グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



採用情報

ホーム  > 採用情報  > 研修医募集  > 初期臨床研修について

初期臨床研修について

臨床研修センター長から

臨床研修センター長 志智 大介

臨床研修センター長 志智 大介

当院の原点は、1930年にクリスチャンの青年たちが、ある貧しくて結核を病み行き場を失ったひとりの患者を受け入れ看護したことが始まりでした。1942年には当院の前身、聖隷保養農園付属病院が開設されました。聖書では「隣人を自分のように愛しなさい」とあり、その後もずっと当院は基本理念として”隣人愛”精神に基づく人材の育成に努めてきました。

医療者に求められる資質の根本は愛であり、困った人を助ける奉仕精神です。創立以来、先駆的・開拓的精神に溢れる当院は、日本で最初のホスピス病棟開設、ドクターヘリ事業、民間病院として初めての高度救命救急センター指定、身体合併症の精神患者にも対応した精神科、院内助産所開設など常に新しい課題に挑戦し続けています。研修医教育についても新臨床研修制度の始まる10年前となる平成7年よりスーパーローテート方式による教育を実施しており、研修医教育の歴史も深いものがあります。
当院で初期研修をする研修医は、これまでの当院の歴史や理念に基づいた医療者としての態度を指導医や先輩医師からは勿論、コメディカルや事務スタッフといった多職種からも、日常のさまざまな場面で自然に感じとることができると思います。
また当院は、市中病院でありながら大学病院クラスの37に及ぶ多数の診療科がそろっており、スーパーローテート方式により幅広く習得が可能です。当院の特徴として、市中病院ならではのcommon diseaseを数多く経験できるだけでなく、先に挙げた超急性期から慢性期までの幅広い診療科の多くが、学会認定の指導・教育施設等となっており、より専門性の高い医療について触れることもできます。このことからも将来の専門性に関わらず初期研修で大切な基本的診療能力を習得しつつ、今後の志望科を決める上でじっくりと将来を悩める環境があることもお分かりいただけるかと思います。

初期研修医のサポートをする臨床研修センターは、医師・看護師・事務スタッフを配置し研修医として大切な社会人・医療者としての態度を教え、また自律的に研修をすすめる環境を作り研修医自ら上達していくのをサポートするよう心がけております。
医療人としての奉仕精神を大切にし、必要な幅広い知識と技術を持つ理想の医師を目指してチャレンジする皆さんのご見学・ご応募をお待ちしています。