グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




ホーム > 看護部  >  職場紹介

職場紹介

院内の各病棟・部署で働く看護師や仕事の様子についてご紹介します。



A2病棟

A2病棟は、消化器外科・呼吸器外科・乳腺外科・耳鼻科・泌尿器科・血管外科の混合病棟です。

患者様は、様々な検査や外科的手術を受ける方・化学療法を受ける方・保存的療法を受ける方・放射線治療を受ける方と対象は幅広くなっています。入院して化学療法を導入しその後は通院で継続する方や訪問看護を利用し在宅で療養する方もおり外来や訪問看護との連携を図っています。
また、緩和サポートチームや緩和病棟との連携も図り患者様やご家族様が苦痛なく入院生活をおくることができるように努めています。

当病棟の看護方針は「患者様・ご家族に常に心をつくした看護を提供する」です。
医師、コメディカルと連携を図りスムーズに検査・治療を受けられるよう療養環境を整え安心と安らぎを持ち治療に専念していただけるようにスタッフ一人一人が心がけています.



A3病棟

A3病棟は整形外科の急性期病棟です。
私たちは安全で質の高いチーム医療を提供するためにコミュニケーションをとても大切にしています。
お互いの考えや気持ちを理解し合い、自分のことのように相手を大切に思う隣人愛に繋がっています。

当病棟では、小さいお子さんから高年齢の方まで幅広い年齢層の患者様が入院しています。月に80件から多い月で111件ほどの手術が行われていますが、私たちはまず、患者様が感じるすべての痛みに対応していきたいと考えています。
脊椎疾患の痛み(腰痛・頚部痛・下肢痛)や、関節疾患の痛み(股関節痛・リウマチ痛・膝痛・肩関節痛・肘関節痛)、手外科疾患の痛み、スポーツ外傷や事故による骨折の痛み、骨や骨軟部腫瘍の痛み・・・痛みは様々です。患者様の痛みを少しでも、いち早く和らげることを第一に考え病棟看護師や医師だけでなくリハビリ、薬剤師など、多職種と連携を図っています。

また、健康寿命延伸の重要性も実感しています。高齢の患者様に対しては、早期離床、早期リハビリが欠かせません。退院した後も地域医療機関のみなさまと連携し、健康寿命の延伸に取り組んでいきたいと思っています。



A4病棟

A4病棟は腎臓内科の病棟です。

患者中心の医療を提供するために、病棟看護師や医師だけでなく、臨床工学技士、MSW、退院調整看護師などの他職種や透析室、リハビリ、薬剤科、栄養科、医事課など病棟以外のスタッフが参加し、週に1回のカンファレンスを開催しています。そこで、患者さまの治療方針や問題点(退院後も含めた)を全員で共有し、問題解決に向けたチーム医療を実施しています。

CKDをご存知ですか?
ある基準で、尿蛋白の陽性や腎機能低下が見られる状態を慢性腎臓病(CKD)と定義しています。CKDは末期腎不全や心血管疾患の大きな危険因子であり、早期に発見・治療によりリスクを下げることができます。 今は糖尿病、高血圧と同等に慢性腎臓病対策を進めることは、国民の健康課題として重要な位置にあります。

私たちは、より良い看護を提供するために専門的知識と技術の習得、スキルアップや質の向上のためには様々な経験と学習が必要です。当院では、様々な院内研修が計画・実施されていますが、病棟内においても勉強会を行っており、医師より腎臓疾患についての概論や腎生検、シャント手術など日々関わっている事について学び、専門性を高めています。

検尿異常から始まり、CKD教育、療法選択、透析維持等のCKD全ステージの患者に対し専門性の高い患者中心の看護の提供を目標に、日々看護実践しています。

また、普段の日常生活と変わらず、入院生活が心地よく過ごせるように病棟内デイケア「ひだまり」を取り入れています。患者さんの個別性が引き出せるような関わりを認知症看護認定看護師と共有し、患者さんの療養生活の場としています。



A5病棟

明るく元気な仲間達です★

A5病棟は、「チーム医療における患者中心の看護を提供する。」「スタッフ一人一人がお互いを想い合い、助け合える働きやすい職場作りをする。」を病棟方針とし、『明るく・元気に!』をモットーにした職場です。

