グローバルナビゲーションへ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ





ホーム > スタッフブログ

スタッフブログ

今年最後の知ってなるほど!公開講座(インフルエンザ)

連続になりますが、来週も公開講座を実施いたします。年内の講座はこちらが最終回です。特にお申し込みも不要ですので、是非お誘い合わせのうえ、お越しくださればと思います。

■開催概要■
題 名:2019知ってなるほど!公開講座in第2地区センター
テ-マ:知ってなるほど!インフルエンザ ~インフルの 予防対策 忘れずに~
講 演:感染管理認定看護師 佐藤美由紀
日 時:2019年12月11日(水)11:00~12:00(30分程度)
※講義終了後、質疑応答を行います。
場 所:沼津市 第2地区センター(千本プラザ北側)
対 象:地域住民 第2地区以外のかたも遠慮なくお越しください!
問い合わせ先:聖隷沼津病院 経営企画室

※駐車場有り
(2019年12月9日 経営企画室S)



病棟の様子【地域包括ケア病棟】12月★クリスマス★

シリーズ)院内ラウンド VOL.5(10/6)

間が空いてしまいましたが、地域包括ケア病棟のクリスマスのご紹介です。
季節感あふれる手作りの掲示が彩りと癒やしを与えてくれます。
特に、ツリーの完成度の高さにビックリしました。
入院患者さんと病棟スタッフとで一緒に作成している力作です!
時々ですが、きまぐれに季節ごとの当院の様子を紹介させていただきますので、ブログをのぞいていただけたらうれしいです。

(2019年12月9日 経営企画室S)



透析センターのページをリニューアルしました

リニューアルで、イラストも多用し透析治療やサポート体制の解説内容を増やしています。

今年4月に新設したばかりの当院の「透析センター」のご紹介ページをこのたびリニューアルいたしました。
リニューアルにあたり、ご利用する皆さまにとって分かりやすいページを目指しQ&Aコーナーを設けました。
さらに、医師、看護師そして臨床工学技士らの他職種で支える透析治療の様子も分かりやすくお伝えしたく、写真や取り組みを多くご紹介しています。

特に、2019年度から導入した専用無料送迎サービスや無料Wi-Fiサービスなどご利用しやすい環境づくりにも注力しており、概要をまとめて掲載しています。是非ご覧ください。

(2019年12月9日 経営企画室S)


画像をクリックすると透析センターのページが開きます。


★12/8(日)クリスマスコンサートを開催しました★

おはようございます。
12/8(日)に沼津ハーモニカクラブさまをお招きし、クリスマスコンサートを開催いたしました。
当院ならびに法人内の事業所※のご入院・ご利用の皆さまを中心に、地域のかたも含めて42名の方にお越しいただけました。
お見舞いに来られた方も、外科待合ホールから響き渡るハーモニカの音色につられて、お立ち寄りくださりました。
ジングルベルに始まり、銀座の恋の物語や青い山脈など、懐メロを多くラインナップしてくださり合計13曲を演奏。
会場の皆さんが懐かしそうに口ずさみながら、身体でリズムも取りながら聞き入っていらっしゃる姿がとても印象的でした。

演奏してくださった沼津ハーモニカクラブの皆さまより
「大変緊張したけれど、ご来場の皆さんが一緒になって歌ってくださったのがとてもうれしかったです!」とお言葉をいただきました。

なお、個人的には、三曲目の「365日の紙飛行機」が特に心に染み渡りました。

これ以外にも
当院では、スタッフが少しでもご利用の皆様に季節感と癒やしの空間をと考え、外来・入院スペースの各署にクリスマスの飾りを施しています。
是非是非お待ちの間にも目をとめていただければと思います。

※法人内の事業所にあたる看護小規模多機能型居宅介護事業所せいれい緑町のご利用者の方もお越しくださいました。
(2019年12月9日 経営企画室S)



厨房改修工事の完成検査を迎えました

当院では、厨房(B棟地下1F)ならびに周辺の改修工事を6月から行っており、騒音や振動などで、ご迷惑をお掛けしておりましたが、このほど工事の完成検査をいたしました。
12月末より、新しい厨房での調理そして新たな配膳方式の採用をスタートし、これにより、一層衛生面も向上します。
配膳方式の変更で、あたたかいものをあたたかいまま、冷たいものを冷たいままでご提供できるようになります。

栄養管理課スタッフ一同準備に向けてラストスパートを頑張っていますので
新方式のお食事のご提供まで今しばらくお待ちいただければと思います。

そして、当院の工事をご担当してくださった建設会社の担当者さまより
「無事に予定の工期内に工事が終えられて良かったです。地元の医療機関さまの工事を担当させていただき、光栄で本当にやりがいのある仕事でした!」と力強く語っていただき感激いたしました。

工事関連の業者さま、そして当院栄養管理課スタッフも本当にお疲れ様でした。

(2019年12月6日 経営企画室S)



★夜バージョン★

連絡通路のクリスマスツリー
17:00撮影。

12月に入り、外はすっかりクリスマスモードに入りました☆
B棟連絡通路に毎年恒例のクリスマスツリーを飾りました。クリスマス気分を少しでも味わっていただきたいという思いを込めて、今年も華やかに飾り付けをすることができました。

みなさんに少しでも喜んでいただけたら嬉しいです!

せっかくですので、イルミネーションが灯された画像をUPしたく、夜バージョンです。
B棟連絡通路のクリスマスツリーのイルミネーションは25日まで点灯していますので、是非一度、ご覧になってください♪

(2019年12月5日サービス向上委員会)


【祝】令和100人目となる赤ちゃんが誕生しました。

実は、★令和100人目ベイビー★の誕生を、当院産科病棟はもちろん院長も事務部門もずっとずっと心待ちにしておりました。
そして、先月下旬の夕方、元気な男の子が誕生し、当院★令和100人目★ベイビーくんとなってくれました。

本日(12/5)お母様の産後の健診でのご来院の際に、当院からのささやかなお祝いのお品を贈ってお祝いさせていただきました。当院一同「記念すべき100人目。本当におめでとうございます!お子様の健やかなご成長をお祈り申し上げます」とお祝いの気持ちをお伝えしました。

お母さまより
「強い運を持って生まれた子。温かくしっかりした子に育ってほしい」
と笑顔で話してくれました。

【産婦人科病棟より】
当院の産婦人科病棟はNICUを完備し、地域の産院やクリニックと緊密に連携してベビーの緊急事態に対応し、いつでも安全なお産ができるよう日々取り組んでいます。病棟スタッフも「100人目のご誕生を節目に、これまで以上に、安全に出産を迎え安心して育児をスタートするためにも、ママとベイビー、そしてご家族を全力サポートしてまいりたい!」と決意を新たにしました。

(2019年12月5日経営企画室S)

2019/05/01~当院での分娩で誕生した赤ちゃんで100人目のお子さんにあたります。お写真を含めた記事紹介についてご承諾をいただき、掲載しています。


とってもお利口さんでリラックスして取材に応じてくれました。

ご実家の清水町に北海道から里帰り出産で当院をご利用いただけました。


★聖隷沼津病院のクリスマス★

こんにちは。
今年も、サービス向上委員会や各病棟にて、少しでもご利用される皆さんに季節感と癒やしの空間をという想いで、クリスマスツリーや掲示物を飾ってます。

メインは、地下連絡通路横のクリスマスツリーです。
12/8(日)には、外科待合ホールでのクリスマスコンサートも開催予定です。
地域の皆様にもお気軽にお越しいただけますので、お立ち寄りのさいにはクリスマスツリーも是非ご覧いただければうれしいです。

(2019年12月5日 経営企画室S)



知ってなるほど!公開講座で緩和ケア認定看護師が講演(12/4)

本日(12/4)は寒さが増していましたが、知ってなるほど!公開講座に44名の方がお越しくださりました。講師を務めたのは、緩和ケア認定看護師の資格を持つ当院の原看護師で、「伝えていますか?あなたが大切にしてきたこと、 将来のこと~治療と共に大事にしたいこと~」をテーマにお話しました。

誰にでも、いつでも人生を揺るがすような、大きな病気やケガに遭遇するような「もしものとき」に備えて、日頃から大切にしていることを、家族などと共有することの大切さを、下記2つのキーワードや実際のエピソードを交えて解説しました。

【キーワード】
アドバンス・ケア・プランニング (ACP)
「大切にしていることや望んでいること、どこで、どのような医療やケアを望むのかについて自分自身で前もって考えたり、信頼する人たちと話し合い、共有する」

愛称「人生会議」
医療従事者とだけでなく、 家族会議や食卓の場など、 身近な場面でも話し合えるようになって欲しい。という意味で愛称がつけられています。


会場で紹介された、がん患者さんの映像をご覧になって、涙ぐみながらお話を聞かれる参加者のすがたが印象的でした。

人生会議は 何度でも繰り返すことが大切であること。そして、原看護師ご自身も、患者さんが大切にしたい生き方に医療者として寄り添うことを大切にしていきたいと決意を付け加えました。
私自身も、当日の講座の運営や取材を通じ、医療機関で働く職員として背筋が伸びる想いでした。

(2019年12月4日 経営企画室S)



11月30日(土)今年度3回目の糖尿病教室を開催いたしました

こんにちは。
以前に、こちらのホームページでお知らせしていたとおり、
本日(11/30)当院にて「糖尿病教室」が開催されました。
今年度3回目の今回は糖尿病看護認定看護師である当院の水野看護師が講師を担当。
「合併症を防ごう!これならできる自己管理」をテーマにお話しました。
糖尿病患者の国内における動向や病気の原因、自覚症状などにも触れ、合併症を防ぐための、日常生活の工夫については、食事編と運動編に分けて丁寧に解説しました。
当院をご受診中のかたや【広報誌】せいれい通信を見て初めてお越しいただけた方を含めて、皆さん熱心に講師の話に聞き入っていらっしゃいました。

【次回予告】
2020年3月に今年度の第4回目(年度としては最終回)を予定しております。
また、本ホームページおよびせいれい通信でもご案内させていただきます。

(2019年11月30日 経営企画室 S)


沼津ハーモニカクラブ様をお招きし12/8(日)にクリスマスコンサートを開催いたします

こんにちは。
来週の日曜日(12/8)に、院内コンサートを開催いたします。
演奏は、沼津ハーモニカクラブさんをお招きし、入院・外来の患者さんやお付き添いのかた以外にも、地域のかたもお気軽にお立ち寄りいただけます。

【開催要項】
開催日:2019年12月8日(日曜日)
時 間:14:00~15:00(60分)
会 場:聖隷沼津病院A棟1F外科待合スペース
参加想定:50名程度を予定
(患者様・ご家族様+地域のかたもお越しいただけます)
赤ちゃんやお子さんなどちょっとくらい騒いでも大丈夫ですので、
来場者の年齢制限も設けておりません。お子さん連れで是非お越しください。
参加費:無 料
主 催:一般財団法人芙蓉協会 聖隷沼津病院
※受付や参加申し込みもなく途中退席も自由です。

クリスマスソングを中心に演奏されますので、是非お気軽にお立ち寄りください。

♪ 聖夜とジングルベル
♪ 星の世界
♪ さんぽ
♪ 365日の紙飛行機
♪ 憧れのハワイ航ほか(上記は予定です)

(2019年11月29日 経営企画室S)


今月の講座情報です!

連続になりますが、来週も公開講座を実施いたします。
特にお申し込みも不要ですので、是非お誘い合わせのうえ、お越しくださればと思います。

■開催概要■
題 名:2019知ってなるほど!公開講座in第2地区センター
テ-マ:伝えていますか?あなたが大切にしてきたこと、将来のこと
~治療と共に大事にしたいこと~
講 演:緩和ケア認定看護師 原 磨美看護師
日 時:2019年12月4日(水)11:00~12:00(30分程度)※講義終了後、質疑応答を行います。
場 所:沼津市 第2地区センター(千本プラザ北側)
対 象:地域住民 第2地区以外のかたも遠慮なくお越しください!
問い合わせ先:聖隷沼津病院 経営企画室

※駐車場有り
(2019年11月29日 経営企画室S)


赤ちゃんDAY「HugHug親子体操」に当院小児科医師が参加

質問にお答えする当院小児科医師

11月28日(木)千本プラザ主催の赤ちゃんDAY「HugHug親子教室」に
当院小児科医師が参加、お気軽に立ち寄れる質問コーナーを
設置いたしました。

教室終了後、質問コーナーに10名のかたがお越しになりました。
質問内容は・・・
・離乳食
・乳児湿疹
・蒙古斑
・ねがえりがうてない
・受診のタイミングがわからない
など、様々な悩みをお抱えになられておりました。

今後も引き続き、地域に根ざした病院を
目指して取り組んでいきたいと思います。

どうぞ!よろしくお願いいたします。

■次回の開催■
題 名:赤ちゃんDAY「ベビーリトミック」
日 時:2020/1/23(木)10:30~
対 象:0歳~1歳未満のお子さん
申し込み:12/23(月)11:00~【電話予約】
問い合わせ:千本プラザ
なお、定員になり次第、受付は終了されるとのことで、
是非お早めにお申し込みをお願いいたします。

(2019年11月28日 経営企画室W)


ボールを使ったエクササイズ

赤ちゃんといっしょにお母さんも体を動かします。


知ってなるほど公開講座!延べ参加者数500名を達成しました。

本日(11/27)、地域住民向けに「地域と医療をつなぐ 知ってなるほど!公開講座」を沼津市第二地区センターにて開催しました。
大腸肛門外科の佐藤医師が講演し、60名の方が来場されました。
本日は「ハズかしい?イタい? 肛門疾患について、おしりになりませんか?」をテーマに、受診をためらってしまう肛門の病気について、診察の様子や治療がイメージしやすいように、写真やイラストを用いて分かりやすく解説しました。

経営企画室渡邉健より
「おかげさまで、第9回(11/6)までで、延べ499名の方にご参加いただけました。今回(11/27)開催分で、開催10回目の節目と、ご来場500人目を達成できました。当院一同より一層、地域の皆様の健康増進、健康寿命の延伸につなげられるよう、これからも地域の皆様にとって有益な情報の提供の場につながるよう努めてまいります。」

共催:千本地域包括支援センター様

(2019年11月27日経営企画室S)


お足元の悪い中、たくさんのかたにお越しいただきました。

おかげさまで、10回目を迎えました。


2019沼津かのがわハーフマラソンに参加しました!

参加メンバー「完走出来ました。」

聖隷沼津病院ボランティアチーム「レプタイルズ」で健康福祉づくりとして、沼津市内で開催された2019沼津かのがわハーフマラソンに参加しました!
職員・職員家族の総勢11名で参加、快晴の空の下、狩野川を沿道を
走り抜けました。ケガなど無く、無事に走り終えることが出来ました。
日々関わりの少ない職員たちが「マラソン」という
共通のテーマを通じ、交流を深めることが出来ました。
マラソンで培ったチームワークによるサービスを
病院を利用される方々に提供出来るよう頑張っていきたいと思います。
また、職員だけでなく、職員家族も参加するアットホームな活動にしていきたいと思います。
今後ともよろしくお願いいたします。

【表 彰】
10kmコース(39歳未満女性の部)で伊達 郁美看護師が2位を受賞しました。

(2019年11月18日経営企画室W)


女性メンバー「頑張ります!!」

総勢1,000名以上を超える参加者

表彰を受ける伊達看護師「晴れてよかったです。沼津のことが好きになりました。」


当院歯科口腔外科部長の山口医師も演奏「午後の院内コンサート。」

おはようございます。
11/16(土)に外科の待合ホールで行われた「午後の院内コンサート。」に、入院患者さんや当法人内の施設(看護小規模多機能型居宅介護事業所せいれい緑町 )のご利用者さん含めて80名の方にご来場いただけました。
今回は、当院の歯科口腔外科部長である山口医師を含めた弦楽四重奏。アンコールも含めて全13曲をご披露いただけました。

ご高齢の入院患者さんには、看護助手らが一緒に付き添いながら丁寧に介助を行いながら、安全な進行を心がけ実施しています。また、地域のかたも多数お越しいただき、クラシックの調べに、演奏にあわせてリズムを取りながらお聴きになる姿が印象的でした。

地域に開かれた病院づくりの一環でもあり、また地域包括ケア病棟を中心に入院生活に季節感や癒やしの時間の提供につながればという思いで、企画・運営しましたが、お越しいただいた皆さんの「とっても良かったよ」「来て良かった!」が本当に励みになりました。

(2019年11月18日 経営企画室S)



11月15日(金)地震を想定した夜間防災訓練を実施

厳しい眼差しで本部運営を確認する
伊藤院長・兼子看護部長

2019年11月15日(金)に今年度第3回目の夜間防災訓練を実施しました。
夜間発生の地震を想定した防災訓練で、約130名以上の職員が参加しました。

【訓練想定】
地震想定:南海地震(震源地:紀伊水道沖)
発生日時:2019年11月15日(金)17:15
地震規模:M6.4(震度5強)

【訓練内容】
①初動対応及び初動チェックリストの作成提出
②災害対策本部設置・運営の確認
③被災状況の確認・情報収集・伝達方法の確認
④上層階への避難誘導

防災委員会 安藤医師より「前回訓練時よりも迅速・的確に望む姿勢が伺えました。」
防災委員会より「災害発生時に迅速な対応が行えるように今後も定期的に訓練を行っていきたいと思います。」などの言葉をいただきました。

担当者コメント:病院職員として、最善が尽くせるように備えていきたいと思います!!

