グローバルナビゲーションへ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ





ホーム > スタッフブログ

スタッフブログ

「ベイクドチーズケーキ」を提供しました。

皆様は、毎月5日が「チーズケーキの日」であることをご存じでしょうか。
この記念日は、語呂合わせからきています。何の語呂合わせで、5日になるのだろうと不思議に思った方もいるのではないでしょうか。チーズケーキは、その名の通り、乳製品のチーズが主原料です。昔、日本ではチーズのような乳製品のことを「醍醐」と呼んでいました。「醍醐」→「第五」→「毎月5日」となり、毎月5日が「チーズケーキの日」に制定されたそうです。
栄養管理課では、皆様に楽しんでいただけるように、「ベイクドチーズケーキ」を提供しました。

(2021年4月5日栄養管理課)


ひな祭り献立を提供しました。

皆さんは、「流しびな」という言葉を耳にしたことがあるでしょうか。これは、人形に災厄を移して、水に流す行事からきているそうです。この人形を室内に飾るようになったのが「ひな祭り」の起源と言われています。
そして、旧暦の3月3日は、桃の花が咲く頃であったため、「桃の節句」とも言われるようになりました。
栄養管理課では、季節の行事をお楽しみ頂けるように、桃の花をイメージした「ひな祭りゼリー」を始めとする、雛祭り献立を提供しました。

(2021年3月3日栄養管理課)



花壇に「夢」を植えました。

2021年2月24日(水)病院職員(有志)により「病院を利用する方に花を見て、あたたかい気持ちになって欲しいという」想いを込めて、病院玄関付近の花壇に「マーガレット」をはじめ、「昇り藤」と呼ばれている「ルピナス」や「オステオス」など色彩豊かな花々が植えられました。

病院に来院される際は、ぜひご覧ください。

(2021年2月25日 経営企画室W)



家族介護教室「終活について」講座で当院 原看護師が講演(2/22)

聖隷沼津病院 
緩和ケア認定看護師 原看護師

2021年2月22日(月)千本包括支援センタ-主催による家族介護教室「終活について」講座で当院の緩和ケア認定看護師 原看護師が講演を行いました。

講演では、元気なうちから始めましょう「人生会議」をテーマとして、もしバナゲーム(もしもの時の)や実際に看護師・患者家族として関わったエピソードをもとに、今後の人生をどう生きていくか考えることの大切さや自分が大切にしていることを日頃から家族と共有しておくことの大切さを解説しました。

原看護師より、大切なこととして「今をより大切に生きる」ためのきっかけとして、人生会議を始めましょう」と伝えられました。

来場された方からは「コロナ禍で家族と会う機会が減っているため、会える時間を大切にしていきたい。講演ありがとうございました。」と感謝の言葉をいただきました。

今後も地域のために、医療知識の提供に努めさせていただきます。
よろしくお願いいたします。

(2021年2月24日 経営企画室W)




会場の様子①

会場の様子②


【出張】新型コロナウイルス感染対策ラウンドセミナーin株式会社 明電舎 沼津事業所

株式会社 明電舎 沼津事業所

2021年2月17日(水)当院呼吸器外科 中里医師講演による新型コロナウイルス感染対策ラウンドセミナーが株式会社 明電舎の職員の方を対象に開催されました。

本セミナーは、新型コロナウイルス感染症の一般企業の施設内でのクラスターを未然に防げくため、「職員ひとりひとりが感染経路を理解した上で感染リスクを見出し、意識を持って、必要な感染対策を行えるように」という中里医師の思いが込められております。

ラウンドセミナーでは、職員の方と施設内をラウンドしながら、各フロアで想定される飛沫・接触などの感染シチューエーションや感染対策の目的を確認、必要に応じて、解説を行いました。

ラウンドエリア
・食堂棟
・ロッカールーム
・事務所
・工場(第5・第10)

感染対策セミナーでは、会場とWEB配信を併用しながら、職員の方に感染経路と感染対策について、解説を行いました。

中里医師より、大切なこととして、「感染対策を多重に行ったからといって、効果の上積みが期待できるわけではない。感染経路を理解した上で必要な対策を継続的に行うことが大切である。」と伝えられました。

質疑応答では、「風邪症状が確認された職員はどうしたら良いか?」「メディアで取り上げられているマウスシールドは効果があるのか?」など、参加した方より、たくさんのご質問をいただきました。

地域のために、医療知識の提供に努めさせていただきます。
今後ともよろしくお願いいたします。

※無料出張講座お受けしております。
担当窓口:聖隷沼津病院 経営企画室(電話:055-952-1000(代表))

(2021年2月18日 経営企画室W)