A5病棟の主な担当診療科は、内科(消化器、代謝・内分泌・腎臓内科)・小児科・眼科・耳鼻咽喉科等の50床の病棟です。

~糖尿病カンファレンス風景~

患者様に質の高い看護を提供するために、各係を中心に勉強会の企画運営を行っています。各認定看護師・外来看護師と連携を図り、患者・家族の支援を行っています。慢性疾患が主である為、患者・家族と関わることが多く、患者様との関係や家族看護も深めることができる病棟です。又、病棟業務で欠かせないヘルパーさん達の活躍もA5病棟の自慢であり、看護師と一緒に患者様の入院生活を支えてくれています。

A5病棟は、A号館の5階にある為、印旛沼を見渡す景色は素晴らしく、天気の良い日は富士山・筑波山・スカイツリーを見る事が出来ます。
毎月、季節の飾り付けは、クオリティが高く、A5病棟の自慢です。病棟を華やいだ雰囲気にしてくれています。是非、見に来て下さい。

A5病棟は、聖隷佐倉市民病院の中でもかわいいスタッフが多いと評判です。(自称)仕事前のキリッとした顔と仕事後のはっちゃけた顔を比較して頂きたいと思います。きっと辛いことも遠~くに飛んでいくと思います。



B2病棟

B2病棟は整形外科・循環器内科・乳腺外科・総合内科・脳神経外科の混合病棟です。

入院受け入れ患者様は、整形外科(上肢・腰椎の骨・関節手術や保存療法・回復期リハビリ)、循環器内科(虚血性心疾患・心不全・心臓カテーテル検査、治療)、乳腺外科・脳神経外科と多岐にわたります。

超高齢社会を背景に、様々な疾患や背景を持った患者様が入院されています。そして、混合病棟として、修得すべき技術や知識が多い環境であるため、各領域の認定看護師と共に、日々のケアの質が向上できるよう考えながら実践しています。患者様が、安全に安心して入院生活を過ごすことができるようスタッフ一同取り組んでいます。

疾病構造の変化に加え、医療に対する制度や考え方が大きく変化している今日、病棟方針を、「理念を大切にし、全身全霊で看護を提供する」と掲げ、患者様とその家族を大切に想い、思いやりのある医療の提供を目指しています。そして、常にアンテナを高くし、学習する組織として成長していきたいと考えています。

病棟スタッフは、20代から40代のベテラン看護師まで、年齢層も人物像も幅広く、人間関係も良好です。わからないことも先輩に聞きやすく、新人から中途採用者まで誰もが安心して働くことができるので、就職希望の方は、是非一度見学にいらしてください。お待ちしています。




B3病棟

病棟入口の風景

B3病棟は、地域包括ケア病棟として『病状の経過をみながら元の生活の場に帰る準備を進めたい・日常生活に不安を感じ、もう少し起きる、動く、口から食べる、飲み込む、などなど、のリハビリテーションが必要・ご自宅の療養準備が必要』など、病気は回復してきたけれど、元の生活に帰るには“もう少し”という、患者さんの治療と療養を目的とした役割を果たしています。

当病棟には、せぼねセンター、関節センターをはじめとする整形外科や、透析センターを有する腎臓内科、摂食・嚥下センターを支える耳鼻科、そのほかにも外科・脳外科・乳腺外科等多くの診療科の患者さんが入院されています。

B3病棟では、「人とふれあう生活の場」という環境づくりや、お一人おひとりのペースを尊重した療養生活の提案を心がけています。

みんなで『ロコモ体操』

ようこそ『さくらルーム』へ♪



C3病棟

C3病棟は、緩和ケア病棟です。
患者様の生命・生活の質を大切にして、与えられたいのちが輝くように…
そして、その人らしい人生が全うできるように一人ひとりの意志を尊重したケアを提供しています。また、身体的な苦痛を取り除くための治療を行なうだけではなく、孤独や不安など精神的な苦痛をやわらげ、患者様が今までと同じような生活が続けられるように支援していきたいと考えています。