(2019年11月18日経営企画室W)


階段を駆け上がる職員

震災状況を伝達

模擬患者を上層部へ担送


2019年度クリーンアップ作戦~地域と共に市内一斉クリーン週間~その②

側孔内のタバコの吸い殻を除去しました。

この度、沼津市主催「市内一斉クリーン週間」に
11月11日(雨天中止)・13日・15日の3日間で参加いたしました。
総勢30名の職員たちがゴミ・雑草・落ち葉の除去を中心に
病院周辺及び近隣公道の清掃を行いました。
地域住民のかたから熱いエールをいただきながら、
職員一丸となって励みました。
今後も継続的に参加をしていきたいと思います。
よろしくお願いいたいします。
担当者コメント:伊藤院長のハサミ捌き(雑草除去)は爽快でした。

(2019年11月18日経営企画室W)


伊藤院長を筆頭に雑草を除去しました。

若手スタッフも奮闘!!


世界糖尿病デー

本日(11/14)は世界糖尿病デーです。
世界糖尿病デーとは
国際糖尿病連合と世界保健機関が設定し、国連に認められている正式な「糖尿病の疾患啓発日」です。11月14日なのは、糖尿病治療に欠かすことができないインスリンの研究でノーベル賞を受賞したフレデリック・バンティング博士の誕生日にちなんでいるとのことです。
※11/6(水)開催の知ってなるほど公開講座で当院の水野看護師(糖尿病看護認定看護師)も紹介しています。

糖尿病の人は世界的に年々増加しており、多くの方がその合併症に苦しんでいます。世界保健機関はこの事態を重く受けとめ、糖尿病を正しく理解し、適切な治療を受けることを促すため、疾患啓発日として世界糖尿病デーを設定しているそうです。

皆さんも少しだけ健康について考える日として、振り返っていただけたらと思います。
この時期になると青くライトアップされているのを見たことがあるかもしれません。あのライトアップは、世界糖尿病デーのシンボルである「ブルーサークル」にちなんでいるのです。11月14日が近くなると、全国でさまざまな建物が青くライトアップされています。当院の近くでは沼津港のびゅーおが青くライトアップされるそうです!


また当院では、11月30日(土)に今年度3回目の「糖尿病教室」を実施します。
地域のかたもお気軽に参加いただけます。お申し込みも参加費も不要です。
・時間)11月30日(土)13:30~14:30
・場所)当院A棟3F食堂
・講師)糖尿病看護認定看護師(当院の看護師が講師としてお話します)
・テーマ)合併症を防ごう!!これならできる自己管理



秋の午後のコンサート(11/16)に開催に向けて最終リハーサル中

おはようございます。
明日(11/16)の午後のコンサートのリハーサルを実施しています。
演奏は、当院の歯科口腔外科部長山口医師らによる弦楽四重奏です。
入院・外来の患者さんやお付き添いのかた以外にも、地域のかたもお気軽にお立ち寄りいただけます。

【開催要項】
開催日:2019年11月16日(土曜日)
時 間:15:00~16:00(60分)
会 場:聖隷沼津病院A棟1F外科待合スペース
演 奏:当院 歯科口腔外科部長山口万枝医師と
アマチュア市民交響楽団に所属する他3名による「弦楽四重奏」
参加想定:50名程度を予定
(患者様・ご家族様+地域のかたもお越しいただけます)
赤ちゃんやお子さんなどちょっとくらい騒いでも大丈夫ですので、
来場者の年齢制限も設けておりません。お子さん連れで是非お越しください。
参加費:無 料
主 催:一般財団法人芙蓉協会 聖隷沼津病院
※受付や参加申し込みもなく途中退席も自由です。


2019年11月16日 聖隷沼津病院
午後の院内コンサート。
予定<プログラム>
1.ディベルティメントK136  1楽章  
モーツアルト作曲 
2.「サウンドオブミュージック」より  私のお気に入り
3.「千と千尋の神隠し」より  いつも何度でも
4.イッツ・ア・スモール・ワールド「小さな世界」
5.歌劇「カルメン」より ハバネラ   
ビゼー作曲      
6.「アルルの女」第2組曲より ファランドール  
ビゼー作曲 
7.威風堂々1番より 
エルガー作曲 
8.交響曲第9番 第4楽章より 喜びの歌
ベートーベン作曲 
9.アヴェ・マリア 
カッチーニ作曲 
10.弦楽四重奏K525 「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」 第1楽章 
モーツアルト作曲
11.弦楽四重奏K465 「不協和音」 第4楽章 
モーツアルト作曲
※都合により変更になる場合がございます。


2019年度クリーンアップ作戦~地域と共に市内一斉クリーン週間~

この度、沼津市主催「市内一斉クリーン週間」に11月11日(雨天中止)・11月13日・11月15日の予定で実施しております。

本日(11/13)は、夕方から職員が多数の職員が参加しました。
日々見慣れてしまった風景を清掃することで、改めて気づくことや、清掃の大切さを感じました。

これからも地域貢献を目指し、清掃活動を計画していきたいと思います。

明後日(11/15)も頑張ります!!

(2019年11月13日 経営企画室S)



知ってなるほど公開講座、今月も開催中です。

本日(11/6)、地域住民向けに「地域と医療をつなぐ 知ってなるほど!公開講座」を沼津市第二地区センターにて開催しました。
糖尿病看護認定看護師である当院の水野看護師が講演し、45名の方が来場されました。

糖尿病の起源や世界・日本の現状にはじまり、実際にチェックシートを用いて、生活習慣チェックも実施。
さらに、糖尿病予防への生活改善として、3つの良い習慣と3つの悪い習慣が紹介されました。会場の参加者の皆さんも、メモを取りながら参加されていました。

次回、大腸肛門シリーズ③専門医である佐藤医師がお話します。
前回お越しになれなかった方も是非、次回(11/27・最終回)
からでもお越しください。
共催:千本地域包括支援センター様

(2019年11月6日経営企画室S)



介護予防教室「せんぼんノルディックゼミ」in千本プラザに
当院職員が講師として参加しました。

2019年11月5日(火)に千本地域包括支援センター主催の
介護要望教室「ノルディックゼミ」に
当院の栄養管理課の職員が参加しました。

ノルディックゼミとは・・・
介護予防の普及・啓発により尊厳のある生活の継続や
生活の質の向上を目指す、地域密着型のイベントです。
構成は「講義」・「運動」計4日間開催されます。
今回は、2日目に参加しました。

題 名:介護予防教室「せんぼんノルディックゼミ」 
日 時:2019年11月5日(火)10:05 ~ 10:45(40分)
会 場:千本プラザ
講 義:シニアと健康
講 師:栄養管理課 福井 勇人(管理栄養士)
対 象:地域住民

当院の職員より、食生活について、丁寧にレクチャー
「ダイエットって何?」「適正な体重は?」「サルコペニア?」など
身近な話題を中心に講義を行いました。
来場者からは「コレステロール値がきになるんだけど、卵を食べても大丈夫?」など
積極的に取り組んでいらっしゃいました。

(2019年11月5日経営企画室W)




11/14の世界糖尿病デーにちなんで「せいれい通信11月号」はブルーを採用

画像をクリックするとせいれい通信の掲載ページが開きます。

11月14日は、世界糖尿病デーです。
当院では、糖尿病の正しい理解の普及を伝える「世界糖尿病デー」をアピールするために、当院の広報誌「せいれい通信」11月号の基調カラーをブルーにいたしました。


院内各署に配架しておりますので、是非お手にとってご覧ください。
せいれい通信11月号は、本ホームページからもご覧いただけます。
一部連載コーナーは、聖隷沼津健診センターの掲示版にも毎月掲示しております。

(2019年11月5日 広報委員会)


画像をクリックすると「せいれい通信11月号」が開きます。


次回(11/6)の知ってなるほど!公開講座は
糖尿病看護認定看護師の水野看護師です。

次回(11/6)の知ってなるほど!公開講座は糖尿病看護認定看護師の水野看護師です。
連続になりますが、来週も公開講座を実施いたします。
特にお申し込みも不要ですので、是非お誘い合わせのうえ、お越しくださればと思います。

■開催概要■
題 名:2019知ってなるほど!公開講座in第2地区センター
テ-マ:糖尿病 予防のための対策~まさか私も糖尿病!~
講 演:水野 信子看護師(糖尿病看護認定看護師)
日 時:2019年11月6日(水)11:00~12:00(30分程度)※講義終了後、質疑応答を行います。
場 所:沼津市 第2地区センター(千本プラザ北側)
対 象:地域住民 第2地区以外のかたも遠慮なくお越しください!
問い合わせ先:聖隷沼津病院 経営企画室

※駐車場有り

当日は、当院広報委員会のメンバーも運営補助に参加いたします。
(2019年11月5日経営企画室W)


職員の研究発表の場として今年も法人主催の「聖隷沼津学術集会」を開催

第32回聖隷沼津学術集会 受賞者

11月3日(日)沼津駅前のプラザヴェルデにて第32回「聖隷沼津学術集会」を開催いたしました。当法人内の日頃の業務を通じた研究の成果を発表する機会として、年に1度開催されています。今年も関連法人より聖隷富士病院からの招待演題も含めて17演題がエントリーされ、各分野において専門性の高い発表が行われました。
今年は、医療従事者としての災害時の対応や業務の効率化など、近年の社会問題を反映したタイムリーな演題が多く含まれ、会場全体が興味深く発表に耳を傾けていました。そのほか、今年(2019年)4月に増床を行った、地域包括ケア病棟に関する各方面からのアプローチについての演題が多く含まれていました。
そして、当院院長らによる厳正なる審査により、最優秀賞ほかの各賞が決定されました。
最優秀賞)
・病院スタッフを最高の舞台へ ~私たちだから出来るプロデュース~ 
経営企画室(事務)
優秀賞)
・病棟編成による業務改善と今後の課題 B3病棟(看護)
・超音波検査による肝臓の形態的所見と肝線維化指標の有用性について(検査)
特別賞)聖隷富士病院
・画像処理「REALISM」を利用し被曝低減を目的とした撮影条件の見直し(放射線)


最後に、聖隷沼津健康診断センター所長の矢部医師より
「第1回で座長を務めた経験があり、こんなに素晴らしい会になるなんて当時は思ってもみなかったと振り返り・・・年々発表のレベルが上がっていると実感。
法人内における他部門への取り組みの共有により今後の組織内連携の強化にもつながるこのような研究発表の機会の重要性を改めて実感した」とご挨拶。

事務局としても、今後も利用される皆さまのために、法人スタッフ一同努力してまいりたいと背筋が伸びる思いでした。
(2019年11月5日 研修委員会事務局O)


17演題がエントリー

発表後は、会場内から積極的な質疑応答が行われ、発表内容への理解を深めました。


中学生職場体験を開催(10月24日・25日)

沼津市内の中学校では、毎年秋に中学2年生を対象にした
職場体験を実施しています。

当院では、10月24日・25日の2日間開催、
医師・看護師を目指す3名の生徒さんが参加しました。

【目  的】
・生徒さんが関心を持っている職業についての知識を深める。
・働くことの意義や大切さ、喜びなどを人との関わりを通して学び、
 社会に貢献するための態度を養う。
・自己の適性や能力についてより理解を深め、進路選択に役立てる。

【体験内容】
・病院スタッフからの講義
・病院食体験会
・病院見学
 2日間を通じて、様々な体験を行いました。

【担当者から一言】
 職場体験を通じて、普段体験出来ない真新しいことを体験し、
 医療現場を肌で感じることができたのではないでしょうか?
 私にとっても、病院について、直接伝えられる良い機会となり、
 改めて大切な事業だと感じた2日間となりました。
 中学生の皆さん、夢に向かってこれからも頑張ってください!!

(2019年11月1日総務課S)



知ってなるほど!公開講座_第8回(10/30)
当院脳卒中リハビリテーション看護認定看護師 尾鷲看護師が講演しました。

本日(10/30)、地域住民向けに「地域と医療をつなぐ 知ってなるほど!公開講座」を沼津市第二地区センターにて開催しました。
当院の当院脳卒中リハビリテーション看護認定看護師
尾鷲看護師が講演し、59名の方が来場されました。

今回は、「食べる楽しみを続けよう!~食べる力を保つための
トレーニング~」をテーマにお話しました。
嚥下機能が低下することで発症しやすい”誤嚥性肺炎”
について、予防・症状について、分かりやすく解説しました。
口腔体操では、会場が一体となり、楽しく学ぶことが出来ました。
「ぱんだのたからもの」を忘れないでください。

次回、大腸肛門シリーズ③専門医である佐藤医師がお話します。
前回お越しになれなかった方も是非、次回(11/27・最終回)
からでもお越しください。
共催:千本地域包括支援センター様

(2019年10月30日経営企画室W)



続)ハンドマッサージinせいれい緑町

10月30日(水)に管理棟2階にある当法人の在宅サービス部門
「看護小規模多機能型居宅介護事業所せいれい緑町」で、
利用者さんとスタッフさんを対象に、ボランティアさんによる
ハンドマッサージの体験イベントが行われました。

植物由来(純度100%)のアロマオイルの芳しい香りが
施設内に広がり、ハンドマッサージを受けている
利用者さんは満面の笑みを浮かべておりました。

利用者さんより「癒やされた。」「気持ちよかった。」などの
お声をいただきました。

今回2回目となりましたが、素敵なイベントとなりました。

ボランティアさんへ
癒やしのひとときをありがとうございました。

(2019年10月30日経営企画室W)



~花壇にイロトリドリの花を~

2019年10月24日夕方に当院職員により、病院玄関前の花壇に
新しい花が植えられました。

参加した職員たちは「利用者される方に安らぎを提供したい。」
という想いを胸に丁寧に植えていました。

~季節に合わせた花りすと~
・シクラメン(花言葉:内気・はにかみ・遠慮がち・絆)
・パンジー (花言葉:物思い・思慮深い・心の平和・思想)
・金魚草  (花言葉:おしゃべり・でしゃばり・おせっかい)


ボランティアチーム「レプタイルズ」より
リバーサイドプランティング計画進行中です。
乞うご期待!!

(2019年10月28日経営企画室W)



小児科病棟の個室をリニューアルいたしました!