ラウンドの様子①

ラウンドの様子②

感染対策セミナーの様子


【出張】新型コロナウイルス感染対策ラウンドセミナーin和みの郷

2021年2月15日(月)当院呼吸器外科 中里医師講演による新型コロナウイルス感染対策ラウンドセミナーが和みの郷の職員の方を対象に開催されました。

本セミナーは、新型コロナウイルス感染症の施設内でのクラスターを未然に防げくため、「職員ひとりひとりが感染経路を理解した上で感染リスクを見出し、意識を持って、感染対策に取り組めるように」という中里医師の思いが込められております。

ラウンドセミナーでは、職員の方と施設内をラウンドしながら、各フロアで想定される飛沫・接触などの感染シチューエーションや感染対策の目的を確認、必要に応じて、解説を行いました。
中里医師より、大切なこととして、「感染対策をなでもやることが重要ではなく、感染経路をしっかり理解し、リスクに応じて、感染対策を行うことが大変重要となる。また、職員が施設内にウイルスを持ち込む可能性を想定したうえで、感染対策を講じて欲しい。」と伝えられました。

質疑応答では、「ガウンを着用する必要性と必要な場面は?」「食器類の取り扱い方法はどうしたら良いか?」など、参加した方より、たくさんのご質問をいただきました。

地域のために、医療知識の提供に努めさせていただきます。
今後ともよろしくお願いいたします。

※無料出張講座お受けしております。
担当窓口:聖隷沼津病院 経営企画室(電話:055-952-1000(代表))

(2021年2月17日 経営企画室W)



【御礼】2021 SEIREI NUMAZU HOSPITAL バレンタインコンサートを2月13日(土)開催

2021年2月13日(土)に当法人の管理棟4階第1会議室で沼津法人会様のご厚意によりLumie Saxophone Quartet様によるバレンタインコンサートが開催されました。

G線上のアリアをはじめ、美空ひばり名曲メドレーなど古き良き時代の名曲が演奏され、力強く優しい音色が会場を包み込みました。

ご来場された方からは「素敵な音色だった。」「生演奏を聴けて良かった。」
など、暖かいメッセージを多数いただきました。

一時は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、開催が危ぶまれましたが、無事開催することが出来ました。これもひとえに皆様のおかげと心より感謝しております。

■沼津法人会様へ■
この度は、開催にあたりご協力ありがとうございました。
今後も病院を利用する方がかたにやすらぎのひとときを
提供出来るよう励んでいきたいと思います。
今後ともよろしくお願いいたします。

(2021年2月13日 経営企画室W)



【感謝】そばの実 千の松様よりだし巻きたまごサンドを寄贈いただきました。

2月10日(水)に当法人の管理棟2階にある在宅サービス部門「聖隷訪問看護ステーション千本」でそばの実 千の松様より、スタッフ28名分のだし巻きたまごサンドが寄贈されました。

このだし巻きたまごサンドは、そばの実 千の松様が「医療現場を元気にしたい」というあたたかい思いからクラウドファンディングを企画し、地域にお住まいの100名以上のかたから支援され、卵90個・だし4Lから作られたものです。

受け取った櫻井所長は「こんなあたたかいプレゼントをいただけるとは思ってもいなかった。地域の方から支援していただいて、涙が出るほど嬉しい。より一層在宅サービスに力を入れていきたい」と感謝の言葉を述べました。

ブログ作成者コメント)
100名以上の支援により、作られただし巻きたまごサンドは元気100倍だし巻きたまごサンドといっても過言ではないでしょう。

(2021年2月10日 経営企画室W)



抹茶ゼリーを提供しました。

皆様、2月6日が「抹茶の日」であることをご存じでしょうか。
この記念日は、語呂合わせからきています。何の語呂合わせで、抹茶に繋がるのだろうと思った方もいるのではないでしょうか。実は、茶道で使用される道具の「風炉(ふろ)」から「ふ(2)ろ(6)」と読む語呂合わせで、2月6日に制定されたそうです。
栄養管理課では、皆様に楽しんでいただけるように抹茶ゼリーを提供しました。
(2021年2月6日栄養管理課)


【出張】新型コロナウイルス感染対策ラウンドセミナーin沼津のぞみの里

沼津のぞみの里

2021年2月1日(月)当院呼吸器外科 中里医師講演による新型コロナウイルス感染対策ラウンドセミナーが沼津のぞみの里の職員の方を対象に開催されました。

本セミナーは、新型コロナウイルス感染症の施設内でのクラスターを未然に防げくため、「職員ひとりひとりが感染経路を理解した上で感染リスクを見出し、意識を持って、感染対策に取り組めるように」という中里医師の思いが込められております。

