グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



  • 浜松市在住の皆さま
  • 静岡市在住の皆さま
  • 事業所・団体の皆さま
ホーム  > 外来診療  > 予防接種  > 子宮頸がん予防ワクチン(HPVワクチン)

子宮頸がん予防ワクチン(HPVワクチン)

子宮頸がんの原因として最も多く報告されている、HPV16型と18型の感染を防ぐワクチンです。
子宮頸がんのうちの60~70%を予防できるといわれています。
合計3回(初回、1ヶ月後に2回目、6ヶ月後に3回目)の接種で、HPV16型と18型の感染から、長期間、からだを守ることが可能です。
ワクチンは性経験のない女性が最も効果があるといわれており、11歳~14歳の女児が推奨年齢とされています。
成人女性(15歳以上の女性)が接種することも可能です。

【注意】
  • このワクチンは、すでに感染しているHPVを排除したり、子宮頸部の前がん病変やがん細胞を治す効果はなく、あくまで接種後のHPV感染を防ぐものです。
  • ワクチンを接種することでHPV16型と18型の感染を防ぐことはできますが、全ての発がん性HPVの感染を防ぐことができるわけではありません。ワクチンを接種していても子宮頸がんにかかる可能性はあります。
  • 子宮頸がんを防ぐためには、ワクチンの接種だけではなく、定期的に子宮頸がん検診を受けることが大切です。

【料金】
ご予約時にお問い合わせください。

実施施設

聖隷健康サポートセンターShizuoka
〒422-8006 静岡県静岡市駿河区曲金6丁目8番5-2号

ご予約・お問い合わせ

聖隷健康サポートセンターShizuoka
レディスクリニック
電話:054-280-6222(直通)
受付時間(祝日を除く):月曜日~金曜日 8時30分~17時/土曜日 8時30分~12時