ご利用される皆様の療養およびお付き添いのご負担が少しでも軽減できればと考え、このたび当フロアーの個室(6室)の改装工事を行っておりました。
工事期間中にご来院された皆様にはご迷惑をお掛けしたこと心からお詫び申し上げます。
このたび、海と森をイメージしたパターンとシックで落ち着いた雰囲気のお部屋の3パターンをご用意いたしました。
丁寧にインテリアコーディネーターさんや病棟スタッフと打合せを行って実現したお部屋です。
(ご案内)
また、改修工事に伴いまして、来月11月1日より、個室料金を右記の通り変更させていただきます。何とぞご理解とご了承のほど、お願い申し上げます。
下の画像は3つのパターンのうちの1つです。


(2019年10月28日 経営企画室S)


個室の一例です。


地域のベビーリトミックの教室にて当院小児科医師が出前講座を実施

10/24(木)のベビーリトミックの教室の終了後に教室に参加された親御さん向けに、当院小児科医師が、予防接種や子どもの病気の受診についてお話しました。
当院初の取り組みとして、千本プラザさんが実施している「赤ちゃんDAY」に私たち聖隷沼津病院もお邪魔してきました。地域のお母さまがたの子育ての不安に対する相談にも丁寧にお応えしました。
「来てくれて良かった!」「色々と質問できた!」とお母様がたからあたたかいお声も聞くことができました。当院としては、今後も、地域の皆さまの健康のため安心のためにこのような取り組みを行っていきたいと改めて感じました。


■次回の開催■
11/28(木)の開催です。
お申し込みは、10/28(月)11:00お電話で受付開始お申し込み・お問い合わせは、千本プラザさんまで。
なお、定員になり次第、受付は終了されるとのことで、大変人気だそうですので、是非お早めにお申し込みをお願いいたします。
※0歳児から1歳児未満のお子さんを対象とした講座です。

(2019年10月24日 経営企画室S)


初めての試みで大変緊張しましたが、大成功に終わり安堵し、
講座開催後には、小児科医師と経営企画室にて記念撮影。
右から2番目が、小児科専門医の古澤医師


第23回全国病院広報研究大会にて、当院の広報事例が「優秀賞」を受賞!

2019年10月19日(土)第23回全国病院広報研究大会が開催され、一次審査を通過した当院経営企画室を含む全国の10病院が会場である茨城県古河市に集結しました。 
全国と名の付く大会とあって、南は九州の福岡県、北は東北の山形県と、全国各地の病院から参加があり、それぞれの地域で抱えている問題に対し、各病院広報を通じて取り組んでいる事例が発表されました。
当院は特に今年度(2019年度)の事業計画にあるとおり、
効果(成果)につながる情報発信の強化〈広報のあり方検討〉の一環として、広報委員会や経営企画室を中心に積極的に広報活動を実施しています。特に、開業医向けの“ニュースレター”や、地域住民に向けた“知ってなるほど公開講座”、まだ一部ですが“ホームページや広報紙のリニューアル”などの取り組みと成果を発表し、優秀賞を受賞することが出来ました。
また、この全国病院広報研究大会を通じ、他病院が取り組んでいる最新の広報の様子を知ることができ、良いものは積極的に取り入れ、今後の当院の広報に活かしていきたいと強く感じました。


【大会結果】
最優秀賞:社会医療法人 杏嶺会 一宮西病院 様
優 秀 賞:一般財団法人 芙蓉協会 聖隷沼津病院
特 別 賞:医療法人社団 清永会 矢吹病院 様
    :医療法人 徳洲会 庄内余目病院 様
    :公財 大原記念倉敷中央医療機構 倉敷中央病院 様
    :社会医療法人 恵仁会 くろさわ病院様

(2019年10月21日経営企画室A)



知ってなるほど!公開講座_第7回(10/16)当院大腸肛門外科佐藤医師が講演しました。

本日(10/16)、地域住民向けに「地域と医療をつなぐ 知ってなるほど!公開講座」を沼津市第二地区センターにて開催※しました。当院の外科(大腸・肛門外科)の佐藤医師が講演し、65名の方がされました。

今回は、「女性に急増大腸がん!!なぜ女性の死亡率NO1?!」をテーマにお話しました。
がんの統計データを元に、女性に多い大腸がんのリスクや実際の検査や手術の様子を用い、分かりやすく解説しました。

大腸肛門シリーズとして本日を含めて計3回、専門医である佐藤医師がお話します。前回と本日お越しになれなかった方も是非、次回(11/27・最終回)からでもお越しください
ませ。
※千本包括支援センター様と共催

(2019年10月16日 経営企画室S)



2019ふくseeぬまづ福祉まつりにボランティアチームが出店

聖隷沼津病院 ボランティアチーム「レプタイルズ」が、
昨日(10/14)、2019ふくseeぬまづ福祉まつりに参加してきました。
当日は、医師・看護師・リハビリ・管理栄養士・事務の総勢15名で
「よろず相談」・「ベビーカステラ屋さん」の2ブースを出店。
準備のかいもあって、約80名の方が当ブースに立ち寄ってくださいました。

お客様との交流の楽しさや商品の販売の大変さなど普段経験出来ないことを体験することが出来ました。

また、これに先駆けて聖隷沼津病院の職員を中心に、募金活動を行っていた「東日本震災孤児募金」に関し、当院外科佐藤医師が事務局に募金をお渡ししました。

地域貢献の視点を大切にこれからも日々の業務にあたってまいりたいと心を新たにいたしました。

【主催】ふくseeぬまづ福祉まつり実行委員会
【後援】沼津市・沼津市社会福祉協議会

(2019年10月15日経営企画室W)



「日本糖尿病協会主催 第21回歩いて学ぶ糖尿病 ウォークラリー静岡」に聖隷沼津病院 松友会が参加

2019年10月6日(日)富士山こどもの国で開催された
「日本糖尿病協会主催 第21回歩いて学ぶ糖尿病 
ウォークラリー静岡」に聖隷沼津病院 松友会の会員さんと
病院スタッフが参加しました!

クイズ形式ウォークラリー
グループに分かれ、地図を頼りにチェックポイントを目指します。
各チェックポイントには、糖尿病にちなんだクイズとご当地クイズが
用意され、グループで答えを考えながら、ススキが風になびいている
美しい様子や、壮大な山の青々とした景色を眺めながら、
計4km弱ウォーキング楽しみました。
無事完歩されたかたには、日本糖尿病協会から完歩証が授与されました。
大きな達成感とほどよい疲労感とともにウォーキングを終えました。

病院スタッフより
当院の会員さんのグループがクイズで好成績を収め、表彰を受けられていました。
おめでとうございます!私も自分のことのように嬉しかったです。

松友会からのお知らせ
聖隷沼津病院には「松友会」という糖尿病の患者会があります。
この会には聖隷沼津病院に通院されている方で、糖尿病に興味のある方であればどなたでも加入できます。年会費3,500円にて、ウォーキングや食事会など各イベントの参加案内と日本糖尿病学会月刊誌さかえの配付を行っています。
内科外来にポスターも掲示してありますのでご覧ください。
ご興味のある方は内科外来までお声かけいただければと思います。

(2019年10月9日 松友会事務局 栄養管理課T)



10月5日(土)沼津市立高等学校吹奏楽部の皆様による
午後の院内コンサートを開催

10月5日(土)聖隷沼津病院 外科待合ホールで、
沼津市立高等学校吹奏楽部の皆様による午後の院内コンサートが
開催されました。
学生との地域交流型イベントは当院初の試みでした。
吹奏楽部の皆様によるパワフルでスウィートなメロディに、
ご来場された患者さん・ご利用者さんたちからは、
「素敵なメロディーだった。」「上手だった。」「思わず歌ってしまった。」など
たくさんのお言葉をいただきました。

沼津市立高等学校吹奏楽部の皆様へ
素敵なメロディーをありがとうございました。
当院としても地域貢献・地域交流を行っていきたいと思っております。
今後ともよろしくお願いいたします。

(2019年10月7日経営企画室W)



病棟の様子【地域包括ケア病棟】10月

シリーズ)院内ラウンド VOL.4(10/3)

間が空いてしまいましたが、地域包括ケア病棟の様子のご紹介です。
季節感あふれる掲示が病棟に彩りを加えています。
特に、ぶどうの房の立体感がとてもかわいらしかったです。
入院患者さんと病棟スタッフとで一緒に作成している力作です!
時々ですが、きまぐれに季節ごとの当院の様子を紹介させていただきます。

(2019年10月3日 経営企画室S)



せいれい通信10月号はピンクにしました。

おはようございます。
過ごしやすくなってきましたが、季節の変わり目です。
体調をくずされませんように、ご自愛ください。

さて、せいれい通信10月号が納品されました。
表紙の「せいれいさんぽ」受付時間の訂正をさせていただいています。
泌尿器科受付時間
(正)7:30~11:00で対応させていただいています。
紙面にも訂正させていただいていますが、改めてご案内させていただきます。

また、紙面の色合いですが、ピンクにしています。乳がんの早期受診などを推進するピンクリボン運動の一環です。乳がん月間の10月に合わせて全国各地で展開されるピンクライトアップやマンモサンデーなどにちなんで、広報誌もピンクにしていました。本当に非力ながらですが、「1人でも多くの女性が『乳がん検診を受けよう』と思ってくれれば」と期待も込められています。

来月(11月)は世界糖尿病デーにちなんで、青色の紙面を作成する予定です。

(2019年10月3日 広報委員会)



【沼津市立高校様とのコラボ企画】午後の院内コンサート。

外科待合ホール

こんにちは。
当院としては初めての試みである地元の高校生によるコンサートを開催いたします。
沼津市立病院吹奏楽部の皆さんが、是非病院の患者さんに癒やしをと企画してくださり、当院の外科外来の待合スペースで開催する運びとなりました。

★午後の院内コンサート。第1回★
日時)2019年10月5日(土)15:00~16:00
開催場所)聖隷沼津病院A棟1階 外科待合ホール
対象)入院患者さん・ご利用者さん
参加費)無料

申し込みも不要です。直接、外科待合ホールにお越しください。
途中退席も可能です。
曲目は下記のPDFファイルよりご覧いただけます。

なお、ご不明な点があれば遠慮なく聖隷沼津病院経営企画室までお問い合わせください。

~沼津市立高校吹奏楽部の皆さん~
丁寧な準備ありがとうございます。
当日はどうぞ宜しくお願いいたします。
スタッフ一同楽しみにしております。

(2019年10月5日 経営企画室S)


曲目は下記のPDFファイルよりご覧いただけます。
オススメは、「見上げてごらん夜の星を」と「パプリカ」とのことです。



慰問コンサートを開催しました。
~清水有線inせいれい緑町~

9月27日(金)に当法人の在宅サービス部門の
看護小規模多機能型居宅介護事業所せいれい緑町で、
利用者さんとスタッフさんを対象に、
清水有線スタッフさんによる
慰問コンサートが開催されました。
体を動かすことをテーマに
歌謡曲に合わせて、体をたくさん動かしました!
利用者さんたちは懐かしのメロディーを口ずさみながら、
元気よく体を動かしていました。

清水有線スタッフさんありがとうございました。


(2019年9月27日経営企画室W)



知ってなるほど!公開講座_第6回(9/25)当院大腸肛門外科佐藤医師が講演しました。

本日(9/25)、地域住民向けに「地域と医療をつなぐ 知ってなるほど!公開講座」を沼津市第二地区センターにて開催※しました。当院の外科(大腸・肛門外科)の佐藤医師が講演し、53名の方がされました。
今回は、「まだ間に合うみんなで受けようがん検診」をテーマに、がんの早期発見のためにはがん検診を受けましょう!という冒頭のスライドからスタート。
人口あたりのがんになる方の割合や死亡する割合が高いがんはどれか?などクイズ形式で参加者と対話しながら、終始和やかに講演が進みました。
・がん検診の流れ
・検査内容
・国内のがん検診受診率の低さと死亡率の高さ など
実際のデータを用い、分かりやすく解説しました。
最後に、早期発見の重要性とがん検診の重要性についてお伝えしました。
大腸肛門シリーズとして本日を含めて計3回、専門医である佐藤医師がお話します。本日お越しになれなかった方も是非、次回(10/16)からでもお越しくださいませ。
※千本包括支援センター様と共催

(2019年9月25日 経営企画室S)



9/20(金)仮設厨房への引っ越しを完了しました

当院では、厨房(B棟地下1F)ならびに周辺の改修工事を6月から行っております。騒音や振動などで、ご迷惑をお掛けしております。
おかげさま、9/20(金)の16時から作業を始め、24時になる前に引っ越しが完了しました。安心・安全を確保しながら、翌朝の入院患者さんへの朝食のご提供までに作業を終えなければなりません。時間との戦いのなか、試運転・調整をおこない、無事3時からの朝食調理を始めることができました。
工事関連の業者様、そして当院栄養管理課スタッフも本当にお疲れ様でした。

(2019年9月24日 経営企画室S)


2019年10月「入院のご案内」をリニューアル!!

リニューアル後の表紙
ブルーを基調とした落ち着いた色合いにしました!

こんにちは。
長年ブルーの冊子でおなじみだった、当院の「入院のご案内」に関し、このたび全面リニューアルを行いました。
構想から5ヶ月、聖隷福祉事業団各病院の入院のご案内も取り寄せ勉強しながら、よりよい冊子になるように、作業を進めてまいりました。

■リニューアルのコンセプト
・見やすいレイアウトと構成(特に目次と色分けに注力)
・持ち物や入院生活のスケジュールは挿絵のを入れて分かりやすい紙面に
・院内マップ 概略版→詳細版へ 
などメインに、ご入院されるかた、そのご家族が見やすい紙面を心がけてリニューアルいたしました。

追って、当ホームページにもデータを公開させていただきます。
今しばらくお待ちいただければ幸いです。

(2019年9月24日 医事課H)


空色の表紙で作成した「2018年報」完成!

こんにちは。
今朝の当院からの富士山と空がとてもきれいで、さわやかな朝を迎えることができました。
そして、春から制作を進めていた当院の年報(2018年)が、印刷会社さんから納品されました。
(毎年表紙の色を変えて制作していますが)今年は、さわやかなブルーを採用してみました。昨年は鮮やかなグリーンで光沢のある立派な紙面から一転、今年は落ち着きのある色合いと紙面の加工も最小限にいたしました。

こちらは、患者さん向けにお配りしていない地域の医療・福祉施設向けの冊子ですが、当院の取り組み、活動内容、診療実績や病院の一年を集約しているものです。当院の大切な公式記録媒体であり、また制作を通じ、昨年の取り組みを振り返る貴重な機会でもあると実感しています。

(2019年9月24日 経営企画室S)


敷地内禁煙にご協力をお願いいたします(朝の清掃活動から)

おはようございます。
聖隷沼津病院 ボランティアチーム「レプタイルズ」では、病院の公共美化を目的とした清掃活動をボランティアチーム「レプタイルズ」のメンバーを中心に第2・第4月曜日にて実施をしています。
本日(9/24)の始業前に集まり、周辺の草取り、ゴミ拾いを中心に行いました。
本日は、当院は敷地内禁煙にもかかわらず、タバコの吸い殻が多数落ちており、必死に回収いたしましたが、何とぞマナーをお守りいただきたいと思います。

月曜日の朝は何かとバタバタするものですが、これからも、病院の公共美化につながるよう続けてまいります。

(2019年9月24日 経営企画室 W)




第35回日本診療放射線技師学術大会にて当院の診療放射線技師が「優秀賞」受賞

診療技術部放射線課の田中理恵技師

9月14日~16日にかけて、埼玉県で開催された第35回日本診療放射線技師学術大会にて、当院診療技術部放射線課の田中理恵診療放射線技師が見事「優秀賞」を受賞しました。
新卒で当院に入職して6年目の田中技師は、ERCPを実施する際の放射線の被ばく量を測定する研究を重ね、適切な管理の促進につなげるための被ばく量(位置)の可視化をしました。
「今後も、患者さんはもちろん撮影に携わる医療従事者のためにも、より一層知識と経験を重ねてまいりたい。応援してくれた放射線課のみんなに感謝の気持ちでいっぱいです!」とのことです。