専門性の高い緩和ケア看護の提供が出来るよう、院内の勉強会を計画しております。また、院外の研修会にも積極的に参加し、知識・スキルの向上に努めております。

病室は全室が明るく綺麗な個室です。また、窓から見えるサンセットは実にすばらしく心が和みます。日々の日常のひと時を大切に、ボランティアの方と協力しながら、病棟内の飾り付けや、お誕生日会や季節の行事等のイベントの開催もあり、苦しみを抱えていても素敵な笑顔に出会える病棟です。


外来

元気いっぱいの外来メンバー

外来スタッフは看護師42名、クラーク(医療秘書)21名、看護補助者4名の総勢67名を擁し「常に患者さんの視点を忘れずに、わかりやすく・迅速・安全な診療を提供し地域の皆様のニーズにお応えできる」ことを目指して診療を提供しています。
診療科は27科目、外来患者数は一日平均850名程です。
外来看護師の7割が多様な勤務形態をとっており、ワークライフバランスに配慮した多様な働き方が特徴的で働き続けるための職場作りにも力を入れています。患者さんだけでなく職員の労働環境にも優しい職場環境・風土が整っています。
聖隷の理念に基づき、どのような場面においても、思いやりのある対応で、患者さん、ご家族に、安心感と信頼感を与えられるよう接遇を心掛けております。

外来継続看護の必要な患者様に対しては、質の高い看護を提供するため、認定看護師による看護専門外来を開設しています。乳腺看護、生活習慣病、がん看護相談、ストーマ・スキンケア、CKDの看護専門外来では、患者さんからの相談や、質の高い医療・看護ケアにつながる支援を提供しています。また近隣の医療機関と連携して情報交換を図り、患者さんが安心して治療が受けられるよう心掛けています。

今後更なる外来看護の進化をめざして取り組んでおります。

診察室の様子

外来通院治療室の朝カンファ



画像・内視鏡外来

「患者様が安心して検査・治療が受けられるように、安全な医療・看護を提供する」・「スタッフがお互いを理解・尊重できる働きやすい職場作り」をモットーとして、内視鏡センター・放射線科及び放射線治療室において、検査や治療の介助を含めた看護を担っています。内視鏡や画像検査・治療に関する幅広い知識や技術を持ったスタッフも多数活躍しています。

内視鏡センターでは、経鼻・経口カメラを使用し食道・胃・十二指腸の検査等をする上部消化管内視鏡や、大腸の検査等をする下部内視鏡検査、肝臓・胆嚢・胆管・膵臓などの検査等を行なっています。看護師は、検査前後の説明や検査の介助・カメラの洗浄管理などを主な仕事としています。検査を受けられる方の背中に手を添え、呼吸法や力の抜き方などの声をかけ、検査を安全に、少しでも楽に受けられるように援助しています。


放射線治療科

放射線科では、血管造影やCT・MRIなどの様々な検査や治療を「安全・安楽・確実」に受けられるよう、放射線科医師及び放射線技師と協働しています。検査の前後にはタイミングを見計らいながら、わかりやすい言葉をかけ患者様に関わるなど看護を提供しています。
放射線治療の効果を最大に、副作用をできる限り抑えられ治療が予定通り実施できるように関わることが放射線治療室での看護です。看護面談を週1回設け、治療を受ける患者さまが、よりよい日常の過ごし方を考えられるよう、十分な情報提供や説明を心がけています。

内視鏡看護の経験がない方でも、大歓迎です。看護師としてのスキルアップを目指して、私たちと一緒に働きませんか?



手術・中央材料室

当手術室では、整形外科・外科・乳腺外科・呼吸器外科・形成外科・泌尿器科・眼科・内科・耳鼻咽喉科・血管外科の手術を行なっています。年々手術件数は増加傾向にあり(2017年度 総手術件数 2428件)、2部屋の手術室増設も決定しました。

職場方針として「患者中心で、患者の個別性を踏まえた安全・安心な手術看護を提供する」「専門職として自律し、お互いを思いやり働く事ができる職場をつくる」を掲げ、患者さんのために何ができるか、自分達が働く組織のために何ができるかを日々考え、仕事に取り組んでいます。

