グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




婦人科

診療体制

産婦人科部長:安達 博
婦人科部長:小林 浩治

良性疾患から悪性疾患まで婦人科の疾患に幅広く対応します。主に地域のクリニックからの紹介患者さんを対象に手術を中心とした治療を行います。治療後は原則として紹介元にフォローをお願いしています。
近年は腹腔鏡手術やロボット支援下手術などの低侵襲手術に力を入れています。子宮筋腫などの良性疾患や、子宮体がんなどの悪性疾患に対しても積極的に低侵襲手術を行っています。当院は近年保険診療の適用となったいくつかの低侵襲手術(腹腔鏡下子宮体がん手術、ロボット支援下子宮体がん手術、腹腔鏡下傍大動脈リンパ節郭清術、腹腔鏡下子宮頸がん手術、ロボット支援下仙骨腟固定術)に対応しております。
また、当院は日本婦人科腫瘍学会専門医制度指定修練施設、日本産科婦人科内視鏡学会認定研修施設です。

主な対象疾患

主な対象疾患診療内容
子宮筋腫
子宮腺筋症
子宮内膜症
卵巣腫瘍
異所性妊娠
腹腔鏡下およびロボット支援下子宮全摘術、腹腔鏡下または腹腔鏡補助下子宮筋腫核出術、子宮鏡下子宮筋腫核出術、腹腔鏡下卵巣腫瘍摘出術、腹腔鏡下異所性妊娠手術
子宮を温存する特殊治療(子宮内膜アブレーション、子宮腺筋症核出術、子宮筋腫に対する子宮動脈塞栓・集束超音波治療)は行っておりません。希望ある患者さんは他院へご紹介します。
大量出血の緊急時は子宮動脈塞栓術を行います。
子宮頸がん手術療法、放射線治療、化学療法
初期症例に対しては腹腔鏡手術の適用があります。
子宮温存手術である広汎子宮頸部摘出術は行っておりません。適用のある患者さんについては他院(名古屋大学、慶応大学等)へご紹介しています。
放射線治療のうち腔内照射は浜松医大に治療を依頼しています。
子宮頸部円錐切除術は1泊2日となります。
子宮体がん手術療法、化学療法、放射線治療
初期症例に対してはロボット支援下手術、腹腔鏡手術の適用があります。
卵巣がん手術療法、化学療法、放射線治療
手術は主に開腹手術ですが、症例に応じて診断的腹腔鏡も行います。
骨盤臓器脱自己着脱式ペッサリー、腟式手術、腹腔鏡下およびロボット支援下仙骨腟固定術
子宮内膜ポリープ子宮鏡下子宮内膜ポリープ摘出術
2泊3日の入院となります。日帰り手術は行っておりません。
初期流産手動真空吸引法(MVA)で行います。1泊2日の入院となります。

専門外来のご案内

腫瘍外来

婦人科悪性腫瘍の診断、治療、フォロー

思春期・女性スポーツ外来

・専門医による思春期の疾患に対する治療及びカウンセリング
・スポーツをするすべての女性を対象に、適切なメディカルサポートを行うことにより快適なコンディションを提供するために、医師、管理栄養士、理学療法士などがサポート

検査と治療の特色

特殊医療機器

  • 腹腔鏡(3Dカメラ、4Kカメラ)
  • 超音波断層装置(カラードップラー)
  • コルポスコープ(子宮腟部生検のための拡大鏡)
  • 軟性子宮鏡装置(外来にて使用。診断用)
  • 硬性子宮鏡装置(手術室で使用。治療用)
  • 画像診断装置(CT、MRI、PET-CT)
  • ロボット支援下手術装置(da Vinci Xi)

医師紹介/実績紹介