ERCP・・・内視鏡を使って胆管・膵管を造影する検査をERCP(内視鏡的逆行性胆管膵管造影)といいます。口から十二指腸まで内視鏡(胃カメラ)を入れ、その先端から膵管・胆管の中にカテーテル(細い管)を挿入します。カテーテルから造影剤を入れて、膵管や胆管のX線写真をとります。同時に膵液や胆汁を採取したり、病変部から組織や細胞を取って検査を行うこともあります。
「被ばく相談」・・・当院では、被ばく相談も実施していますので、遠慮なく「画像診断部受付」までお声かけください。

(2019年9月20日 経営企画室S)


研究によって導き出された数値は可視化され、撮影室に掲示して共有しています。

一般演題部門で「優秀賞」を受賞。
放射線課の先輩スタッフと。
画像をクリックすると放射線課のページがひらきます。

実際の撮影風景
※作成したグッズを用いることで、より安全な放射線検査となります。


次回(9/25)の知ってなるほど!公開講座は大腸肛門外科の佐藤医師です。

連続になりますが、来週も公開講座を実施いたします。
特にお申し込みも不要ですので、是非お誘い合わせのうえ、お越しくださればと思います。



開催概要
題 名:2019知ってなるほど!公開講座in第2地区センター
テ-マ:まだ間に合う!!みんなで受けよう!!「がん検診」
講 演:佐藤 太一医師(大腸・肛門外科)
日 時:2019年9月25日(水)11:00~12:00(30分程度)※講義終了後、質疑応答を行います。
場 所:沼津市 第2地区センター(千本プラザ北側)
対 象:地域住民  第2地区以外のかたも遠慮なくお越しください!
問い合わせ先:聖隷沼津病院 経営企画室

※駐車場有り

当日は、当院広報委員会のメンバーも運営補助に参加いたします。

(2019年9月20日 経営企画室W)


9/20(金)RUN伴に聖隷沼津病院の職員も参加しました

当法人の職員も参加いたしました。

認知症になっても安心して暮らせる沼津を目指してをテーマに、本日(9/20)RUN伴(ランとも)が沼津市内で開催されました。
当院の認知症看護認定看護師の土屋など職員も参加し、午前10時頃、当院にランナーが到着。
当法人の看護小規模多機能型居宅介護事業所せいれい緑町のご利用者さんも、職員とともに応援に駆けつけてくださるなか、たすきを受け継ぎました。

暑い中ですが、千本地域包括支援センターの皆様もお疲れ様でした。

RUN伴(ランとも)は、
認知症の人や家族、支援者、一般の人がリレーをしながら、一つのタスキをつなぎゴールを目指すイベントです。
非日常の体験が、認知症の人々の日常を変える
Runtomo Is The Future Standard

(2019年9月20日 経営企画室S)


当院正面玄関で行っているフロントサービス中の事務職員も応援!

たすきを受け継ぐシーンは、参加者と応援にかけつけたスタッフやご利用者さんの一体感が生まれました。

グループホーム くすのき(沼津市千本常盤町)さまのご利用者さんとスタッフのかたも参加されました。


【満員御礼】楽しく学ぶ!透析教室を開催

2019年9月18日(水)・19日(木)の2日間で
外来透析患者さん・ご家族さんを対象に、
聖隷沼津病院 栄養管理士・理学療法士・糖尿病認定看護師による
透析教室が透析センター待合室で開催されました。

今回は豪華3本立て!

【管理栄養士】
テ-マ:ワンステップアップ!リンのお話
内 容:実際の食品成分を見ながらリンの摂取量についてお話ししました。

【理学療法士】
テ-マ:空き時間に出来る首回りのリハビリ
内 容:実際に頚を動かしながら体操を行いました。

【認定看護師】
テ-マ:透析患者さんの足のケア
内 容:足を守るために大切なケアについてお話ししました。

参加されたかたは終始真剣な眼差しで講義を傾聴されていました。
教室の最後に栄養管理課よりずんだもちが提供されました。

【栄養課特製ずんだもち】
素材から調理し、無添加のおやつに仕上げました。
米粉を使用しているため、のどに張り付きにくく
高齢な方でも食べやすい工夫を施しました。

次回開催予定は11月となります。
透析患者さん・ご家族さんのご参加をお待ちしております♪

(2019年9月19日栄養管理課)



知ってなるほど!公開講座_第5回(9/18)を開催!認知症看護認定看護師が講演

本日(9/18)、地域住民向けに「地域と医療をつなぐ 知ってなるほど!公開講座」を沼津市第二地区センターにて開催※しました。今年度5回目の開催で、講演は、認知症看護認定看護師の土屋晴子が務めました。
本日は、不安定な天候にもかかわらず58名の方にご参加いただきました。

土屋看護師が、介護の心がけにおける4つのポイントを丁寧に解説。
「認知症のイメージ」についてグループワークでそれぞれが持っているイメージについて話し合い、共有しました。当院での認知症の診断について、認知症サポート医:脳神経外科安藤直人医師にも触れ、うなずきながらメモを取って聞かれる参加者が多くいらっしゃいました。
○POINT○
特に、認知症の予防は「三日坊主」ではあまり効果がなく、習慣にしてこそ結果につながりやすいとのことでした。


※千本包括支援センター様と共催

(2019年9月18日 経営企画室S)


経営企画室のスタッフも当日の運営に携わっています。

雨の中でも多くのかたがいらっしゃいました。
次回は9/25(水)です。


<番外編>静岡県東部医療介護経営研究会in岡村記念病院に当院職員参加

9月14日(土)<番外編>静岡県東部医療介護経営研究会が
岡村記念病院で開催されました。
主 催:静岡県東部医療介護経営研究会

病院・診療所・一般企業より約20名が参加しました。

●テーマ「ランニングサロン~健康と走ることについて~」
●講 演「マラソンにも打ち勝つトレーニングについて」
     ~自分の経験と心臓血管外科医の視点を交えて~
  山本 賢二 氏(岡村記念病院 心臓血管外科)
●シンポジウム「ランニングの楽しみ方について」
  川口  健 氏(長岡リハビリテーション病院 事務長)
  小椋真紀子 氏(三島共立病院 医療連携室)
  山本 深雪 氏(岡村記念病院かるがも保育所)
●交流サロン

走ることを通じて、健康づくりや職員間交流を深めるなど
様々な視点で情報共有・意見交換が行われました。

(2019年8月26日 経営企画室W)



厨房改修工事を行っています(A棟地下に新たに設けた洗浄室の仮使用検査を実施)

次長のMも完成検査に立会いました。

当院厨房(B棟地下1F)ならびに周辺の改修工事を6月から行っております。騒音や振動などで、ご迷惑をお掛けしております。
本日(9/13)は、A棟地下に新たに設けた洗浄室の仮使用検査を実施しました。
設計会社さま、建設会社さま、厨房設備会社さまの関係の皆さまとともに当院関係者が工事の完成状況を丁寧に確認させていただきました。

今回検査したところは最終的に洗浄室として利用し、機能を止めないで工事をするため、本厨房改修中(9月21日~12月)は仮設厨房として使い、12月から洗浄室になるという流れです。今後の利用方法を見越した配管工事を施してあります。
病院の厨房改修は、ご入院患者さんへのお食事の提供を実施しながら行うため厨房、洗浄室ともに稼動を止めるわけにはいきません。設計・施工・設備のそれぞれの専門家の皆さんの叡智を結集し、当院としても施設管理課、栄養管理課をはじめ院内をあげて取り組んでいる大規模な改修工事です。全ての完成は12月末を予定しています。

工事を担当する建設会社の監督さんからも「病院を利用される皆さんのために、完成まで引き続き頑張ります!」と力強いお言葉をいただきました。

患者さんやお見舞いのご家族の皆さまには、今後も工事による影響でご迷惑をおかけいたしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。より一層おいしく治療の一助となるお食事を提供できるように努力してまります。

(2019年9月13日 経営企画室S)


患者さんにお食事を提供する際にカートを配列していく配膳プールの完成検査も併せて実施しました。
※次長の石川が指さしているあたりです。



乳がんから大切ないのちを守る

おはようございます。
今朝のニュースで国会議員のかたが乳がんでお亡くなりになったという報道を目にしました。
当法人(芙蓉協会)では、聖隷沼津健康診断センターにて乳がん検診も行っております。
当院(聖隷沼津病院)では、外科(乳腺外来)も行っております。
医療機関に勤めるものとして、早期発見・早期治療につなげられたらとニュースを目にするたびに感じることがあります。


10月第3日曜日に乳がん検査を受けられる J.M.S(ジャパン・マンモグラフィー・サンデー)です。聖隷沼津健康診断センターにおいても、マンモサンデーを実施します。
【事前お申し込み制】
※予約枠がいっぱいになり次第に受付終了となります。※9/13時点空き僅かです※

(2019年9月13日 経営企画室S)

画像をクリックすると「聖隷沼津健診センター」のホームページが開きます。マンモサンデーのご予約・お問い合わせは、聖隷沼津健診センターまでお願いいたします。


【千本プラザさんとコラボ企画】10/24(木)赤ちゃんDAYに当院小児科医師も出向きます!

千本プラザさんが実施している「赤ちゃんDAY」に私たち聖隷沼津病院もお邪魔させていただくことになりました。
初回は、10/24(木)のベビーリトミックの教室の終了後に教室に参加された親御さん向けに、当院小児科医師が、予防接種や子どもの病気の受診についてお話します。

※0歳児から1歳児未満のお子さんを対象とした講座です。
お申し込み・お問い合わせは、千本プラザさんまで。
9/24(火)11:00~受付開始
なお、定員になり次第、受付は終了されるとのことで、リトミック教室が大変人気だそうですので、是非お早めにお申し込みをお願いいたします。

詳細は、別添のPDFファイル(赤ちゃんDAY)ご案内をご覧ください。

(2019年9月13日 経営企画室S)



今年度2回目の認知症サポーター養成講座を開催

9/9(月)、今年度2回目の認知症サポーター養成講座を開催し、44名の職員が参加しました。
講師には、認知症ケアの第一線で活躍されている千本地域包括支援センターの職員の皆様をお招きし、医療従事者として認知症への基礎知識や対応方法を講義とグループワークを通じ、学びました。
高齢化率(人口に占める65歳以上の高齢者の割合)が30.7%と高い沼津市の病院の職員としては、ご高齢の患者さんの対応をする機会も多く、参加した職員は大きくうなずきながら、認知症への理解を深めました。
最後に、認知症対策委員会の委員長の安藤医師が「明日から今日の知識を役立てていきましょう!」と呼びかけました。受講終了後は、認知症サポーターの証「オレンジリング」が授与され、参加者全員で記念撮影を行い、決意を新たにしました。

当院では、今年度(2019年)あと1回開催し、院内でより多くのサポーターの養成を通じ、医療従事者としてこれまで以上に認知症への理解を深めてまいります。

(2019年9月10日 経営企画室S)


今朝(9/9)のクリーンアップ大作戦~台風の傷跡~

おはようございます。
本日(9/9)も始業前に集まり、周辺の草取り、ゴミ拾いを中心に行いました。
昨日上陸した台風第15号 (ファクサイ)の影響により、枯れ葉が散乱していました。
病院施設周辺には大きな影響は無かったものの・・・病院玄関前のひまわり畑が被害が出ていました。

聖隷沼津病院 ボランティアチーム「レプタイルズ」では、病院の公共美化を目的とした清掃活動をボランティアチーム「レプタイルズ」のメンバーを中心に第2・第4月曜日にて実施をしています。

台風は去りましたが、残暑はまだ続きます。
くれぐれもお体にはお気をつけ下さい。

沼津市天気予報 9月9日(月)ほぼ曇り 最高気温35℃ 湿度80%(9:00時点)

(2019年9月9日 経営企画室W)


夏野菜カレーを提供しました。

【夏はやっぱり夏野菜カレー】
8月31日は語呂合わせで『野菜の日』でした。
栄養課より、夏を乗り切る夏野菜カレーをお昼に提供しました。

~メニュー~
夏野菜カレー
福神漬け
サラダ
柚子シャーベット

赤・黄色のパプリカと紫色のナス、オクラの緑色が色鮮やかで食欲が出る1品です。
旬の食材を食べて残暑を乗り切りましょう!

(2019年9月5日栄養管理課一同)


【講座のご案内】当院管理栄養士による尿病教室(9/7(土)開催)

聖隷沼津病院(246床・院長:伊藤孝)では、地域の皆さま向けに糖尿病についての知識を高めていただくために、2015年から年4回「糖尿病教室」を、開催しています。来月(9/7)にも開催いたしますので、是非ご参加ください。

テーマ 「食生活 明日からできる 見直しのコツ」時間   13:30~14:30
講師 当院管理栄養士
場所 当院A棟3F 職員用の食堂スペースにて
お申し込み不要・参加無料
当院ご受診の方以外にも、一般のかたもご参加いただけます。



慰問コンサートを開催しました。
~うたのサークルぴくにっくinせいれい緑町~

9月4日(水)に当法人の在宅サービス部門で、
管理棟2階にある看護小規模多機能型居宅介護事業所せいれい緑町で、
せいれい緑町の利用者さんとスタッフさんを対象に、
うたのサークルぴくにっくさんによる
慰問コンサートが開催されました。
歌謡曲を中心にキレイで優しい歌声が響き渡りました。
(りんごの唄・銀座カンカン娘・三百六十五歩のマーチなど)
利用者さんたちは懐かしのメロディーを口ずさみながら、
身振り手振りで楽しんでいました。
中には、懐かしさに涙を流すかたもいました。
短い時間でしたか、大変暖かい時間が流れていました。
9月は敬老の日を控えているため、着物で作った巾着袋が配られました。

うたのサークルぴくにっくさんありがとうございました。

(2019年9月5日経営企画室W)




【講座のご案内】2019知ってなるほど!公開講座in第2地区センター「認知症」(9/18)

2019知ってなるほど!公開講座in第2地区センターを本日(8/28)に引き続き、来月も下記のとおり開催いたします。地域の方向けに当院の看護師がわかりやすく解説いたします。

題 名:2019知ってなるほど!公開講座in第2地区センター
テーマ:「認知症 ~寄り添うことの大切さ~」
講 演:当院看護師 土屋晴子(認知症看護認定看護師)
日 時:2019年9月18日(水)11:00~12:00(30分程度)10:45受付開始
場 所:沼津市 第2地区センター
対 象:地域住民 ※講座の後、質疑応答のお時間も設けます。
窓 口:聖隷沼津病院 経営企画室 055-952-1000(代)まで遠慮無くお問い合わせください。

(2019年8月28日 経営企画室W)


知ってなるほど!公開講座_第4回(8/28)を開催!血管外科眞野医師「深部静脈血栓症」

こんにちは。
本日(8/28)、地域住民向けに「地域と医療をつなぐ 知ってなるほど!公開講座」を沼津市第二地区センターにて開催※しました。今年度4回目の開催で、講演は、当院血管外科の眞野勇記医師が務めました。
血管外科シリーズの最終回(全3回)として、「深部静脈血栓症」をテーマにお話しました。本日は、不安定な天候にもかかわらず36名の方にご参加いただきました。

眞野医師が静脈血栓症の起こる仕組みや国内における患者数の動向、医療機関における治療法など丁寧にわかりやすくお話しました。特に、肺動脈血栓塞栓症の恐ろしさや自覚症状などのスライドが表示されると、うなずきながらメモを取って聞かれる参加者が多くいらっしゃいました。

※千本包括支援センター様と共催

(2019年8月28日 経営企画室S)



糖尿病患者会で食事会を行いました。

聖隷沼津病院 糖尿病患者会の松友会(しょうゆうかい)です。
8月24日(日)に毎年恒例の食事会を行いました。
今年は沼津市吉田町にある「リストランテ アウラ」さんにご協力いただきました。
地鶏のガランティーヌや生ハムメロン等の色鮮やかな前菜から始まり、
柚子の風味豊かな海老と柚子胡椒のパスタ、季節の野菜をふんだんに使用した
黒ムツの魚料理など、お腹大満足!なハーフコースを頂きました。
また、栄養知識を学びながら食事ができるように、
事務局にて、メニューに関するしおりを作成しました♪
食事の大切さ、楽しさ、美味しさを改めて噛みしめながら、本日の食事会を終えました。
まだまだ暑い日が続きます。食事あってこその私達の身体です。
しっかりとした食事を心掛けましょう!

