グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




ホーム > 看護部  >  認定看護師

認定看護師

現在、9領域12名の認定看護師が活動しています。
それぞれの領域についてご紹介します。



   「こんなとき、どんなケアを提供すればよいのか」。認定看護師は、そんな現場の“困った”に対応し、担当看護師と共に二人三脚で患者さんを支援しています。
   また、『患者本位のより良質な医療』を実現するために、看護の力を効果的に用いた『看護専門外来』を開設しています。

認知症看護認定看護師

○ 高橋 道彦   ○ 井中 悠子

「認知症があっても困らない、入院生活の確立」を目指しています。

私達のテーマは「一般病院における認知症看護」です。
認知症を発症された方、また診断に至っていない方々は、他にも身体疾患を有している場合が少なくありません。それが悪化すると一般病院に入院しますが、環境の変化によりせん妄を起こしたり、認知機能のさらなる悪化を招いてしまうことがあります。そして認知症以外の入院目的(例:生活習慣病の治療など)が果たされず、退院を余儀なくされることも多く見られます。認知症を悪化させることなく本来の治療を受け、日常生活に戻って頂きたいと思っています。さらにご家族の介護相談などを通して、患者さんが安心して日常生活を送れるような環境を整えていきたいと考えております。



皮膚・排泄ケア認定看護師

○青木 佐紀子   ○髙野 弘栄

皮膚・排泄に関わる環境を整え、患者さんのQOLを高めます。

皮膚・排泄ケア認定看護師は、以前WOC看護認定看護師と呼ばれていた領域で、「創傷」「ストーマ(人工肛門・人工膀胱)」「失禁」に関するケアを専門的に行う看護師です。
創傷ケアでは褥瘡をもつ患者さんや褥瘡発生リスクの高い患者さんの体圧分散ケア、局所ケアについて院内ラウンドを行い、病棟スタッフや形成外科医師と褥瘡の早期治癒と発生予防に努めています。ストーマケアでは外科医師と連携をとりながら、入院中から退院後を通してストーマを造設された患者・家族の精神的サポート、ケア方法の指導、装具の紹介などを行っています。退院後も定期的にストーマ/スキンケア外来に受診していただき、日常生活上の悩み、晩期合併症など自宅での問題に関する相談を行なっています。失禁ケアでは便や尿失禁によっておこるスキントラブルのケアを中心に、失禁対策、失禁ケア用具の選択などに関してのアドバイスをしています。



糖尿病看護認定看護師

○髙橋 弥生   ○藤原 美穂   ○長谷川裕美

糖尿病と共に生きる毎日の生活のなかで、患者さん自身の力が発揮されるよう支えます。

糖尿病は、今では“国民病”といっても過言ではないくらい増えている病気です。また、毎日の生活習慣が糖尿病に影響することもあり、慣れ親しんだ生活習慣の変更が必要な場合は、「制限ばかり」と感じる方も少なくありません。そのような患者さんやご家族に対し、私たち、糖尿病看護認定看護師がお手伝いしています。糖尿病や合併症の発症を予防したり、悪化を防ぐための治療や生活の工夫を患者さんやご家族ができること、そして、糖尿病をもちながら、毎日の生活を健康的に自分らしく過ごしてもらうことを目指して看護を提供しています。また、糖尿病患者さんは、靴ずれの痛みや火傷の熱さなどが感じにくいことや、傷が治りにくいことがあるため、定期的に足の状態を確認しながら、ご自身で出来る足のチェックや管理方法をお伝えし、生涯、自分の足で歩くためのお手伝いをしています。



乳がん看護認定看護師

○ 成毛 育恵

乳がん患者さん・ご家族に寄り添い、治療中の不安を最小限にします。

乳がん看護認定看護師は、乳がん患者さん・ご家族からの治療の質問や、日常生活で困っていることなどの相談に対応しています。現在日本では乳がんにかかる女性が増えており、治療の方法も複雑化しています。また、他のがんに比べて罹患する年齢が若く、家庭や職場で大切な役割を担っていることが多いという特徴があります。そのため、個々のケースに合わせた細かな支援が必要であり、乳がん患者さん・ご家族により近い存在となり継続的な援助が出来るように態勢を整えています。
 一例として、当院では乳腺外科医の診察のほかに乳がん看護認定看護師による「乳腺看護外来」を開設しています。乳がんの治療は殆どが通院で行われており、日常生活と治療をうまく両立させることが重要となります。実際に治療を開始し、自宅で日常生活を送ってみて初めて分かる困難や不安は沢山あると推察されます。乳がん看護認定看護師の役割は、常に乳がん患者さん・ご家族に寄り添い、不安を最小限にすることと心がけて活動しています。



