グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ


沿革


聖隷浜松病院の歩みのご紹介です。

昭和34年~昭和39年

昭和34年(1959)

11月 元目町にあった付属診療所を旧聖愛園敷地内に移転、聖隷浜松診療所として新たに発足

昭和34年11月 浜松診療所完成
(聖隷歴史資料館所蔵)

昭和37年(1962)

3月 新病院(1号館)完成
社会福祉法人聖隷保養園聖隷浜松病院の開設
(8科、許可病床数(一般)114床、常勤職員50名)

昭和37年3月 1号館完成
(聖隷歴史資料館所蔵)

昭和38年(1963)

5月 成人病検診車購入、成人病の集団検診を開始
8月 中山耕作先生を院長として招聘

昭和39年(1964)

昭和40年~昭和49年

昭和40年(1965)

1月 急増する頭部外傷に対して、頭部冷却救急車を設置
2月 脳神経外科センター棟(2号館)完成

昭和40年2月
脳外科センター(2号館)完成

昭和42年(1967)

6月 婦人がん検診車を購入し、婦人がん検診活動開始

昭和43年(1968)

8月 放射線治療棟完成。県内初リニアック装置による高エネルギーの放射線治療開始
10月 人工腎臓装置を設置し、人工透析開始
12月 ガンセンター棟(3号館)完成

昭和43年12月
ガンセンター棟(3号館)完成

昭和44年(1969)

6月 第一種助産施設として認可
7月 総合病院として認可

昭和45年(1970)

10月 リハビリテーションセンター完成
11月 第1回聖隷浜松病院院内学会開催

昭和50年~昭和59年

昭和50年(1975)

4月 院内保育所 ひばり保育園開設

昭和52年(1977)

5月 未熟児センター棟(4号館)完成、NICU16床設置
日本初、新生児(未熟児)救急車設置。新生児救急搬送の24時間体制を確立
10月 医療事務の電算化開始

昭和52年5月
左)未熟児センター棟(4号館)完成
右)新生児(未熟児)救急車設置

昭和55年(1980)

4月 臨床研修医研修指定病院となる / 広報誌「白いまど」発刊

昭和57年(1982)

5月 新1号館(A棟)完成

昭和57年5月 新1号館(A棟)完成

昭和60年~昭和63年

昭和61年(1986)

6月 心臓専用救急車(モービルCCU)設置

昭和62年(1987)

4月 訪問看護室設置(訪問看護は昭和51年から実施)
5月 第2期工事完成
12月 自動再診受付機設置

昭和62年5月 第2期工事完成

昭和63年(1988)

4月 入院給食における選択メニューの開始

平成元年~平成9年

平成元年(1989)

11月 体外受精による不妊症治療開始

平成2年(1990)

7月 倫理委員会設置

平成3年(1991)

5月 オーダリングシステム開始
6月 自動診療費支払機が稼動

平成5年(1993)

10月 病院医療の質に関する研究会による病院サーベイを受審

平成6年(1994)

7月 地域医療連絡室JUNC開設
12月 7号館(外来、透析センター。現S棟)・連絡通路完成

平成7年(1995)

2月 ジュビロ磐田の契約医療機関として医師の派遣を開始
11月 救急部開設

平成8年(1996)

4月 エイズ拠点病院として承認
9月 堺 常雄副院長が院長に就任

平成9年(1997)

4月 周産母子センター開設
手の外科・マイクロサージャリーセンター開設
訪問看護室が訪問看護ステーション住吉と合併し、発展的解消
7月 (財)日本医療機能評価機構による病機能評価、初認定〈以降5年ごとに更新〉
8月 開放型病院の認可(浜松市・引佐郡・浜北市・磐周・浜名郡・磐田市医師会と開放型病院契約を締結し、共同診療を開始)

平成10年~平成19年

平成10年(1998)

4月 県内初、総合周産期母子医療センター開設

平成10年4月
総合周産期母子医療センター開設

平成11年(1999)

5月 聖隷浜松病院ホームページ開設
6月 脳卒中診療センター(現 脳卒中センター)開設
遺伝外来(現 臨床遺伝センター)開設

平成12年(2000)

4月 腎臓内科と脳卒中科のNST(栄養サポートチーム)が発足

平成13年(2001)

1月 第3期工事一部が完成(B棟)
セカンドオピニオンへの積極的な取り組みを開始
3月 第3期工事完成、救急センター(ICU・HCU病棟、救急外来)開設
4月 治験管理センター(現 臨床研究管理センター)開設

