グローバルナビゲーションへ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ





ホーム > ご予約・ご利用  >  禁忌条件について

禁忌条件について

身体上の条件によっては、受診することができない検査があります。
ご受診される検診で該当項目がある方は、事前のご連絡が必要です。


このページの目次


2012年10月 改正(施設内)

現在治療中の病気がある方へ


◎ 検診を予約したら、次回の外来受診時に、かならず主治医の先生に報告しましょう。検査によっては、注意事項として、食事の制限や、内服の一時中止等を指示することがあります。検査を受けても問題ないかどうかを、主治医の先生に確認しましょう。

◎ 検診結果が届いた時も、次回の外来受診時に、かならず主治医の先生に報告しましょう。再検査・精密検査が必要となっていたら、まずは主治医の先生に相談してみましょう。


子宮体がん検診を受診できない方

・妊娠中または妊娠の可能性のある方
・避妊リングを挿入している方
・生理中の方
・子宮を全摘出されている方
・血小板減少症の方
・抗凝固剤を服用している方(ただし、主治医の許可があって、休薬ができている方は実施可能です。)
※ヨードアレルギーの方はお申し出ください。

マンモグラフィを受診できない方

・妊娠中または妊娠の可能性のある方
・授乳中の方
・豊胸手術を受けた方
・ペースメーカーを装着している方
・VPシャントを挿入している方(頭からお腹まで管が入っている方)


胸部レントゲン・骨密度検査を受診できない方

・妊娠中または妊娠の可能性のある方

胃レントゲンを受診できない方

・妊娠中または妊娠の可能性のある方
・バリウムによるショック症状や副作用のあった方
・潰瘍性大腸炎、急性胃腸炎で治療中の方
・クローン病で治療中の方、または既往歴のある方
・下部消化管穿孔の既往歴のある方
・透析治療を受けている方(腹膜透析 含む)
・体重120kg以上の方
・当日の血圧測定で最高血圧180mmHg/最低血圧110mmHg以上の方
・腸閉塞になってから初めてのバリウム検査の方

要注意受診の方

・食道、胃、大腸がん等の消化器がんで通院中の方
・過去に誤ってバリウムが気管に入ってしまった方
・脳梗塞などによる麻痺症状のある方
・パーキンソン病の方
・腸閉塞の既往のある方
・全身状態不良の方
・7時間以内に食事を摂っている方


体脂肪率測定ができない方

・ペースメーカー装着中の方


お問い合わせ

お問い合わせ先聖隷沼津健康診断センター
受付時間月曜日~金曜日 8時30分~17時00分
土曜日 8時30分~12時15分
電話055-962-9882

当サイトに関するみなさまのご意見をお聞かせください

質問1:このページの情報は役に立ちましたか?

質問2:このページは見つけやすかったですか?