がん化学療法認定看護師

○ 髙林 菜穂子

長期にわたり日常生活の中で、がん化学療法を受ける患者さん・ご家族を支え、一人ひとりに合った確実で安全・安楽な看護の提供を目指します。

がん化学療法は、「手術療法」「放射線療法」「化学療法」のがん治療の一つであり、がん分野で大きな進歩を遂げている分野です。がん化学療法認定看護師は、抗がん剤の効果を最大限に発揮出来るように個別に薬の管理をし、患者さんへの副作用症状を最小限にする目的で、日々活動しています。また、患者さんが自身の目標とQOLの向上のため治療を継続出来るように、ご自身で副作用の対策とセルフケアを支援できるようお手伝いさせていただきます。近年、治療は複雑化し新たな治療薬の開発も進んでおります。高額な医療費の問題や治療の場が入院から外来(在宅)と移行しており、社会的・経済的なサポートも積極的に支援させていただきたいと考えています。長期にわたり生活をしながらがんと闘い、懸命に生きようとする患者さんの思いや意思を知り、一人ひとりの患者さんに合った看護の提供を目標に活動していきたいです。
今後は、乳がん認定看護師や緩和ケア認定看護師と協働し、がん患者さんの心身のケアなどにも努めていきたいと考えています。


冊子・メディア掲載

雑誌名:『継続看護を担う外来看護(Vol.22)』2017年2月10日発行
記事名:『がん化学療法院内看護師能力認証の取得にかかわる
                                                    モチベーションの維持・向上支援』
発行元:日総研



慢性心不全看護認定看護師

○ 宍倉亜希子

慢性心不全を抱える患者さんが安心して自宅療養できるようサポートします

心疾患を抱えている患者さんは心臓の機能を維持しながら生活していくために食事や水分、活動など制限がでてきます。
慢性心不全看護認定看護師は、患者さんとご家族の希望や意向を聴きながら、患者さんが望む生活を長く送れるよう、具体的な方法について一緒に考えていきます。また、心不全の原因や、薬や食事のことなど患者さんの困りごとは循環器医師や外来・病棟看護師、薬剤師、管理栄養士、理学療法士などの循環器医療チームが一丸となって最善を尽くします。


摂食・嚥下障害看護認定看護師

○ 馬目 美由紀

いつまでも美味しく安全に食べられる楽しみを支えます

食べる機能が低下している患者さんは、低栄養や脱水、誤嚥性肺炎、窒息など様々な危険が伴います。摂食・嚥下障害看護認定看護師は、最後まで、安全に、美味しく食べられる楽しみを支えるため、耳鼻咽喉科医師や言語聴覚士、歯科衛生士と管理栄養士と嚥下医療チームの一員として活動しています。具体的には、患者さんの状態に合わせた食事形態(トロミ食やペースト食)の検討や寝たきりの患者さんに対する口腔ケア、在宅介護も含めた食べる事・飲み込む事に関わる悩みや困難ごとに対して支援を行っています。


救急看護認定看護師

○ 森田 千秋

急激な状態変化に即した看護ケアの提供や不安の軽減に努めます

救急看護認定看護師には、病気やケガによる受診、入院中の急変など患者さんやそのご家族が危機的状況にある場合、早期に関わり、支援するという役割があります。素早い対応を行うことで1日も早く患者さんが心身共に健康を取り戻し、日常生活に戻れることを目標としているためです。そのため日頃から、患者さんの状態を短時間で的確に観察し、苦痛の緩和や状態の安定を目的とした看護を提供できるよう努力しています。
最近では一般の方でもAEDを使用する一時救命処置を受講することも多くなってきました。院内に於いても、従事する全ての職員が迅速な急変対応を行うことで患者さんやご家族が、より安心して入院生活を送れるように関わっていきたいと考えています。


がん放射線療法看護認定看護師

○ 神尾眞由美

安心して放射線治療が受けられるようサポートします

放射線治療と聞くと「副作用がひどい」「被ばくが怖い」と思い躊躇される方もいらっしゃいますが、副作用は少なく外来通院でも出来る治療法です。また、がんを治すだけではなく症状を和らげる効果もあります。世界のがん患者さんの50%以上が受けており、日本国内においても放射線治療を受ける患者さんは年々増加しています。
がん放射線療法看護認定看護師はその専門知識を活かしながら、放射線治療専門医や診療放射線技師、医学物理士とともに安全な放射線治療を提供しています。また患者さんやご家族の身体面、心理面、社会面に目を向け、放射線治療に関する相談や情報提供をしながら、安心して治療が受けられるようにサポートをさせていただきます。


感染管理認定看護師


当サイトに関するみなさまのご意見をお聞かせください

質問1:このページの情報は役に立ちましたか?

質問2:このページは見つけやすかったですか?