グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ


精神科


心理的ケアのレベルアップを目指して


医師:堀 雅博

当科は、精神疾患に対する外来治療を行うとともに、当院の他科に通院あるいは入院している患者さんについて、他科との密接な協力体制のもとで、専門的な助言をしたり、協力して問題を解決したりしています(コンサルテーション・リエゾン精神医療)。なお、精神科病棟がないため、精神科入院治療は行っていません。

特色ある診療

総合病院の精神科の役割

当院の他科に受診もしくは入院中の患者さんやそのご家族に、身体疾患に伴うさまざまな心理的問題が発生した場合に、主治医からの依頼と協力のもと、コンサルテーション・リエゾン精神医療として共同診療を行います。
産後うつ病をはじめとする周産期に生じる精神障害、乳幼児虐待防止への対応、そして緩和ケアチームやせん妄チームとしての活動など、他科や多職種と連携しながら、精神科医ならではの役割を担っています。

主な対象疾患

気分障害(うつ病、躁うつ病)、統合失調症、神経症、ストレス関連障害、心身症、身体疾患にともなう精神症状、不眠症などを主な対象としています。
臨床心理室と協力し心理療法(カウンセリング)や各種心理検査を行っています。

医師紹介/実績紹介

PAGETOP