聖隷沼津病院には「松友会」という糖尿病の患者会があります。
この会には聖隷沼津病院に通院されている方で、糖尿病に興味のある方であれば
どなたでも加入できます。年会費3,500円にて、ウォーキングや食事会など
各イベントの参加案内と日本糖尿病学会月刊誌さかえの配付を行っています。
内科外来にポスターも掲示してありますのでご覧ください。
 
(2019.8.24栄養管理課 松友会事務局)


第15回静岡県東部医療介護経営研究会を当院で実施

第一部の講義風景

8月24日(土)第15回静岡県東部医療介護経営研究会が当院にて開催されました。
主催:日本医療経営実践協会東海支部
病院、診療所の事務職や事務長はじめ医療関連企業から30名が参加しました。

職場マネジメントの実際について、下記のテーマで講義とグループワークを行い、職場では言いづらい悩みも同地域で同じ医療に携わる仲間同士で共有しました。


【第一部】講義
・マネジャーの抱える現実と目指すべき姿について
 事例提供 聖隷沼津病院経営企画室 室長 綾部俊彦
・複合医療ビルにおけるクリニック経営支援の実際
 ~日本初の自動受付会計システム “熱海モデル”のご紹介
 講師 株式会社 K'sメディカル 代表代行 堤 淳哉氏

【第二部】グループワーク
リーダーシップ&マネジメント
理想と現実

グループワークでも活発な意見交換がなされ、職場運営を円滑にする3箇条を各グループごとに導き出しました。
終了後には「大変有意義な勉強の機会となり、明日からの活力になった!」と感想が多数聞かれました。

(2019年8月26日 経営企画室S)


グループワークのテーマ
進行:岡村記念病院企画課下山様

グループワークの様子


今朝(8/26)のクリーンアップ大作戦

おはようございます。
本日(8/26)も始業前に集まり、周辺の草取り、ゴミ拾いを中心に行いました。
特に、落ち葉が多く、かき集めたので、汗だくです。

聖隷沼津病院 ボランティアチーム「レプタイルズ」では、病院の公共美化を目的とした清掃活動をボランティアチーム「レプタイルズ」のメンバーを中心に第2・第4月曜日にて実施をしています。


今週も残暑が厳しいですが、お身体ご自愛ください。
8/28(水)には、血管外科の眞野医師による講演が予定されています。お申し込み不要、参加費も無料です。専門の医師から深部静脈血栓症についてのお話を直接聞ける機会はなかなかないと思われますので、是非ご参加ください。


(2019年8月26日 経営企画室W)



夏越しそばで暑い夏を越しましょう!!

8月20日(火)に当法人の在宅サービス部門で、
管理棟2階にある看護小規模多機能型居宅介護事業所せいれい緑町で、
せいれい緑町とスタッフさんを対象に、

聖隷沼津病院 栄養課が「てんぷらそば」を振る舞いました。
エビ天・かき揚げをおそばと一緒にいただきました。

てんぷらそばを召し上がったかたからは、
「きつね色の衣はサックサクのパリッパリで
夏の暑さを忘れてしまうほどに美味しかった。」
などのコメントをいただきました。

夏の暑さはまだまだ続きます!
小まめに水分補給をして、乗り切りましょう!

(2019年8月21日経営企画室 渡邉)


知ってなるほど!公開講座(スキン-テア)開催しました

本日(8/21)、沼津市の第二地区センターにて、知ってなるほど!公開講座を千本地域包括センターと共催で開催いたしました。
看護師 髙田 幸江(皮膚・排泄ケア認定看護師)が「スキン-テア 自分の皮膚を自ら守ろう!」をテーマに講演いたしました。
暑い中、41名の方にご参加いただきました。
聞き慣れない方のために、スキン-テアの言葉の意味から講座がスタート。
スキン-テアとは、摩擦やずれによって、皮膚が裂けた状態です。皮膚裂傷ともいいます。

そのほか、自己チェックポイント、スキン-テア発生時の対応方法や予防等を画像を交えて分かりやすく解説しました。
特に、洗顔や保湿ケアの方法は女性の参加者さんが、大きくうなづいて聞いていらっしゃいました。
最後に、「自分自身で皮膚を守ることの大切さ」を呼びかけました。

皆さま、暑い中ご参加いただきありがとうございました。
次回は来週(8/28)に、血管外科シリーズの最終回として眞野医師が講演いたします。

(2019年8月21日 経営企画室S)



【講座のご案内】知ってなるほど!公開講座 血管外科眞野医師(シリーズ最終回)

2019知ってなるほど!公開講座in第2地区センターを8月からは月に2回開催いたします。
6月・7月にも講演した血管外科眞野医師による血管外科シリーズの最終回です!
お話の内容は変わりませんが、よりわかりやすくお伝えすべく、当初のご案内より講演テーマが変更になりましたので、ご了承くださいませ。

題 名:2019知ってなるほど!公開講座in第2地区センター
テーマ:「下肢にひそむ命の危機 深部静脈血栓症について※タイトル変更あり
講 演:当院 血管外科 眞野医師
日 時:2019年8月21日(水)11:00~12:00(30分程度)10:45受付開始
場 所:沼津市 第2地区センター
対 象:地域住民 ※講座の後、質疑応答のお時間も設けます。
窓 口:聖隷沼津病院 経営企画室 055-952-1000(代)まで

お申し込み不要・参加費無料です。

(2019年8月21日 経営企画室W)


高校生一日ナース体験を実施しました。

7月31日(水)と8月5日(月)の2日間にて医療系の進学を考えている40名の高校生が高校生一日ナース体験のために来てくれました。
白衣に着替え、緊張して病棟に向かいましたが、患者さんと関わり徐々に表情が和らぎました。車椅子に乗って患者体験をしたり、聴診器で自分の心臓の鼓動を聴いたり、助産師が付き添いながら生まれたばかりの赤ちゃんを湯船に入れてあげたりと様々な体験をしました。また、患者さんの手や足を洗い、患者さんから「ありがとう」と感謝されて、人の役に立つ職業に就きたいとの感想がありました。
体験の受入れを行う中で、私自身も、将来に向けて一生懸命頑張る高校生たちの姿を見て、初心にかえり日々の業務を見つめ直すいい機会となりました。

当院のスタッフ一同、今回の体験を通して夢の実現を目指し将来の道に進まれることを期待しています。

(2019年8月20日 総務課Y)



聖隷沼津病院_第1回歯科地域医療連携懇話会

8月8日(木)、当院としては初めての歯科地域医療連携懇話会を開催いたしました。
2018年4月に開設した歯科口腔外科の取り組みを地域の歯科医師の皆様に感謝の気持ちを込めてご報告させていただきました。
歯科口腔外科部長の山口医師の講演では、
「開設から現在までの歯科口腔外科の現況報告」と題し、症例や開業医の皆さまとの連携について講演。終始和やかに懇話会が進行され、大変有意義な懇話会となりました。

お越しいただきました先生がたにもこのブログの場を借りてお礼申し上げます。


(2019年8月13日 病診連携室S)


歯科口腔外科 部長 山口万枝医師


正面玄関にて

2016年から当院事務部スタッフにより行っている朝の時間帯のフロントサービス業務を今年度も継続中です。
玄関前には、冷風機も設置しておりますが、暑さが厳しい時期です。ご受診、お見舞いなどで当院へお越しの皆さま、どうかお気をつけてお越しいただければと思います。
案内係の腕章をつけて、玄関前に待機させていただいています。お困りのことがあれば、何なりとお声かけください!

(2019年8月13日 経理課M)



朝の清掃活動

おはようございます。
本日(8/13)も通常の外来診療を行っております。

さて、聖隷沼津病院 ボランティアチーム「レプタイルズ」では、病院の公共美化を目的とした清掃活動をボランティアチーム「レプタイルズ」のメンバーを中心に第2・第4月曜日にて実施をしています。
本日(8/13)も始業前に集まり、周辺の草取り、ゴミ拾いを中心に行いました。
朝の時間でも、汗が止まりません・・・


なお、お盆期間中の外来診療についてはこちらからご覧いただけます。

(2019年8月13日 総務課A)


ハンドマッサージを体験しました♪

8月8日(水)に当法人の在宅サービス部門で、
管理棟2階にある看護小規模多機能型居宅介護事業所せいれい緑町で、
せいれい緑町とスタッフさんを対象に、
ハンドマッサージのボランティアさんによるプチ講座&体験イベントが行われました。

前半は【講座】オイルの種類や使用方法について
後半は【体験】オイルを用いたハンドマッサージ

笑顔がたえない素敵なイベントとなりました。

利用者さんより「癒やされた。」「またマッサージして欲しい!」
スタッフより「オイルについて知ることが出来た。」「興味が湧きました。」
など、ほっこりするコメントをたくさんいただきました。

ボランティアさんへ
癒やしのひとときをありがとうございました。

(2019年8月10日経営企画室W)



講座のご案内「スキンテア 自分の皮膚を自ら守ろう!」

画像をクリックすると、沼津市第2地区センターの紹介ページが開きます。

2019知ってなるほど!公開講座in第2地区センターを先月(7/24)に引き続き開催いたします。地域の方向けに当院の看護師がわかりやすく解説いたします。

題 名:2019知ってなるほど!公開講座in第2地区センター
テーマ:「スキンテア 自分の皮膚を自ら守ろう!」
講 演:当院看護師 髙田 幸江(皮膚・排泄ケア認定看護師)
日 時:2019年8月21日(水)11:00~12:00(30分程度)10:45受付開始
場 所:沼津市 第2地区センター
対 象:地域住民 ※講座の後、質疑応答のお時間も設けます。
窓 口:聖隷沼津病院 経営企画室 055-952-1000(代)まで遠慮無くお問い合わせください。

暑い中ですが、是非お越しください。

(2019年8月9日 経営企画室W)


ひまわり

こんにちは。
大変遅くなりましたが、当院A棟の正面玄関前の花壇に植えたひまわりが見事に咲きましたので、ご報告です。
雨風の影響を受けにくい低いタイプの品種を選んで植えたので、かなりミニサイズですが、きれいに咲きました。当院にお越しの際によかったら、ご覧ください。
※正面玄関前・送迎車両の乗降場所の横になります。

(2019年8月6日 経理課K)



暑い日が続いております。

おはようございます。

先週末(8/3)より、当院の内科において土曜日午前の初診外来をスタートいたしました。お盆期間中の8/10(土)も午前の診療を実施しいたします。
お盆期間中の診療案内についても、当ホームページに「お知らせ」として発信させていただきましたので、是非ご覧ください。

----------------------------
暑い日が続いております。
どうかご自愛ください。
----------------------------

(2019年8月5日 経営企画室S)


【透析センター】Wi-Fi開始しました

2019年4月4日より、当院のご利用者向けに「SEIREI Wi-Fi」サービスを開始し、ご案内してまいりましたが、今月(7月)より、透析センターご利用の患者様向けにも拡充いたしました。

当院総合受付前と透析センターにて、お手持ちのスマートフォン、タブレットなどで無線LANを利用したインターネット接続を無料でご利用いただけます。

ご使用にあたっては、院内掲示および案内チラシをご確認いただきIDとパスワードをご入力をお願いいたします。

これからも、ご利用いただく皆さまの利便性の向上につながるように努めてまいります。

(2019年7月30日 経営企画室S)


病棟の様子【地域包括ケア病棟】7月

先月(6/20)から唐突にスタートした、病棟の様子ご紹介です。
シリーズ)院内ラウンド VOL.3(7/25)

【地域包括ケア病棟】
A3病棟のデイルームでの活動の様子です。
手先を使う細かな作業を通じて、病室からデイルームに出向くことで昼夜の区別や患者さん同士の交流にもつながるようにという思いも込めて、病棟スタッフが企画して行っています。

時々ですが、きまぐれに季節ごとの当院の様子を紹介させていただきます。

(2019年7月29日 経営企画室W)


【栄養管理課より】産後のお母様へ ~ママ御膳のご提供スタート~

7月19日より、当院で出産を迎えられたお母様向けに退院前日の夕食に『ママ御膳』の提供を開始しました。(対象のお母様の健康状態により提供内容は異なります。)
味や量、彩り、盛り付けなど女性が喜ぶようなメニューを考え、提供しております。
また、見た目からも楽しめるように普段の食事とは異なり、3段のお重で提供します。
お子様の誕生へのお祝いと健やかな成長への願いを込めて、お母様がゆっくりと身体を休めながらお食事を味わえるよう提供させていただきます。

詳細は、せいれい通信やこちらのホームページでもご案内させていただきます。

(2019年7月24日 栄養管理課一同)



知ってなるほど!公開講座_第2回(7/24)血管外科眞野医師を開催しました。

血管外科 眞野医師が講演後に、質疑応答にも丁寧にお応えさせていただきました。

こんにちは。
本日(7/24)、千本包括支援センターと共催で、地域住民向けに「地域と医療をつなぐ 知ってなるほど!公開講座」を沼津市第二地区センターにて開催しました。
講演は、当院血管外科の眞野勇記医師が務め、テーマは、血管外科2「血管の危機!?「動脈硬化」を生活習慣で正しく防ごう!!」」でした。今回は57名の方にご参加いただきました。暑い中ありがとうございました。
眞野医師が動脈硬化の仕組みや運動療法の大切さや医療機関における治療法など丁寧にわかりやすくお話しました。特に、血管造影のスライドが表示されると、うなずきながらメモを取って聞かれる参加者の方もいらっしゃいました。

地域の皆さんにとって、身近な医療の情報を専門職の立場から地域の皆様にお伝えできればと考えています。

【今後の予定】8/21(水)当院認定看護師 高田幸江「スキンテア 自分の皮膚を自ら守ろう!」です。

(2019年7月24日 経営企画室S)


実際の検査の様子もスライドで解説しました。

会場全体の様子


講座のご案内「血管の危機!?「動脈硬化」を生活習慣で正しく防ごう!!」

画像をクリックすると第二地区センターの地図がひらきます。

2019知ってなるほど!公開講座in第2地区センターを先月(6/26)に引き続き開催いたします。地域の方向けに当院の医師がわかりやすく解説いたします、もしよろしければお越しください。

題 名:2019知ってなるほど!公開講座in第2地区センター
テーマ:血管外科②「血管の危機!?「動脈硬化」を生活習慣で正しく防ごう!!」
講 演:血管外科 眞野医師
日 時:2019年7月24日(水)11:00~12:00(30分程度)10:45受付開始
場 所:沼津市 第2地区センター
対 象:地域住民  ※講座の後、質疑応答のお時間も設けます。
窓 口:聖隷沼津病院 経営企画室 055-952-1000(代)まで遠慮無くお問い合わせください。


病棟の様子【地域包括ケア病床】7月

先月(6/20)から唐突にスタートした、病棟の様子ご紹介です。
シリーズ)院内ラウンド VOL.2(7/18)

【地域包括ケア病床】
B2病棟とA3病棟の今月の手作り掲示(展示)物です。

入院患者さんと当院スタッフが丁寧に作り上げている作品です。
時々ですが、きまぐれに季節ごとの当院の様子を紹介させていただきます。

(2019年7月18日 経営企画室S)



認知症サポーター養成講座を開催

7/11(木)、認知症サポーター養成講座を開催し、43名の職員が参加しました。
講師には、認知症ケアの第一線で活躍されている千本地域包括支援センターの職員の皆様をお招きし、医療従事者として認知症への基礎知識や対応方法を講義とグループワークを通じ、学びました。
高齢化率(人口に占める65歳以上の高齢者の割合)が30.7%と高い沼津市の病院の職員としては、ご高齢の患者さんの対応をする機会も多く、参加した職員は大きくうなずきながら、認知症への理解を深めました。
最後に、認知症対策委員会の委員長の安藤医師が「明日から今日の知識を役立てていきましょう!」と呼びかけました。受講終了後は、認知症サポーターの証「オレンジリング」が授与され、参加者全員で記念撮影を行い、決意を新たにしました。

