グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ


ナーシング インディケーター


看護部では、「看護の可視化を通して社会に貢献する」ことを戦略基軸としています。
2008年度から目標のひとつに「看護の質の徹底追求を諮る」をあげ、その一環としてナーシング・インディケーター(看護指標)の作成を開始しました。2009年度からデータ収集を行っています。2018年の結果を公開します。(すべてPDFファイルです)

ナーシング インディケーターとは

ナーシング インディケーターとは、看護の質をあらわす指標です。アベディス・ドナベディアン(Avedis Donabedian)が提唱した「医療の質」評価の視点である「ストラクチャー」「プロセス」「アウトカム」を基盤にしています。

看護介入によって患者や家族にどのようなアウトカムをもたらすことができたかという視点から、ナーシング インディケーターを作成しました。また、ストラクチャー、プロセス、アウトカムのサイクルをまわし、質を向上させていくことを目指しています。

がん看護

看護ケア


PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

PAGETOP