グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




ホーム > 当院について  >  病院長挨拶

病院長挨拶

病院長 佐藤愼一

 この度は、当院のホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。

 聖隷佐倉市民病院は、1874年に腎疾患の治療を目的とした政策医療を担う国立佐倉病院として誕生し、2004年3月にキリスト教の隣人愛に根ざした患者本位の医療を理想とする聖隷福祉事業団へ経営移譲され、現在に至ります。前身の国立佐倉病院の創立からは130年の歴史を有しており、佐倉市はもちろんのこと周囲の成田市・印西市・四街道市・八街市・酒々井町から多数の患者が継続的に通院されています。当初は新病棟と透析センターのオープン、2010年に手術棟の増築、リハビリセンター・放射線治療部門の開設、2014年には外来棟と透析センターの増築、健診センターの移転新築をいたしました。
国立病院から聖隷福祉事業団への転換を経験した結果、それぞれの良い部分が現在の聖隷佐倉市民病院の医療を支えています。医療に対する姿勢として、国立病院時代は、どちらかというと患者に向いてというよりアカデミック・研究に重きを置いていましたが、聖隷福祉事業団に移行してからは、
患者本位の良質な医療に変わり、サービス面が向上したと高評価を受けています。

医療技術の面では、国立病院時代には無かったMRI装置が3台、高精度照射が可能な放射線治療システム、安全で確実な手術を可能にする脊椎整形外科のナビゲーションシステムや手術用O-armなどの機器が装備され、リハビリセンター・健診センターはゆとりある空間を有する設備となり、透析センターでは全てのベッドでオンラインHDFが施行可能となりました。

聖隷佐倉市民病院では開院時より病院理念として隣人愛精神を持って患者本位の良質な医療を行ってまいりました。この隣人愛精神というのは、簡単に表現すると、分け隔てする事の無いおもてなし精神であると解釈しております。そして開院10年目を迎えた2013年4月には職員が働く心のよりどころとして病院のスローガンを作りました。それが「笑顔に応えていく、笑顔で広げていく」です。このスローガンには患者さんと職員そして職員同士も笑顔で向かい合い、笑顔の医療を提供していきたいという思いが込められています。患者さんが笑顔で家に帰り、その笑顔を見て職員も癒される風景が増えていくことを切に願っております。
地域に開かれた病院として、患者さんが安心して治療に専念できるような環境を作り、患者さんに優しく、丁寧に接していくことが重要であります。職員各自が医療人としてのプロ意識を持って自分の知識と技術を高め、職員個々の能力の高さでこれからも患者さんを笑顔にしていきたいと考えております。

2014年12月1日

当サイトに関するみなさまのご意見をお聞かせください

質問1:このページの情報は役に立ちましたか?

質問2:このページは見つけやすかったですか?