ラウンドセミナーでは、職員の方と施設内をラウンドしながら、各フロアで想定される飛沫・接触などの感染シチューエーションや感染対策の目的を確認、必要に応じて、解説を行いました。
中里医師より、大切なこととして、「感染経路をしっかり理解し、リスクに応じて、感染対策を行うことが大変重要となる。また、職員が施設内にウイルスを持ち込む可能性を想定したうえで、感染対策を講じて欲しい。」と伝えられました。

質疑応答では、「入浴介助中はマスクをしたほうが良いか?」「消毒するならアルコールと次亜塩素酸どちらが良いか?」など、参加した方より、たくさんのご質問をいただきました。

地域のために、医療知識の提供に努めさせていただきます。
今後ともよろしくお願いいたします。

※無料出張講座お受けしております。
担当窓口:聖隷沼津病院 経営企画室(電話:055-952-1000(代表))

(2021年2月3日 経営企画室W)



【出張】新型コロナウイルス感染対策セミナーin沼津市原地区センター

2021年1月23日(土)当院呼吸器外科 中里医師講演による新型コロナウイルス感染対策セミナーが沼津市原地区にお住まいの方を対象に開催されました。

本講演は、新型コロナウイルス感染拡大に伴い、様々なイベントが開催自粛される中で、「やらない選択は簡単だが、すべて中止だと社会が破綻する。どうやったら開催が可能か考えること」という中里医師の思いが込められております。

講演では、接触感染・飛沫感染などの感染経路や集団感染発生のシチュエーションなどを丁寧に解説しました。
また、大切なこととして、「場所や状況に合わせて、自分に合った対策を自分で考えて行うことが大事」とお伝えをしました。

質疑応答では、「感染後の後遺症について意識したほうがよいか?」「ロックダウンすることで感染拡大の抑制にいたったのに今やらないのはなぜか?」など、参加した方より、たくさんのご質問をいただきました。

地域のために、医療知識の提供に努めさせていただきます。
今後ともよろしくお願いいたします。

※無料出張講座お受けしております。
担当窓口:聖隷沼津病院 経営企画室(電話:055-952-1000(代表))

(2021年1月26日 経営企画室W)



【出張】新型コロナウイルス感染対策ラウンドセミナーin沼津市立高尾園

沼津市立高尾園

2021年1月12日(火)当院呼吸器外科 中里医師講演による新型コロナウイルス感染対策ラウンドセミナーが沼津市立高尾園の職員の方を対象に開催されました。

本セミナーは、新型コロナウイルス感染症の施設内でのクラスターを未然に防げくため、「職員ひとりひとりが感染経路を理解した上で感染リスクを見出し、意識を持って、感染対策に取り組めるように」という中里医師の思いが込められております。

ラウンドセミナーでは、職員の方と施設内をラウンドしながら、各フロアで想定される飛沫・接触などの感染シチューエーションや感染対策の目的を確認、必要に応じて、解説を行いました。
中里医師より、大切なこととして、「感染経路をしっかり理解し、リスクに応じて、感染対策を行うことが大事であり、そのためには、職員ひとりひとりが意識をすることが大変重要となる。」と伝えられました。

質疑応答では、「洗面所の感染対策をどうしらた良いか?」「利用者さんの病状変化をどう見極めたら良いか?」「布・不織布マスクの使い分けはどうじたら良いか?」など、参加した方より、たくさんのご質問をいただきました。

地域のために、医療知識の提供に努めさせていただきます。
今後ともよろしくお願いいたします。

※無料出張講座お受けしております。
担当窓口:聖隷沼津病院 経営企画室(電話:055-952-1000(代表))

(2021年1月13日 経営企画室W)


ラウンドセミナーの様子①

ラウンドセミナーの様子②

講演会場の様子


お正月におせち料理を提供しました。

お正月と言えば、「おせち料理」ですよね。おせち料理は、節と言われる季節の変わり目ごとに、豊作に感謝して神様にお供え物をした「節供」に由来しています。
栄養管理課では、新しい年が皆様にとって、幸多き年となりますよう願いを込めて、元旦におせち料理を提供しました。
「伊達巻」は、見た目が書物のような巻き物の形をしており、「知識が豊富になるように」という願いが込められています。
「煮しめ」は、根菜を中心にした具を一緒に煮込むので、「家庭円満」の意味があります。煮しめで提供した里芋は、親芋から小芋がたくさん出来ることから「子孫繁栄」を表しています。
「紅白なます」は、土の中に根を張る根菜のように「末長い幸せ」を祈って食されます。また、紅白のお祝いの水引をイメージしており、「平和を願う」ともされています。
かにつみれ汁としてお出しした「カニ」は、大きなハサミを上下に振る姿が「幸運を招いている」と考えられ、縁起を担いでいます。
(2021年 元旦 栄養管理課)




当サイトに関するみなさまのご意見をお聞かせください

質問1:このページの情報は役に立ちましたか?

質問2:このページは見つけやすかったですか?