グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




ホーム > 特色・取り組み  >  腎センター

腎センター

CKD(慢性腎臓病)全流域を対象に、成人だけでなく小児を含め、腎炎に始まり透析、移植へと続く一連の流れに対応しています。


このページの目次


当院の特色

腎医療にはつぎのような段階にわかれますが、当院では、 腎臓内科専門医・小児腎臓専門医・移植外科医により、すべての段階において対応する体制が整っております。


当院の前身の国立佐倉病院は、腎不全対策病院として早くから腎移植医療に積極的に取り組み、 聖隷佐倉市民病院となる平成16年3月までに生体腎移植131例、献腎移植103例を実施して参りました。
聖隷佐倉市民病院へ移行してからも、その伝統を引き継ぎ、国立病院から引き続き診療にあたっている 腎医療関係スタッフとともに新しいメンバーが加わり、レベルの高い腎医療を提供しております。

eGFR計算

eGFR( estimate glomerular filtration rate)とは推算糸球体ろ過量(値)の略語で、血液をとって調べるクレアチニン(Cr)値と、性別・年齢の3つから計算して出すGFR(糸球体ろ過量といい、腎機能を示す指標)です。

eGFR計算はこちらのサイトでできます(別ウィンドウで開く)
※東京都福祉保健局Webサイト

当サイトに関するみなさまのご意見をお聞かせください

質問1:このページの情報は役に立ちましたか?

質問2:このページは見つけやすかったですか?