みました。昨年はゴーヤでしたが、今回は時計草にチャレンジ!ご入居者の皆様のご協力を賜り、緑の深いグリーンカーテンが完成しました。今回は大食堂の東側の窓一面にネットを設置し、ご入居者の皆様と16本の苗木をプランターに1個ずつ植えるスタイルで挑戦しました。

 植え付け直後は成長が遅く、ご入居者の皆様にご心配をおかけしました。ご入居者にもお手伝いいただき、七月の末に剪定を実施。そして肥料を液肥に変えてからの成長には目を見張るものがありました。そして時計草のグリーンカーテンはすくすくと成長し、現在も緑の日よけとして役立っています。残念なのは花が一つしか咲かずに、その花が咲く姿から「時計草」と呼ばれている姿をごく一部のご入居者にしかご覧いただけなかったことです。しかしグリーンカーテンがご入居者の皆様のお気持ちを和ませ、涼を感じていただくことができたなら、本当に良かったと思います。
 時計草の花はご覧いただけませんでしたが、なぜか朝顔が咲きました。どこかからか種が舞い込み、発芽したのです。「朝顔と時計草。こんな取り合わせのグリーンカーテンも面白い!」と思いました。

たった一つだけ咲いた時計草

朝露に濡れた朝顔

 昨年の反省から、今年は苗木1つにプランター1個で植えつけた点と、生育が遅れていたことから液肥を使った点が工夫した点です。十月の初旬に撤収を予定していますが、ご入居者の皆様の愛情を頂いた時計草ですから、来年も花咲かせたいと考えています。ご入居者の皆様から「来年もグリーンカーテンが楽しみだわ」とのお声掛けをいただき、次年度の取り組みへの大きな励みとなりました。

2013年度環境への取り組み報告(7施設)

2010~2012年度の取り組み報告

第1次中期計画(2010~2012年度)取り組み報告


上記テーマに基づき、聖隷福祉事業団では、エネルギー使用量
(= CO2排出量)の削減目標を設定し、2010年度から3年に渡って、
法人を挙げて取り組みを行い、目標を達成することができました。
 
 詳細については、社内報記事誌面をご参照ください。

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。
パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。



Copyright(C)Seirei Social Welfare Community. All Rights Reserved.