当院では、今年度(2019年)あと2回開催し、院内でより多くのサポーターの養成を通じ、医療従事者としてこれまで以上に認知症への理解を深めてまいります。
※当院では、2015年にも本研修を実施し、今年度は4年ぶりの開催。

(2019年7月11日 認知症対策委員会)


当院を受診する認知症患者さんを受付スタッフとして対応するケースを想定しロールプレイも行いました。迫真の演技で対応する当院リハビリスタッフ。

買い物と病院への受診のケースを想定し、事例ごとにグループワークで話し合い、発表も行いました。

参加者全員で記念撮影を行いました。


七夕

先日7月7日の七夕の日に、栄養管理課では、昼食に七夕献立を提供させていただきました。

〜献立〜
・七夕そうめん
・天ぷら(なす、きす、椎茸)
・酢の物(胡瓜、みょうが)
・フルーツ(すいか)

常食・粥食の方には、錦 糸玉子と星形人参で天の 川 を表現した七夕そうめんを 、きざみ食の方には、2色で星空をイメージして作った「七夕ゼリー」をお付けしました。

(2019年7月9日 栄養管理課)

常食

粥食


防災訓練を実施しました

院内の各セクションからの情報を収集する兼子看護部長

本日(7/6)2019年度第2回目の防災訓練を実施しました。
当院A棟での火災を想定した訓練で、約130名の職員が参加し、避難誘導や情報集約、指示命令系統の確認を行いました。
訓練後は、模擬消火訓練もあわせて実施しました。
暑い中ですが無事に訓練が終了した後には、
伊藤院長より「職員の皆さん、土曜日の午後にも関わらず、本当にお疲れ様です」との言葉もありました。
防災委員会より
「患者さんの安全の確保を最優先に、これからも定期的に訓練を実施してまいります」とのコメントもあり、改めて訓練の大切さを実感した瞬間でした。

(2019年7月6日 経営企画室S)


模擬消火訓練の様子

看護部、診療技術部、事務部より多数の職員が参加


院内コンサートを開催しました

以前に、こちらのブログでお知らせした通り、本日(7/3)B2病棟のデイルームにて院内コンサートを実施いたしました。
当院では、長期入院をされている患者さんを対象に歌や音楽に合わせて、みんなで一緒に体を動かし、癒やしや手指中心の軽度な運動を提供させていただければと考え企画しました。入院患者さんに向けたコンサートの開催は当院としても初めての取り組みです。
地域包括ケア病棟(B2・A3)を中心に、看護小規模多機能型居宅介護事業所せいれい緑町のご利用者含めて、約30名の方にご参加いただきました。
当院のスタッフも看護部長、看護次長から病棟ヘルパーまで多くの専門職らが、円滑かつ安全な運営を支えるために参加!

♪瀬戸の花嫁
♪ブルーライト・ヨコハマ など
懐かしの歌謡曲計10曲を披露いただきました。時に、患者さんに寄り添いながら、マイクを向けながらあたたかい歌声が病棟に響き渡りました。患者さんたちは、配布された鈴を片手に歌詞を口ずさみながら参加されていました。

NPO法人ぴくにっく 理事長前島るみこ様(左)と副理事長山嵜勝彦様(右)

NPO法人ぴくにっく 理事長 前島るみ子様より「普段は高齢者施設に伺うことが多いので、病院は初めて。大変貴重な機会で光栄です。歌の持つ力の大きさを実感し、おなじみの歌謡曲ばかりを今日のために選曲してきました。入院中の患者さんにとって少しでも楽しい時間が提供できればと思ってまいりました。事前に、このブログを見て、しょうえい幼稚園の園児さん来訪の様子を知り、歌詞カードの表紙を園児さんのお絵かきにしたく、依頼してきました。世界に1冊のオリジナルの表紙ができあがりました。」

参加者の方々より「いいね、懐かしい曲ばっかりで本当に良かったよ!」
「すごいいい機会でした。ありがとうございます。」
「みんなが笑顔でいい機会でした!」
とのお言葉もいただきました。

当院 経営企画室 渡邉健より「企画から準備まで大変なこともありましたが、院内外のたくさんのかたのご協力をえて、すばらしいコンサートを開催することができ、感激しました。中でも、お誕生日(月)の患者さんには、サプライズでバースデーソングをプレゼント。会場の一体感とともに、涙を流して喜ばれる患者さんの姿をみて、今日まで準備を頑張って良かったと思いました。」

医師、看護師の立場からもこのような機会は患者さんにとってもとても有意義だと改めて感じるいい機会になりました。当院としても今後もこのような機会を大切にしてまいりたいと感じています。
NPO法人ぴくにっく様、沼津市社会福祉協議会の秋山様 本当にありがとうございました。本ブログの場をかりてご協力に感謝申し上げます。

(2019年7月3日 経営企画室S)


レイや鈴が参加者にも配布され「参加型」のすばらしいコンサートの時間でした。

和やかに会場が一体となって楽しく参加されている様子が印象的でした。

世界に一つの歌詞カードの表紙は、しょうえい幼稚園※の園児さんの力作「お絵かき」 ※花の日のイベントで当院へご来訪のご縁がありました。


短冊に願いを込めて(サービス向上委員会より)

願いの込められた短冊が付いた笹の葉が飾られています。

7月7日は七夕ですね。サービス向上委員会からの取り組みとしてのご紹介をさせていただきます。
当院では、毎年恒例の「七夕」の飾り付けをしています。
今年も総合受付前に取り付けられた笹に、色とりどりの飾りが付けられました。

来院された方が願い事を書くことができるよう、短冊を用意しています。
お越しになられた際は、是非、短冊に願い事を記入し、笹に取り付けてくださいね。
七夕飾り:7月7日まで設置しています!

(2019年7月1日 サービス向上委員会 委員長M)



~七夕に向けて願いを綴る~

おはようございます。
今年も7月となりました。もうすぐ、七夕ですね。
外来受付前待合スペースに七夕のかざり(笹の葉)が設置されていました。

病院利用者さん・病院職員の願いを綴る良い機会だと思います♪
ぜひご利用ください。

皆様の願いが叶いますようにm(_ _)m

(2019年7月1日経営企画室W)



薬剤科より)静岡県立大学薬学部の実習生が当院に!

5/27(月)より、静岡県立大学薬学部5年生が「薬学実務実習」※1のために当院薬剤課に2名実習に来られています。当院としては毎年受入を行っており、今年度は合計5名が実習に来られます。期間は11週間です。
この実習は、 薬学部卒業時に「薬剤師として求められる基本的な資質」が習得できるよう、実践的な臨床対応能力を身につけるために実習を行っています。当院の薬剤課をあげて、実習が実りある実習としていただけるように、取り組んでいます。
この日(6/27)は、化学療法における抗がん剤の調製業務。実際に、抗がん剤を手にして行うのは実習生にとっても初めてとのこと。曝露※2の防止のために、二重のグローブ、マスクにガウンのフル装備で、「安全キャビネット」と呼ばれる設備で調製を行います。薬液を瓶からシリンジ(注射器)に抜き取る行程がなかなか難しく何度も当院の薬剤師に質問をしながら実習が行われました。
他にも調剤業務をはじめ、入院患者さんへの服薬指導や感染対策などチーム医療における薬剤師の役割も学んでいただきます。

※1:薬学実務実習に関するガイドラインより
※2:抗がん剤は「現状において職業上の曝露によって健康被害をもたらすことが知られている、もしくは疑われている薬品」と定義されている薬品で、①発がん性、②催奇形性またはほかの発生毒性、③生殖毒性、④低用量での臓器毒性、⑤遺伝毒性、⑥前記基準によって有害であるためその影響を曝露という。そのため、調整の際にも上記のような安全管理を徹底している。

(左)当院の薬剤師(入職12年目)と(右)実習生

実習生も緊張しながらですが、着実に薬液を抜き取る作業を進めています。


中央と右手が実習生。見守る側も真剣な眼差しです。

実習生より
「実際の医療現場での実習は、大学での学びと「緊張感」が全く違います!やっぱり目の前に患者さんがいる臨床の場の大切さを実感しています。まだすべての実習をおえてはいませんが、「病院薬剤師」はやりがいがあって、先輩の知識量や経験値の高さも実感できてとても充実しています。実習の機会を大切にするとともに、やはり薬剤師になれたあかつきには、「病院薬剤師」として経験を積んでいきたいなと漠然とした目標も出来ました。」

当院の薬剤師より
実習生の真剣な姿に、レクチャーする側も背筋が伸びる想いで毎日対応しています。薬剤師としての安全管理の大切さなど、教える側としても、今一度基本に立ち返る貴重な機会をいただいているという実感です。残りの実習期間も一緒に頑張りたいです。」


薬剤課はもちろん当院一同、当院での実習が学生さんにとって有意義な時間であってもらえるよう対応しております。「もし良かったら、当院も就職活動の際には、選択肢の一つに入れてほしいな~」なんて採用・広報担当一同の想いです。
残りの実習も頑張ってください。またブログ取材についてもご快諾いただけました、静岡県立大学さまにもこの場をかりて心からお礼申し上げます。

(2019年7月1日 経営企画室S)


2019知ってなるほど!公開講座・第1回:血管外科眞野医師が講演

こんにちは。
本日(6/26)、千本包括支援センターと共催で、地域住民向けに、病気の予防につながる知識や気になる最新の医療の動向を当院の医師が講師となって解説する「地域と医療をつなぐ 知ってなるほど!公開講座」を沼津市第二地区センターにて開催しました。
講演は、当院血管外科の眞野勇記医師が務め、テーマは、血管外科①「知ってなるほど!むくみの怖さ」でお話しました。今回は初回にもかかわらず、87名の方にご参加いただきました。
第2地区センターは建物も新しくとても広い会場にて、眞野医師がむくみの仕組みや予防法、むくみと腫れの違いなど丁寧にわかりやすくお話しました。
途中、クイズ形式で、むくみの治療法を参加者に問いかけに、うなずきながら回答を聞かれる参加者の皆さんが印象的でした。
当院としては、病気にならないための予防の知識や日々の生活で心がけていただきたいことを医療の専門職の立場から地域の皆様にお伝えできればと考えています。

社会福祉法人 沼津市社会福祉協議会 千本包括支援センターの皆さま
第二地区センターのスタッフの皆さま、本日はご協力ありがとうございました。


【今後の予定】
講師は、当院の医師、専門認定看護師が務めて月2回程度を目安に、今年度(2019年)は、合計10回の開催を予定しております。次回は、7/24(水)を予定しております。会場や内容は改めてホームページにてご案内させていただきます。


(2019年6月26日 経営企画室S)

むくみの画像が映し出された瞬間、会場からどよめきが。

会場の様子(87名がご参加)


http://www.seirei.or.jp/numazu-hp/section/189.html

講師をつとめた当院の外科(血管外科)の眞野勇記

会場となった第2地区センター


【講座】当日のスライド資料(無断転用転載禁止)


みんなで楽しく学ぶ 透析教室

「~みんなで楽しく学ぶ~透析教室」
外来透析患者さん・ご家族さんを対象に透析センター待合室にて、2019年6月19日(水)・20日(木)の2日間で開催しました。
第6回目を迎えた今回のテーマは「夏バテ予防・健康食品」「リハビリ」の2つです。
管理栄養士からは夏バテを予防する食事のポイント、健康食品の注意点をお伝えしました。
理学療法士からはリハビリを行うメリット・デメリットのお話を実際に手や足を動かしながらお伝えしました。
個別の栄養指導とは異なり、患者様同士の意見交換や積極的な質問が多く、みんなで一緒に知識を深めることが出来ました。
次回の透析教室は9月頃を予定しております。
透析患者さん・ご家族さんのご参加をお待ちしております。

(2019年6月21日栄養管理課)



【お知らせ】2019知ってなるほど!公開講座in第2地区センター

この度、千本包括支援センターのご協力をいただき、2019知ってなるほど!公開講座in第2地区センターを開催することとなりました。

地域にお住まいのかたに予防・病気・治療方法などの情報を第一線で働いている医師・看護師から提供させていただきます。

つきましては、下記日程で開催いたします。

題 名:2019知ってなるほど!公開講座in第2地区センター
テーマ:血管外科①「知ってなるほど!むくみの怖さ」
講 演:血管外科 眞野医師
日 時:2019年6月26日(水)11:00~11:40(40分程度)
場 所:沼津市 第2地区センター
対 象:地域にお住まいのかた
窓 口:聖隷沼津病院 経営企画室

今後も地域貢献をしていきたいと思います。
よろしくお願いいたします。

(2019年6月21日経営企画室W)



【お知らせ】2019院内コンサートin地域包括ケア病棟

この度、2019院内コンサートin地域包括ケア病棟を
開催することとなりました。
長期入院されている患者様・ご家族様に歌を通じて、
癒やし・安らぎ・懐かしさを提供させていただきます。

つきましては、下記日程で開催いたします。

題 名:2019院内コンサートin地域包括ケア病棟
講 演:NPO法人 うたのサークル ピクニック
演 目:昭和を代表する全10曲
日 時:2019年7月3日(水)14:00~15:00(60分)
場 所:B棟2階 B2病棟
対 象:入院患者 + 病棟スタッフ
窓 口:聖隷沼津病院 経営企画室

今後も利用される患者様・ご家族様・地域のかたへ貢献していきたいです。

(2019年6月20日経営企画室W)



病棟の様子【地域包括ケア病床】

こんにちは。
今朝、病棟に出向いたところ、入院患者さん向けの季節感のある掲示を発見しました。

シリーズ)院内ラウンド VOL.1(6/20)これからも、時々ですが、業務で病棟に出向いた際に撮影ができたら、きまぐれに季節ごとの当院の様子を紹介させていただきます。

【地域包括ケア病床】
B2病棟とA3病棟の今月の手作り掲示(展示)物です。


(2019年6月20日経営企画室W)



こんなところに・・・〇〇が!!



病院玄関付近を歩いていると私はそれを見つけました。
名前は傘袋自動装着機「傘ぽん」
傘を入れて引くだけのワンタッチ操作で簡単に傘に袋がかけられるそうです。
雨の日に利用者さんのお手煩いを少しでも軽減出来るよう病院に来たようです。

強い意志を感じました!!ぜひ使ってあげて下さいm(_ _)m

(2019年6月14日経営企画室W)



2019KINMEマラソンに参加しました!

暗雲立ちこめる中、聖隷沼津病院ボランティアチーム「レプタイルズ」は第4回目を迎える2019KINMEマラソンに参加しました。

健康作りを目的に20kmコースに2名、3kmコースに7名の計9名が参加しました。

コースには参加者を苦しめる「げんなり坂」とういう心臓破りの坂がありましたが、無事全員完走することが出来ました。

走り終わったあとのキンメ汁・・・美味しかったです。

職員間のチームワークを高め、地域の皆様に還元出来るよう取り組んで参ります!!

