グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




ホーム > 特色・取り組み  >  腎センター

腎センター

CKD(慢性腎臓病)全流域を対象に、成人だけでなく小児を含め、腎炎に始まり透析、移植へと続く一連の流れに対応しています。



ごあいさつ

聖隷佐倉市民病院
院長 鈴木 理志


皆さんは医療機関でよく見かける「○○病センター」という名称や表示から何を想像しますか?おそらくは、その道に精通したプロフェッショナル、特に医師達が専門の診療科問わず集まり、患者さんにとって最善の医療を目指して力を合わせている濃密な場所、といった感じではないでしょうか。多分正解です。

私たちの病院でも2006年に「腎センター」を創設し、早いもので15年が経ちました。もちろん目指すところは基本的に同じです。腎臓病に関する専門家達(腎臓内科医・小児腎臓医・移植外科医・泌尿器科医)が綿密に連絡をとりあって、切れ目のない医療を提供していくことを目的としています。
ただ、私たちの「腎センター」はもう少し欲張りです。一人の患者さんをめぐる情報共有・連絡・連携に気を配るのは医師達だけではありません。看護師も、薬剤師も管理栄養士も、さらにはあらゆる事務職員も、つまり患者さんにかかわるすべての病院職員が、その立場に応じて必要な情報を共有することを目指しています。具体的に言うならば、患者さんがすでに職員Aに伝えたことなのに、もう一度職員Bに繰り返し伝えなければならない理不尽さを解消します。そのうえ職員Bから「えっ?聞いていません」などといった対応をされることもなくしたいと思っています。こんな当たり前のことではありますが、100%の正確性を求め、実行していくことを当センター最大の目標と定めています。お気づきの際は遠慮なく、ご意見をお寄せください。
皆さんに安心して治療をうけていただけるよう全力で取り組んで参ります。

腎センターの特色

腎医療にはつぎのような段階にわかれますが、当院では、 腎臓内科専門医・小児腎臓専門医・移植外科医により、すべての段階において対応する体制が整っております。


当院の前身の国立佐倉病院は、腎不全対策病院として早くから腎移植医療に積極的に取り組み、 聖隷佐倉市民病院となる平成16年3月までに生体腎移植131例、献腎移植103例を実施して参りました。
聖隷佐倉市民病院へ移行してからも、その伝統を引き継ぎ、国立病院から引き続き診療にあたっている 腎医療関係スタッフとともに新しいメンバーが加わり、レベルの高い腎医療を提供しております。

CKD(慢性腎臓病)てどんな病気!?

(「CKD診療ガイドライン2012」より)


定義

①蛋白尿や血尿がある、画像診断で腎障害がある
②GFR<60mL/分/1.73m2
これらが3か月以上続くこととされています。


原因

慢性糸球体腎炎、高血圧性腎硬化症、糖尿病性腎症などとても多くあります。
食生活の欧米化や社会の少子高齢化に伴い糖尿病患者さんが増加しており、糖尿病性腎症の患者さんは増加の一途をたどっています。


治療

残念ながら現在のところCKDを治癒させる治療法はありません。ですから、食事療法や薬物療法など悪化の抑制に主眼を置いた治療が主体となっています。
血圧の管理目標は130/80以下であり、糖尿病の管理はHbA1c 6.9%未満です。
CKDは症状がありません。糖尿病と同様に“痛くも痒くもない”ことが、病状悪化の要因となっています。

早期発見・早期治療するためにも、
①1年に1回健診の受診
②生活習慣病に気をつける
③疑問点は主治医に相談
以上のことを心にとめ生活してみましょう。


eGFR計算

eGFR( estimate glomerular filtration rate)とは推算糸球体ろ過量(値)の略語で、血液をとって調べるクレアチニン(Cr)値と、性別・年齢の3つから計算して出すGFR(糸球体ろ過量といい、腎機能を示す指標)です。

eGFR計算はこちらのサイトでできます(別ウィンドウで開く)
※東京都福祉保健局Webサイト

腎臓の健康のために

CKD教育入院

当院ではCKD(慢性腎臓病)に対する正しい知識を深めるため、医師、看護師、薬剤師、管理栄養士などによる指導を行います。
①腎臓の機能について
②CKDについて
③腎臓の機能を調べる検査について
④末期腎不全の治療法について
⑤自己管理について
⑥日常生活での注意事項について
腎臓の機能から検査、自己管理についてなど約2週間の入院を通して理解を深めます。


腎臓病療養指導士

腎臓病療養指導士とは「CKDとその療養指導全般に関する標準的かつ正しい知識を持ち、保存期CKD患者に対し、一人ひとりの生活の質および生命予後の向上を目的として、腎臓専門医や慢性腎臓病に関わる医療チームの他のスタッフと連携をとりながら、CKDの進行抑制と合併症予防を目指した包括的な療養生活と自己管理法の指導を行い、かつ、腎代替治療への円滑な橋渡しを行うことのできる医療従事者」。
簡単にいえばCKDのエキスパートです。当院には6名の療養指導士が在籍しています。


実績


 
腎臓内科
入院患者数
腎生検数
教育入院
シャント造設術
透析導入
2016年度1,188名58件121件105件94件
2017年度1,193名63件145件92件96件
2018年度1,093名51件97件76件93件
2019年度1,156名48件112件62件103件

医療支援

腎臓内科では被災を受けた地域の皆さんの受入を行いました。

2011年東日本大震災福島県より14名の透析患者を受入
2019年令和元年台風15号千葉県内4施設148名の透析患者を受入

腎臓病教室

当院はCKD(慢性腎臓病)の全ての段階に対応できる病院です。

CKDという概念の広まりは、対象となる患者さんの増加が背景にあるからです。
現在では、日本の成人の8人に1人がこのCKDと呼ばれる状態にあります。この状態が悪化すると腎臓の機能が低下して、透析を導入することに至ります。そのような患者様を少しでも減らせるように、医師をはじめとする私達医療スタッフから、自己管理についてお話しさせていただきます。少しでも腎臓が心配だとお感じになる方はぜひ一度ご参加ください。
※現在は新型コロナウイルス感染拡大防止のため開催を見合わせています

さくら通信

腎臓病教室でお話している内容を簡単にご紹介しています。
ぜひご覧ください。



当サイトに関するみなさまのご意見をお聞かせください

質問1:このページの情報は役に立ちましたか?

質問2:このページは見つけやすかったですか?