グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


ホーム  > 医師  > 外科系  > 眼形成眼窩外科 医師募集

眼形成眼窩外科 医師募集

募集について

聖隷浜松病院眼形成眼窩外科は、日本で唯一の診療科であり、眼瞼および結膜、眼窩、涙道などの外眼部とその周囲を主として扱う診療科です。
この領域は、眼科および形成外科、耳鼻咽喉科、脳神経外科、口腔外科などとの境界領域ですが、この分野を専門とする施設は全国にも少なく、全国各地から多くの患者様をご紹介いただいています。
当科の存在は、ひとえに部長を勤められた中村泰久医師および嘉鳥信忠医師の永年にわたるたゆまない努力による賜物であります。
当科ならではの治療としては、眼窩骨折整復術や眼窩腫瘍摘出術、義眼床形成術などがあげられ、年間症例数も全国に類を見ません。知識と経験、そして医学的根拠に基づく治療を志しています。当然のことながら、視機能のみならず、整容面での問題にも配慮するように心がけています。
特殊検査的治療として、涙道閉塞に対する涙道内視鏡および鼻内視鏡を導入し、より正確な治療を目指しています。
また、臨床だけでなく、学会活動も積極的に参加し、知識と技術の向上に努めております。
外来スタッフは、視能訓練士(ORT)、眼科コメディカル(眼科診療補助者)、看護師、医療秘書、受付がいます。医師が診察に専念できるよう、検査はすべて検査員が、診察介助や各種検査案内などは医療秘書が、予約は受付が行います。スタッフ全員が新しいことに対して、積極的に取り組む姿勢を持つことで、最大の効果を発揮できるよう業務改革や設備改善をはかり、効率的診療を心がけています。

眼形成眼窩外科を共に発展してくださる医師を募集しております。
当科にご興味のある先生方の見学を歓迎いたします。
将来のキャリアに関するご相談にも応じますのでお気軽にご連絡ください。
眼形成眼窩外科についてはこちらをご覧ください

募集要項

対象者眼科専門医 または 眼科専門医レベルの経験を有する医師
期間応相談
待遇常勤医師
給与は当院医師給与規定による
社会保険健康保険・厚生年金・雇用保険・労働保険加入・退職金制度
健康管理職員健康診断(年2回)・人間ドック補助
宿舎あり

医師・研修医 病院見学・実習申込・お問い合わせ