グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 聖隷おおぞら療育センター  > 施設概要  > リハビリテーション部

リハビリテーション部

リハビリテーションとは

身体機能や知的機能、言語・対人機能などの発達に遅れがあるお子様に個別に関わり、お子様の持つ能力を最大限に引き出せるよう支援することを目標に取り組んでいます。
お子様やご家族のライフステージに応じて生じる悩み、問題に対して支援を行い、充実した生活ができるよう支援を行います。

理学療法
運動機能の発達を促す支援をします。
また、お子さんの運動機能や状態に合わせ、快適な生活をするための姿勢や補装具の作成を提案し、安全で快適な生活の支援を行います。
入所利用者に対して、呼吸リハビリを実施しています。

作業療法
発達段階に応じた作業活動(遊びや日常生活動作など)を設定し、上肢機能の向上や、目と手の協調性の向上、遊びが行いやすい姿勢の検討などを支援します。
また、遊びを通してコミュニケーションの促しや集団に適応した行動を支援します。

言語療法
当センター所属の言語療法士がいないため、聖隷三方原病院リハビリテーション部所属の言語療法士と連携しています。

訓練スタッフ

理学療法士6名、作業療法士4名

お問い合わせ先

電話:053-437-1920(外来受付)

受付時間:月曜日~金曜日の8時30分~17時00分