平成13年3月 B棟完成

平成14年(2002)

4月 院外処方箋運用開始
6月 病院敷地内全面禁煙実施
9月 患者患者図書コーナー「ほっとライブラリーすずらん」開設

平成15年(2003)

8月 腫瘍治療センター(現 がん診療支援センター)開設
12月 腫瘍治療センター(現 がん診療支援センター)開設

平成16年(2004)

4月 医師卒後臨床研修制度必修化、研修医の受入れ開始
6月 地域医療支援病院の承認
7月 DPC(包括医療費支払い制度)導入

平成17年(2005)

1月 地域がん診療拠点病院に指定

平成18年(2006)

1月 電子カルテシステムの導入開始(入院部門)
4月 クオリティマネジメント室(医療の質管理室・安全管理室・感染管理室)設置
7月 電子カルテシステムの導入開始(外来部門)
8月 聖隷PETセンター開設

平成18年8月 聖隷PETセンター開設

平成19年(2007)

12月 NPO法人卒後臨床研修評価機構による初認定〈以降、2年ごとに更新〉

平成20年~平成31年

平成20年(2008)

2月 地域肝疾患診療連携拠点病院の指定
4月 てんかんセンター開設
8月 緩和ケア病床開設
11月 ボランティアグループ「すずらん」緑授褒章受賞

平成21年(2009)

3月 2008年度の年間手術数が1万件を突破

平成22年 (2010)

4月 循環器センター、頭頸部・眼窩額顔面治療センター、地域連携サービスセンター開設
5月 救命救急センターの指定を受ける

平成23年(2011)

1月 平成22年度産科医療功労者厚生労働大臣表彰を受賞
10月 鳥居裕一副院長が院長に就任
院内助産システム開始

平成24年(2012)

3月 病院開設50年
11月 JCI(Joint Commission International)認証取得

平成25年(2013)

5月 第4期工事(第1期)完成
7月 ハイブリッド手術室稼動(手術室13室)
9月 アジア初となるサイレントMRI導入

平成27年(2015)

3月 高精度放射線治療装置TrueBeam STx設置
5月 第4期増築工事(第2期、C棟)完成
8月 JCI、2回目の認証
9月 患者支援センター開設、B棟1階に相談機能を集約
手術室を移転・増室(15室)
手術室2室間移動式CTを国内初導入
10月 ヘリポート運用開始

平成27年9月
手術室2室間移動式CTを国内初導入

平成28年(2016)

4月 内視鏡センター開設
ミニ公開講座「ホス地下」開始
YouTube公式チャンネル開設
7月 医局管理棟完成
A棟耐震工事完了
8月 許可病床(一般)750床に
手術支援ロボットダビンチXi導入
B棟改修工事完了
10月 臓器移植推進協力病院として厚生労働大臣より感謝状授与

平成28年8月
手術支援ロボットダビンチXi導入

平成29年(2017)

1月 デイサージャリーセンター開設
ジャパンインターナショナルホスピタルズの推奨病院に認証
5月 Wi-Fiサービス開始(外来)
9月 平成29年度救急医療功労者厚生労働大臣表彰を受賞
10月 聖隷浜松病院「LINE@」を開始
日本病院機能評価機構による病院機能評価、5回目の認定

平成30年(2018)

3月 モービルCCUと新生児救急車の機能を搭載した救急車の導入
4月 災害拠点病院の指定
聖隷浜松病院災害派遣医療チーム(DMAT)発足
7月 岡 俊明副院長が院長に就任
9月 JCI、3回目の認証

平成30年4月
災害派遣医療チーム(DMAT)発足

平成31年(2019年)

4月 リプロダクションセンター開設
Newsweek誌による「World's Best Hospitals 2019」トップ100に選出

令和元年~

令和元年(2019)

10月 土曜休診開始(一部の診療科を除く)

令和2年(2020)

4月 診療看護師と特定看護師が誕生
5月 放射線治療装置(サイバーナイフ M6)稼働
10月 リウマチセンター開設

令和3年(2021)

1月 総合周産期母子医療センター病棟で、入室管理用の顔認証システムが稼働
4月 Wi-Fiサービスを病棟へ拡大
7月 ヘルニアセンター開設
10月 S棟耐震化増改築工事の開始
12月 JCI、4回目の認証

令和4年(2022)

2月 広報誌白いまど 500号発行
3月 病院開設60年

令和4年2月
白いまど500号(写真は回顧展の様子)

PAGETOP