手術室では多職種と連携し合い、安全な医療・看護を提供するチーム医療を目指しています。手術・中材ならではの知識や技術を習得するための勉強会も活発に行なわれており、専門性を高めています。これからもより良い手術看護ができるよう、スタッフ一同で頑張ります。



透析室

当院の透析センターは、透析治療を必要となった末期腎不全患者様へ安心そしてスムーズな透析治療の導入を心がけ、社会復帰に向けた支援をさせていただいています。またすでに近隣の透析施設で透析治療を受けていただいている患者様が当院の腎臓内科だけでなく、他科にわたって入院治療や検査を必要とする透析患者様に対しても安心、そして快適な透析治療の提供をさせていただいております。

2016年12月から、101床(個室3床含む)の全床オンラインHDF対応の透析センターが稼働しております。また、センター内は透析治療が快適に受けられるように照明、採光、空調などに配慮した設計を取り入れ、心地よい空間の提供だけでなく、個室を完備し重症患者様の透析や肺結核、インフルエンザ、感染性胃腸炎を発症した場合などにも個別な対応ができます。そして患者様の状況に合わせ透析室内だけではなく、病棟に出向いた透析を行うことも可能です。

透析センターでは医師、看護師、臨床工学技士、看護助手、医療クラークがチーム一丸となって入院・通院の透析患者様への治療や看護を提供いたしております。
特に看護師は透析導入直前、透析導入期、維持透析期に至るまで、日常生活への自己管理に対しての援助や支援を行っております。腎センターの一翼を担うものとして腎臓病教室参加に加えて、CKD(慢性腎臓病)に対しても取り組み、CKDコーディネートナースやPD担当看護師を配置し、看護外来やPD(腹膜透析)外来などにも看護を展開させております。これからは院内連携から地域連携への参画など今まで以上に腎疾患の治療や看護の向上に日々努力してまいります。



看護相談室

退院調整看護師・看護相談員が医療ソーシャルワーカーと共に受診相談や療養相談、退院調整を行なっています。
患者さん・ご家族からの相談内容は多岐に渡り、豊富な知識と対応能力が必要です。そのため、豊かな経験と確かな対人援助力を備えたベテラン看護師が担当しています。

また、関連部署のスタッフや院外の福祉・医療関係者との協働が重要となります。病院内外の人と人をつなぎ、患者さんお一人おひとりの生活がより健やかで豊かになるようお手伝いしたいと考えています。

退院調整部門の打ち合わせ

看護相談


看護相談時間月曜日~金曜日 8:30~17:00
相談場所総合相談室(1階正面玄関の左)
※お電話でも結構です。043-486-8111
相談内容・退院後の生活での心配事
・介護保険について知りたい
・医師に聞きたいことがあるが言えずに悩んでいる
・病気や治療について、悩み事・心配事がある
※病院に対するご意見も受け付け、対応しております


専門・認定看護室

専門・認定看護室は、ある特定分野の看護を深く学んだ『認定看護師』の職場です。皮膚・排泄ケア、糖尿病看護、認知症看護、がん化学療法看護、慢性心不全看護、摂食・嚥下障害看護、がん放射線療法看護・救急看護の8領域12名の認定看護師が活動しています。それぞれが質の高い看護を実践するのはもちろん、組織として患者さんやご家族への看護ケアの質向上に貢献するというミッションを持って取り組んでいます。「どう看護したらよいかわからない」「これでよいのかと迷う」、そんな現場の“困った”に対応し、担当看護師や医療チームと共に患者さんを支援しています。また、認定看護師が中心となって『看護専門外来』を開設し、個別的できめ細やかな支援の提供と多職種連携の推進を行い、患者サービスの質の向上を目指しています。

更に専門・認定看護室では、大学院を修了したスタッフによる看護研究のアドバイスや専門・認定看護師を目指す看護師の相談支援など、エキスパートやスペシャリストナースの育成という役割を担っています。
患者本位の質の高い医療を実現するために自分を役立てたい、
努力したいというそこのあなた、私たちの仲間になりませんか?


感染管理、透析看護、緩和ケア認定看護師募集中!!


当サイトに関するみなさまのご意見をお聞かせください

質問1:このページの情報は役に立ちましたか?

質問2:このページは見つけやすかったですか?