伊豆稲取キンメマラソン公式HPはこちらをご覧ください。

(2019年6月4日経営企画室W)






種まき後の「ひまわり」といただいた「ハイビスカス」

おはようございます。
今朝は、小雨の中ですが、「ぷちクリーンアップ大作戦」は行われました。
今回は、お掃除の報告ではなく先日のブログでご紹介した正面玄関前の「ひまわり」の様子についてです。おかげさまで、小さな双葉が顔を出しています。(6/10朝撮影)
大切に育てていきたいと決意を新たにしました。

元気!ポジティブ!元気で明るいイメージの夏の花の代表花であるひまわりの花言葉を調べてみました。花言葉は「憧れ」「あなただけを見つめる」でした。(簡単なネット検索より)


さらに、こちらも先日のブログでご紹介していた、ハイビスカスについてです。
しょうえい幼稚園の園児さんからいただいたときはつぼみだったのが、きれいに咲いています。当院小児科医師への感謝の気持ちがつまったハイビスカスは、管理棟の事務長室前にて、丁寧に育てています。
ちなみに「ハイビスカス」の花言葉は、「新しい恋」「常に新しい美」。ハイビスカスがその日のうちに枯れてしまう一日花で毎日新しい花を咲かせることにちなんでいるそうです・・・かわいい子どもたちにいただいたのですが、ちょっと大人な花言葉でした。


(2019年6月10日 経営企画室S)


2019年度第1回糖尿病教室を開催(お薬のお話)

当院の薬剤師が講師を務めました。

こんにちは。
以前に、こちらのホームページでお知らせしていたとおり、
本日(6/8)当院A棟3Fにて「糖尿病教室」が開催されました。
今年度も計4回開催予定で、本日はその初回として当院の薬剤師による
「糖尿病のお薬のお話」でした。
糖尿病の内服薬の種類や大変重要なの服用のタイミングそして注射薬について、
丁寧に解説しました。うなずきならが聞かれる参加者の姿が印象的でした。

【次回予告】
9/7(土)同じく13:30~14:30までで当院の管理栄養士による「食生活」についての講座です。ご家族に糖尿病のかたがいらっしゃったり、ご興味があるかたはお気軽にご参加いただけます。


(2019年6月8日 経営企画室 S)


しょうえい幼稚園の子どもたちがお花を届けてくれました

6月の第2日曜日は、キリスト教行事で花を飾り子どもの成長を祝う「花の日」にあたります。
この「花の日」にちなんで、キリスト教系の保育園や幼稚園では、日頃からお世話になっている方々を訪問して感謝の気持ちをお伝えする行事になっているところも多いようです。
そんな中、当院にもかわいい来訪者がお見えになりました。
当院医師が定期健診でお邪魔している学校法人沼津頌栄学園 認定こども園しょうえい幼稚園の5歳児12人の園児が、「いつもありがとうございます」のメッセージとともに、小児科部長の鶴井医師に素敵なハイビスカスのお花を届けてくれました。

元気な子どもたちの姿に、当院医師はじめスタッフらが笑顔であふれました。


かわいいお花ありがとうございます!


(2019年6月5日 経営企画室 S)


糖尿病患者会でウォーキングを開催しました!

令和元年6月2日(日)初夏の風に肌も汗ばむ頃、松友会の会員さんと病院スタッフ合わせて11名が集い、「松友会 春のウォーキング」を開催しました!

令和の時代となって、初の松友会イベントです。
今回は沼津市にある「愛鷹広域公園」でウォーキングを企画しました。
看護師による血糖測定&血圧測定・リハビリテーション課スタッフによる準備体操を行った後、公園内をウォーキングしました。
道ばたに咲いた美しい花を見ながら、緑の鮮やかな並木道を歩きました。偶然にも同日、公園内の多目的競技場にてサッカーの試合が行われており、サポーターの方で園内が賑わっていました。ちょっとしたお祭りのような雰囲気で、歩いているだけでも楽しい気分となりました。
ウォーキング後は、日陰のベンチに腰掛け歓談しながらのお昼ご飯。ご飯の間もいろんな話に花が咲きました。
今回の春のウォーキングが、松友会イベント初参加の会員さんもおり、「普段は家にこもってばかりだけれど、外で歩くことで気分が明るくなった」とお言葉を頂戴できました。
今後とも末永く、松友会のウォーキングを続けていきたいと、改めて思いを強くしました。

聖隷沼津病院には「松友会」という糖尿病の患者会があります。糖尿病があり、当院に受診している方であればどなたでも入会可能です。年会費3,500円にて、ウォーキングや食事会など各イベントの参加案内と日本糖尿病学会月刊誌さかえの配付を行っています。内科外来にポスターも掲示してありますのでご覧ください。ご興味のある方は内科外来までお声かけいただければと思います。

(松友会事務局 栄養管理課N)



A棟正面玄関の床・壁面のタイル清掃&ひまわりの種を植えました♪

最近暑くなってきましたね。
夏の気配を感じます。経営企画室Wです。

2019年6月1日(土)に聖隷沼津病院ボランティアチーム「レプタイルズ」により、
A棟正面玄関付近の花壇にひまわりの種を植えました。
ひまわりの成長が楽しみです!!
来院される利用者の方へ暑さに負けないひまわりの姿を提供したいと思います。

週明けにひまわりの様子を見に行くと、A棟正面玄関の床・壁面のタイルが綺麗になっていました。どうやら2019年6月2日(日)に清掃作業を行ったようです。
業者さんのワザにより、くっきりとした白いタイルが顔を出しておりました。
作業中にご来院された皆さまにはご迷惑をおかけいたしました。

(2019年6月4日経営企画室W)



せいれい通信のプチリニューアル

おはようございます。
広報委員会の事務局です!

さて、おなじみの聖隷沼津病院の広報誌「せいれい通信」(毎月発行)につきまして、このたび6月号よりプチリニューアルに向け、編集作業を行っています。

○リニューアルのポイント○
ご利用者、地域のみなさん、そして私たち職員にとっても見やすいレイアウトと
旬な情報の発信ができる媒体にすること!です。

特に、「各科外来担当医一覧」は診療科の増加に伴って、文字も小さく見にくくなってきていたので、2Pから3Pに拡大し、見やすい文字フォントに変更いたします。
遅ればせながらですが、格段に見やすくなりますので、楽しみにお待ちいただきたいです。

さらに、当院医師などの専門職が病気に関する紙面ミニ講座コーナーも設けます。
医療機関受診の目安など医師からのアドバイスも掲載いたします。
初回は、小児科医師による「子どもがかかる夏の病気編」です。

他にも、院内のイベントなどを「Instagram」ならぬ「セイレイグラム」としてご紹介。表紙には、「せいれいさんぽ」コーナーを設けます。毎月1カ所ずつですが、当院の部門やセンターをご紹介させていただく予定で連載をスタートいたします。初回は、透析センターを取り上げます。

是非、お手にとってご覧くださいませ。

※印刷紙面は季節にあった色合いで調整しますので、現時点の編集内容です。


(2019年5月28日 広報委員会事務局)

現時点のイメージであり発行紙面とはことなります。


今月2回目の清掃活動

おはようございます。
聖隷沼津病院 ボランティアチーム「レプタイルズ」では、病院の公共美化を目的とした清掃活動をボランティアチーム「レプタイルズ」のメンバーを中心に第2・第4月曜日にて実施をしています。
今年度の第2回目は、本日(5/27)の始業前に集まり、周辺の草取り、ゴミ拾いを中心に行いました。男性職員は、植栽の剪定まで汗を流しながら行いました。
今回は、ボランティアチームメンバー以外にも医師、医療技術部、管理棟の事務スタッフまで幅広く参加しました。
事務次長らは、側溝を中心に、さながら休日のお父さん状態で奮闘。

月曜日の朝は何かとバタバタするものですが、これからも、病院の公共美化につながるよう続けてまいります。


(2019年5月27日 経営企画室 W)


GW空け 

おはようございます。
さわやかな青空の朝でした。
大型連休の疲れがどっと出てしまっているかたもいらっしゃるかと思います。
個人的には、連休にきちんとお休みをいただけたことに感謝しつつも連休明けはなかなか心身ともにハードだと実感しています。
5月は、新入職員さんや異動などで職場が変わった方は疲れが出る時期です。
どうかくれぐれもご自愛いただきたいです。

さて、4/1付けで増床を行った「地域包括ケア病棟」に関しては、GWなどの大型連休中のレスパイト入院もご利用もできますと以前に本ブログでもご案内させていただきましたが・・・
もちろん、大型連休以外でもレスパイトの方(ご家族の冠婚葬祭や介護疲れが見られるケース)のご利用可能です。
担当しております、在宅支援室でも「患者さん、家族の背景により多様なケースがありますので、お困りの際はご相談ください」と申しております。


■お問い合わせ 在宅支援室■
電話  055-952-1000(内線2251・2252)
FAX 055-952-1083


(5月17日 経営企画室 A)

在宅支援室スタッフ
ベッドの空床状況含め、入院依頼、入院方法に関するお問い合わせは下記担当までご連絡ください。


院内の勉強会

令和がスタートして早2週間が経過、2019年度も1ヶ月半が経過。
今日は久々の雨もようです。ご受診、お見舞いの皆さまどうか、お足もとお気をつけてお越しくださいませ。

今日のブログは少しだけ院内の勉強会のことを綴ります。
当院では、毎年事業計画を立案し地域の皆様のために私たちがすべきことを考え、単年ごとに組織として何をすべきか?を見いだし、その組織目標に向かい各職場で、各職員がご利用者さんのために日々の業務に取り組んでいます。

今年の事業計画の理解を深めるための診療技術部門向けの勉強会が実施され、
勤務後の遅い時間にもかかわらず初回(5/13)は、31名の診療放射線技師、CE、管理栄養士、理学療法士、作業療法士ほかが参加しました。

普段は医療現場で患者さんのために一心に働く診療技術部門のスタッフも、このときばかりは組織の方向性と自らが何をすべきか?を改めて考える機会として貴重な時間を大切に過ごしました。

今年度初めての取り組みですが、勤務調整もあり、残り3回にわけて100名を超える専門職が同勉強会に参加予定です。
すべてはご利用者さんのために・・・そんな想いで、事務長の藤田が同じ内容を各回熱弁いたします。地域の皆さんにご案内できないのが残念ですが、
私たちはご利用される方々にチームワークで生み出される価値ある医療サービスの提供を目指す事業体として、職員も日進月歩、目標に向かい今日も歩んでいきます。

(2019年5月14日 経営企画室 S)


【2019ぷちクリーンアップ作戦】

おはようございます。
聖隷沼津病院 ボランティアチーム「レプタイルズ」では、病院の公共美化を目的とした清掃活動をボランティアチーム「レプタイルズ」のメンバーを中心に第2・第4月曜日にて実施をしています。
今年度の第1回目は、本日(5/13)の始業前に集まり、周辺の草取り、ゴミ拾いを中心に行いました。
名付けて、2019ぷちクリーンアップ作戦。

(作戦内容)
実施日:【初回】2019年5月13日(月)第2・第4月曜日
     ※祝日の場合は翌日実施いたします。
時 間:8:00~8:30(30分以内)
場 所:管理棟前(集合)
内 容:病院周辺のゴミ拾い・雑草除去
人 員:職員(有志)


今回は、ボランティアチームメンバー以外にも医師、医療技術部、管理棟の事務スタッフまで幅広く参加しました。
途中朝早くからご受診にこられた患者さんにも、さわやかなご挨拶をいただいてしまい、気持ちのいい朝でした。

これからも、病院の公共美化につながるよう続けてまいります。


(2019年5月13日 経営企画室 W)


傘のお忘れ物

おはようございます。
今日もさわやかな青空が広がっています。
傘を持ってこなくていい、すがすがしい通勤でした。

患者さんまたそのご家族の皆さんには、お足元の悪い日にも当院にお越しいただいています。お帰りの際に雨がやんで、「傘のお忘れ物」が多くなってくるこの季節です。是非、大切な傘のお忘れにご注意くださればとスタッフ一同の想いです。

定期的に、撤去・処分もさせていただきますのでご承知おきのほどお願いいたします。

お忘れ物についてはこちらをご覧ください。


(2019年5月10日 経営企画室 S)


「令和」ベイビー誕生

当院では、産科外来とNICUを含めた産科病棟にて、妊娠から出産までを総合的に支援させていただいております。母乳外来や里帰り出産についても、対応しております。

当院としては、元号が「令和」になってからの初めての出産を迎えました。
当院の産科スタッフ一同も心待ちにしておりました
2,834gの元気な男の子の誕生です。

ご家族の笑顔と元気な赤ちゃんの姿を拝見し、
「新しい時代も引き続き、患者さんやそのご家族の人生に寄り添い、質の高い医療を提供できるよう、日々鍛錬してまいりたい」とスタッフ一同決意を新たにしました。

(2019年5月9日 経営企画室 S)


新元号【令和】

5月1日から新元号〈令和〉が施行されました。
皆さんもTVや買い物へお出かけした際に様々なところで聞くフレーズだと思います。
当院では1日の夕食時に新元号の〈令和〉が刻印された饅頭を提供しました。
治療食や食形態がキザミの状態の患者さんへは新緑をイメージさせるような手作りの抹茶プリンを提供しました。
今年度に入り行事食の提供が1回目でした。今年度も様々な行事食を提供予定です。
季節や行事を感じられるようなメニューを提供できたらと考えています。


(2019年5月6日 栄養管理課 一同)


5月1日付妊婦健診 料金改定のご案内

平成から令和へ・・・新しい時代もどうぞよろしくお願いいたします。
当院は、この大型連休中の4/30(平成最後の日)と本日(5/6)は通常診療を行っています。
連休中のお子さんの体調不良など万が一の際には、小児科は本日の午後も通常診療ですので、ご利用いただけます。

さて、令和になって初めてのブログの更新は、5月1日付けの妊婦健診料金改定のご案内です。文字通り、令和ベイビーからの適応になります。連休の兼ね合いで、ご案内が遅くなってしまい、心苦しいのですが、取り急ぎ、ブログにも掲載させていただきます。

【妊婦健診 料金改定のご案内】
2019年5月より2回目以降の妊婦基本健診の料金を下記の通り改定を行いました。
◆ 料 金
2019年4月まで8,000円
2019年5月より6,000円

静岡県ご在住でチケットを使用する場合(助成:4,000円)
窓口負担(実質)額
4,000円 → (新)2,000円

ご不明な点がございましたら、医事課外来係までお問い合わせください!
新しい時代を担う、新しい命の誕生に、当院スタッフ一同、出産までの期間を安心して分娩を迎えられるよう外来にて支援してまいります。

(2019年5月6日 経営企画室 W)


清掃作業を行いました

4月21日(日)病院玄関前の清掃作業を行いました。こちらはプロの業者さんにお願いし見違えるように?!きれいにしていただきました。
作業中にご来院された皆さまにはご迷惑をおかけいたしました。遅くなりましたがお詫びいたします。

なお、日々の清掃活動として、フロントサービスを行う事務職員も病院玄関周辺の清掃を行っています。ご利用される皆さまの目線で玄関まわりを確認しながら、よりよい環境づくりにつなげられたらという想いで続けています。


☆☆☆お知らせ☆☆☆
この大型連休中も4/30(火)と5/6(月)は外来診療を行います。
小児科は両日とも通常通り午前・午後ともに通常診療体制です。

では、皆さま素敵な連休をお過ごしください。

(2019年4月26日 経営企画室 W)


看護部新人研修「与薬の技術編」

本日も新人研修は続きます。
今日は、
与薬の技術として点滴・皮下注射・静脈注射・薬剤の準備の4項目について、それぞれ小グループに分かれ、模型を用いて実技訓練を行いました。
4月入職の職員たちも、本格的に注射を扱うのは今日が初めて。
安全な与薬の技術の習得のために、手が「ぷるぷる」震えながらも、先輩看護師の丁寧な指導に耳を傾けていました。
さらに、講師を務める育成担当のベテラン看護師らも、「新人たちの真剣な眼差しを見て、決意を新たにできた」と想いを語っていました。

(2019年4月22日 総務課 Y)


今年のゴールデンウィークのご予定にお役立てください

今年(2019年)の大型連休のご予定を立てていらっしゃる方も多いと思います。
連休の合間のご受診について、気にされていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?
【外来診療】
先だって、本ホームページでもご案内させていただいたとおり、当院は、4/30()退位の日と5/6()振替休日の両日は、外来の通常診療を行います。
※受付時間、診療時間は各科によって異なりますので、詳しくはお問い合わせをお願いしております。

お問い合わせ先
電話: 055-952-1000(代表)

地域包括ケア病棟スタッフ

さらに、当院は、4/1(月)より地域包括ケア病棟を増床いたしました。
(現:74床)
連休中のレスパイト入院※にもご利用いただけますので、ご遠慮なく、お問い合わせください。
※レスパイト入院=ご家族の冠婚葬祭や介護疲れが見られるケースでのご利用

地域包括ケア病棟のご利用については、聖隷沼津病院 在宅支援室 電話: 055-952-1000(代表)までご遠慮なくお問い合わせください!


