グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ

  1. 聖隷浜松病院トップ
  2.  >  診療科・センター・部門
  3.  >  総合診療科・総合診療内科

総合診療科・総合診療内科


患者さんを総合的にサポート


総合診療科部長:渡邊 卓哉

総合診療内科科長:齊藤 一仁

総合診療内科は特定の領域に限定せず、横断的な医療を全人的に提供する診療科です。「体調は悪いが、どこが悪いのかはわからない」「どの診療科に相談したらよいかわからない」といった方にも受診いただけます。
当科で診断がついた後は、患者さんにとって最善の方法で治療が実施できるよう、当科で治療する場合もあれば、専門の診療科へ紹介する場合もあります。
総合診療内科では、病気の診断・治療はもちろん、退院後の療養環境の調整までも担い、患者さんが“住み慣れた地域でより良い暮らし”が続けられることを目指しています。

特色ある診療

病院総合医

総合診療のスペシャリストとして、幅広い症状、疾病、検査所見に対応しています。複数の疾病を合併していたり、原因臓器や病態が明確でなく、紹介先の特定に困るなどの場合には、病院の窓口の役割を担います。

研修医の教育

当科は医師としてのスタートである臨床研修の必修研修科です。
医師を育てる診療科として、外来、救急、入院のあらゆる臨床現場において、EBM、医療倫理などにも配慮した基本に忠実で細やかな診療を行うべく、スタッフ一同留意しています。

Webマガジン

Webマガジン「白いまど」 2016年6月号「総合診療内科」(PDF)

医師紹介/実績紹介

PAGETOP