グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ


PETセンター


センター長:増井 孝之

Positron Emission Tomography(PET)は"がん"診療の中核と位置づけられ、日本や諸外国で広く運用されています。
当PETセンターは、2006年8月に最新鋭のPET-CT装置2台を備え診療を開始しました。以後、多くの患者さま、ドック検診受診者さまの検査を行ない、PET、CTのそれぞれの画像の取得により、信頼度の高い機能形態情報を提供してきました。
今後も疾病の早期診断、問題解決の手段として、また、検診の手段として、ご利用いただければ幸いです。

PET検査

PET検査はがんなど体の中でより活発に活動している細胞を画像としてあらわす検査です。特定のがんであれば5~10mm程度のものでも発見することが可能です。

医師紹介

PAGETOP