(2019年4月17日 経営企画室S)



第34回焼津みなとマラソンに参加しました。
~レプタイルズは今日も走る~

2019年4月14日(日)に開催された焼津みなとマラソンに健康福祉づくりの一環として、聖隷沼津病院ボランティアチーム「レプタイルズ」が参加しました。

大会の特徴としては・・・①カツオが10人に3人当たる!②平坦で走りやすいコース!③ネットタイムを計測!

暖かい日差しの中、潮風に吹かれながら10km走破しました。

参加したメンバーからは、「楽しかった。来年も参加したい!!」「次はもっと仲間を増やして望みます。」など、アクティブな感想をいただきました。

ちなみに気になるビニール袋は・・・カツオの切り身です。

今後とも聖隷沼津病院ボランティアチーム「レプタイルズ」をよろしくお願いいたします。

(2019年4月16日 経営企画室W)


初めてのフロントサービス

送迎車両と富士山

2016年から当院事務部スタッフにより行っている朝の時間帯のフロントサービス業務を今年度も継続中です。経営企画室に配属になって初めてのフロントサービスの対応に大変緊張しましたが、患者さんから「寒くないの?職員さんでやってくれているの?とても助かるわ」などあたたかいお声かけをいただいてしまいました。

通常の玄関前での対応以外にも4月に入ってから総合受付前で開始したWi-Fiサービスのご案内もさせていただきました。

本日は、とても過ごしやすく玄関周りの花壇の花々をご覧になりながら、玄関前のベンチで病院の送迎車両をお待ちの患者さんもいらっしゃいました。
お困りのことがあれば何なりとお声かけくださいませ。

(2019年4月16日 経営企画室S)


来月(5月1日~)透析専用無料送迎の開始に向けて準備中です!

当院の透析センターは透析病床数60床(On-line HDF用監視装置55台、Off-line HDF用監視装置4台、個人用多用途透析装置1台)を有し、
月曜日・水曜日・金曜日3クール、
火曜日・木曜日・土曜日2クールで血液透析治療を行っています。

来月(5/1)より、当院の透析センターご利用の患者様専用の無料送迎サービスを開始いたします。

【訂正】
せいれい通信(4月・No194)号記載のルートに誤りがございました。
誤)【西・南・西】 → 正)【西・南・】でございます。
お詫びして訂正いたします。

沼津市内周辺を3ルート【西・南・北】で送迎にあがります。定員もありますので、是非、ご希望と詳細はお電話にてお問い合わせくだされば幸いです。


聖隷沼津病院TEL:055-952-1000(代表)

(2019年4月11日 経営企画室S)



Wi-Fiはじめました

2019年4月4日より、当院のご利用者向けに「SEIREI Wi-Fi」サービスを開始いたしました。
当院総合受付前スペースにて、お手持ちのスマートフォン、タブレットなどで無線LANを利用したインターネット接続を無料でご利用いただけるようになりました。

ご使用にあたっては、
院内掲示および案内チラシをご確認いただきIDとパスワードをご入力をお願いいたします。

これからも、ご利用いただく皆さまの利便性の向上につながるように努めてまいります。

(2019年4月4日 経営企画室S)


2019年度新入職員オリエンテーション「防災訓練」

新元号「令和」が発表された4月1日33名の新入職員も加わり、2019年度がスタートしました。
早速、4月2日には「防災訓練」を実施し、当院「防災委員会」メンバーはじめ各職場からの代表者が丁寧にレクチャーをしました。冒頭、座学の後、早速3グループに分かれ、災害時の患者担送訓練を実施。
その後、病棟に出向き防火設備、避難経路の確認も行いました。最後に、消火訓練も参加者全員が一人ひとり消火器(水が噴射)の操作も行いました。新入職員の入職を祝うかわいらしい虹も見えました。
参加した新入職員は「医療施設で働くことの責任の重さを感じ、背筋が伸びる思いだった」、「特に、患者さん役をシーツにくるみ運ぶ模擬訓練が一番勉強になった」と医療従事者としての社会人生活をスタートした感想がありました。
安全に搬送・護送するためは正確な情報伝達と正しい知識の習得が大切です。いざというときに慌てることがないよう今後もこのような訓練を続けていきます。

(2019年4月2日 総務課Y)


第3回地域包括ケア連携懇話会
~地域包括ケア病棟のリハビリテーションの実際~

当法人主催によるケアマネージャーさんを対象とした地域包括ケア連携懇話会が2019年3月18日(月)・20日(水)・22日(金)の3日間で開催いたしました。

テーマは「リハビリテーション」

プログラムは「講義」・「意見交換会」の2部構成となります。

講義を通じて、ケアマネージャーさんたちに当院で行っているリハビリテーションを知っていただきました。

また、意見交換会では、「地域包括ケア病棟と回復期リハビリテーション病棟の違いは?」「リハビリスタッフによる退院後の在宅フォローは?」など活発な意見交換が行われました。

大変有意義な懇話会となりました。お忙しい中、ご来場ありがとうございました。

今後も開催させていただきたいと思っております。今後ともよろしくお願いいたします。

【PICK UP】①2019年4月1日~地域包括ケア病棟が74床となります。
   
      ②2019年5月1日~透析専用無料送迎を開始いたします。


(2019年3月27日 経営企画室W)





糖尿病患者会のイベントで糖尿病教室を開催しました!!

暖かくなったり寒くなったりとまだまだ気候は不安定ですが、少しずつ春の花が芽吹く時期となりました。
当院では3月23日の土曜日、松友会のイベントで糖尿病教室を開催しました!

今回のテーマは、「口腔疾患と糖尿病の関係」!
糖尿病と関係する病気のひとつに歯周病があります。なんと歯周病の治療で、糖尿病のコントロールも良くなるといわれているのです。
今回は前半後半の二部構成で、教室を開催しました。
前半は歯科口腔外科の医師より、食事の歴史から始まり、噛むための筋肉(咬筋こうきん)や歯に関わる様々な研究や知識についてお話ししました。

今の人間は太古の人間と比べ、どんどん噛む回数が減っています。そのため、顎の大きさだけでなく歯の大きさも小さくなっているようです。

歯と咬筋、脳には密接な関係があり、上手に噛めることが元気に長生きすることにも繋がります。年を重ねても歯を残すことの大切さ、そのためには日々のケアが重要なのだと分かりました。

そして後半は、糖尿病認定看護師より歯周病の予防についてのお話でした。歯の手入れの方法として、「ブラッシング」「フロッシング」「マウスウォッシング」の3ステップケアがあります。実際のフロスや歯ブラシを見ながら、方法を学びました。

 皆さん8020運動という言葉はご存じでしょうか。80歳になっても、20本以上の歯を保とう!という運動です。20本の歯が残っていれば、いつまでも美味しく食事が楽しめます。そのためには、普段からの些細なケアがとっても重要。加えて、かかりつけ歯医者をきちんと作り、定期的に自分の歯を見てもらうことも大切です♪

当院には「松友会(しょうゆうかい)」という糖尿病の患者会があります! 松友会では、糖尿病教室の他 年間を通してウォーキングや食事会・調理実習などのイベントを行っております。糖尿病があり、当院に受診している方であればどなたでも入会可能です。
ご興味がある方は松友会事務局[聖隷沼津病院 栄養管理課 055-952-1063(直通)]へご連絡いただくか、内科外来へご相談ください。(年会費3,500円)

(2019年3月25日 文責:聖隷沼津病院 栄養管理課(松友会事務局))




花壇をキレイにしました

2019年3月8日(金)に聖隷沼津病院ボランティアチーム「レプタイルズ」により、病院玄関前花壇の雑草除去が行われました。

除去前は緑一面となっておりました。知らず知らずに成長してしまう雑草の強さに感銘を受けつつも、一本一本除去しました。

今後はキレイになった花壇に花(夢)を植えたいと思います。(笑)

病院を利用されるすべてのかたが楽しめるような花壇にしていきたいと思います。

今後ともよろしくお願いします。

(2019年3月11日 聖隷沼津病院ボランティアチーム「レプタイルズ」)




ひな祭り

先日3月3日は桃の節句でした。女の子の成長と厄除けを願う日です。

栄養課では、夕食でひな祭りゼリーを提供させていただきました。
三色のゼリーをそれぞれダイスカットし、盛りつけてみました。

〜献立〜
・五目寿司
・茶碗蒸し
・土佐和え
・ひな祭りゼリー

(2019年3月9日 栄養管理課)



聖隷沼津ボランティアチーム「レプタイルズ」結成しました!!

この度、地域貢献を目的としたボランティア活動を中心に、様々な事にチャレンジするボランティアチームを結成いたしました。

チーム名:レプタイルズ(イメージキャラクターはカエル)

活動内容:清掃活動・メディカルサポート・健康作りなど

構成人員:職員有志(医師・看護師・リハビリ・事務)

チームとして、頑張って行きたいと思っております。どうぞよろしくお願いいたします!!


【追伸】2019年2月23日(土)「みちくさ夜桜マラソンin南伊豆町」5km・10kmに参加しました。

チーム10人で桜並木を駆け抜けました。

完走後の伊勢海老汁の振る舞いや温泉チケットサービスなど、大会スタッフさんや地元のかたに温かく迎えていただきました。

参加させていただき、ありがとうございました。

(2019年3月4日 経営企画室W)





バレンタインコンサートin聖隷沼津病院
~チョコっと甘いメロディ♪に酔いしれてみませんか~

2019年2月17日(日)11:00~11:30(30分)公益社団法人 沼津法人会主催による「バレンタインコンサートin聖隷沼津病院」が聖隷沼津病院 A棟1F 内科外来受付前で開催されました。

今回は「オーボエ:米山 栞合さん」「ピアノ:青木 芙姫さん」にお越しいただきました。

演奏曲目は「上を向いて歩こう」「ひこうき雲」などの幅広い年齢層に合わせた全5曲

患者さま・ご面会のかたをはじめ、たくさんのかたがご来場されました。

オーボエはノスタルジックで力強く、ピアノは凛として優しく、二人の奏でる甘いメロディが院内に響き渡りました。

生演奏を間近で聴ける貴重な体験をさせていただきました。

演奏終了後、ご来場されたかたからはたくさんの拍手が送られました。

沼津法人会様・米山 栞合さん・青木 芙姫さん・ご協力いただいかたに心より感謝を申し上げます。

(2019年3月4日 経営企画室W)




心不全とNPPV ~なぜNPPVが有効なのか?~

聖隷沼津病院 臨床工学室主催による「心不全とNPPV」
の職員向け勉強会が2019年2月14日(木)17:30~18:30(60分)で行われました。

NPPV(Non invasive Positive Pressure Ventilation)療法とは!?
非侵襲的陽圧換気療法という名称で、気管切開することなくマスクを介して換気を行う治療法です。
患者さんにやさしい人工呼吸療法として、NPPV療法は注目されています。

【講義】第1部「心不全~なぜNPPVが有効なのか」
院長補佐兼総合診療科部長 内田 英二医師

【体験】第2部「実際に機会をさわってみよう操作方法・マスクフィッティング」臨床工学室

【講義】・【体験】の2部構成となっておりました。
参加者からは「講義をもとに機械に触れることで、より理解を深めることが出来た。」などの感想を多数耳にしました。
総勢40名以上の参加となり、会場は満席状態となっておりました。

(2019年3月1日 経営企画室W)





手話ダンスin看多機

当法人の「看護小規模多機能型居宅介護事業所せいれい緑町」でボランティア主催により手話ダンスが平成31年2月13日(水)に開催されました。

テーマは「富士山(ふじのやま)」

手話ダンスとは・・・手話を使って歌詞のイメージを見る言葉に変え、リズムの楽しさと手話を合わせてダンスすることだそうです。

会場は利用者さんたちの笑顔と活気に溢れておりました。
手話の新たな一面を見ることが出来ました。

「見てわかる・踊って楽しむ」素敵な手話ダンスでした。

【追伸】管理棟2F「看護小規模多機能型居宅介護事業所せいれい緑町」エレベーター前にドラセナ フラグランス「幸運の木」という木がありました。蕾をつけており、そろそろ花が咲くそうです。


(2019年2月13日 経営企画室W)



男の介護教室

~男性の方、自分のご家族を介護する自信がありますか~

2月6日(水)に大平地区センターで、沼津市社会福祉協議会様とかぬき地域包括支援センター様よりお声をかけて頂き、料理教室と栄養に関する講演を行いました。


料理教室では、ポリ袋に食材と調味料を入れ、袋の口を結び湯煎にかける方法で調理しました。ポリ袋を使った調理は、ガス・電気・水道などのライフラインが使えなくても簡単に調理ができ、災害時にも使える方法で「パッククッキング」とも呼ばれています。
 

今回のメニューは、
・焼き鶏の缶詰を使った「混ぜご飯」
・隠し味にチョコを入れた「鯖の味噌煮」
・かつお節で風味をつけた「白菜の煮浸し」
・今が旬の蕪を使った「カブのバター炒め」
・デザートにゼラチンで固めた「ココアゼリー」


参加された方は20名。男性も約半分参加して頂きました。ポリ袋を使った調理は、皆さん始めてのようでしたが、楽しく調理されていました。
そして、30分程湯煎にかけている間、「バランスの良い食事について」の話しを聴いて頂き、食事の偏りに注意し「毎食3つのお皿」を揃えることを学んでいただきました。
公演後、昼食会を開き、皆さん「美味しい!美味しい!」と声が上がり、こんなにも美味しい料理がポリ袋でできた意外性にビックリされていました。

ポリ袋を使った料理は、特別な知識は必要なく、簡単なポイントを守れば、料理をされたことが無い方もお子様でも安全に簡単に調理出来ます。


(2019年2月8日 栄養管理課 髙松 宏光)




もちつき大会

ステーション千本主催のもちつき大会が平成31年1月19日(土)に開催されました。

寒空の下で、明るく・元気良く、お餅をつきました♪

ステーション千本の利用者様をはじめ、たくさんのスタッフが参加しました。

会場内は非常に賑わっており、参加された方からは満面の笑みが溢れておりました。

つきたてのおもち、トン汁美味しかったぁ~

皆様の今年1年が幸せでありますように

余談ですが・・・ヘルパーさんのもちつきの手返し(ヘルプ)には関心させられました。

(2018年1月22日 経営企画室W)



バレンタインコンサートin聖隷沼津病院

~チョコっと甘いメロディ♪に酔いしれてみませんか~

この度、二人の奏者をお呼びしてコンサートを開催することとなりました。

Oboe 米山 栞合さん(常葉大学短期大学部音楽科 卒業)
Piano 青木 芙姫さん(武蔵野音楽大学 卒業)

開催日:2019年2月17日(日)
時 間:11:00~11:30(30分)
場 所:聖隷沼津病院 外科外来受付前
参加費:無料

ご入院中の方やご通院されている方に特別な時間を過ごしていただきたいと思います。

ぜひご参加下さい♪

(2019年1月21日 経営企画室W)



2019年フロントサービス

新年明けまして、おめでとうございます!!

無事新年を迎えることが出来ました。

年は変わりましたが、フロントサービスは変わらず、実施させていただきます!!

【フロントサービス】
日 時:月~金(AM9:00~AM10:30)(90分)
体 制:2名
内 容:受付のご案内・車イス介助など

何かございましたら、お気軽にお声掛け下さい♪

(2019年1月7日 経営企画室W)



あけましておめでとうございます。

1月1日朝食時に入院している患者様へおせち料理を提供しました。

〈献立〉
ゆかりご飯
蟹入りつみれ汁
鶏肉の八幡巻き
おせち(だて巻き、黒豆、紅白かまぼこ、栗きんとん)
からし和え


入院していてもおせち料理が出てくるだけで正月の気分を少しでも感じて頂けたら幸いです。
本年も患者さんにより満足していただける食事作りに努めます。
今年もよろしくお願い申し上げます。

(2019年1月4日 栄養管理課)



当サイトに関するみなさまのご意見をお聞かせください

質問1:このページの情報は役に立ちましたか?

質問2:このページは見つけやすかったですか?