グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




ホーム > 看護部  >  先輩ナースの声

先輩ナースの声


2018年4月入職

1年目は、わからないことや、できないこと、ミスも多く、辛い時期もありました。しかし、先輩看護師に質問すると、怒らずに的確にアドバイスをもらえたり、できていることを評価してもらうなど、いつも気にかけてもらいました。また、同期仲も良く、全員でご飯を食べに行ったり、研修中の休憩時間に会話で盛り上がったりし、仕事での辛さや楽しさを共感でき、日々の励みになりました。こうした病棟や院内での人と人との風通しの良い環境で仕事ができることが魅力ではないでしょうか。

2017年4月入職

私は病院を選ぶ際、千葉県内の様々な病院のインターシップに参加しました。当院のインターシップに参加した際、看護師が忙しい中でも患者さんと丁寧に関わる姿勢や患者さんのことを一番に考えて働いている姿をみて、当院を就職先に選びました。就職してからは外科病棟で働いています。患者さんが疾患と上手に付き合っていくお手伝いができるような、また少しでも不安や苦痛がなく入院生活を過ごせるような関わりを目指して日々働いています。
 今年で入職して2年目になります。初めてのことばかりの1年目には新人研修があり、必要な知識・技術を学びます。研修での学びは2年目になった今でも大切にしており、看護師として働く自分の支えになっています。
 また、プリセプターをはじめ病棟の先輩方は日々自分のことをよく見てくれており、気にかけてくれています。そのため相談しやすく、チームで助け合いながら患者さんを第一に考えて働ける職場です。これからも安心して自分らしく働ける職場で自分の看護観を深めつつ、患者さんとの関わりを大切にしながら成長していきたいです。

聖隷佐倉市民病院に入職し、2年目になりました。B2病棟は、主に循環器内科と整形外科の混合病棟になります。去年、新人として右も左もわからない私を、先輩方は親身になって指導してくださいました。新人の技術の習得具合をチームメンバーで共有しているので、自分の実施したことがない技術があった場合には、先輩から声をかけてくれることがあり、多くの経験を積ませてもらいました。
男性看護師の数は少ないですが、そのことはあまり気になりません。なぜなら、病棟の雰囲気は明るく働きやすい職場だと思います。整形外科の患者様と循環器内科の患者様とでは、アセスメントの視点も異なり学ぶことが多いですが、日々、目的・目標を持って先輩方に追いつけるように頑張っています。


私が当院を選んだ理由は、インターンシップの際に患者さん一人ひとりと目線を合わせて看護を行う先輩看護師の姿を見たこと、また新人教育などの教育プログラムがしっかりしていることから、この病院で働きたいと思ったからです。
現在内科病棟で働いていますが、内科病棟に入院してくる患者さんの多くは、疾患を抱えながらも退院後の生活を送ることになります。入院中から他職種と連携しながら退院後を見すえて、セルフケアの獲得や日常生活の注意点などを指導していくことで、それぞれの個別性に合った看護を行っていきます。
1年目は技術も看護観も未熟で不安がつきまとう毎日でした。しかし1年を通して充実した研修を受けることができ、病棟の先輩からの優しく、時に厳しい指導の元で自信をもって患者様の所へ行けるようになりました。
忙しい日々の中でも「ありがとう」という言葉を頂けたときや、笑顔で退院される姿を見たときにはやりがいを感じることができます。これからも患者さんとの関わりを通して自分の看護観を高め、気持ちに寄り添える看護を提供できるよう日々努力していきたいと思います。

私は、聖隷佐倉市民病院のインターンシップに参加し、病棟の温かみのある雰囲気にふれ、就職を決めました。現在は、循環器内科・整形外科・脳外科・総合内科の混合病棟で働いており、慢性期・急性期の様々な患者様と関わることができます。週に1回のカンファレンスや定期的な勉強会の開催があり、さらに先輩方は病棟全体で個々に合わせた指導してくれるので、日々多くのことを学ぶことができます。明るく温かい職場で、先輩方に支えられ、楽しくやりがいを感じ、看護を実践しています。今後も先輩方に少しでも近づくことができるように成長していきたいと考えています。


私たちは聖隷佐倉市民病院に入職して2年がたちました。
当院を選んだ理由は実際インターンシップに行き病棟の雰囲気を知り、ここで働きたいと思ったからです。就職してからは1年目が集まる研修はもちろん、病棟で先輩方からのサポートのもと知識、技術を深めることができました。A4病棟は腎臓内科のため慢性疾患を抱えている患者さんが入院されます。そのため日々の関わりや患者さんへの日常生活の指導が重要となり責任は重いですが、それとともにやりがいを感じることができます。
入職時は、日々新しい技術や知識を覚えることに必死で辛いと思った時期もありました。その時には先輩方がじっくり話を聞いてくださり、また温かく丁寧に教えてくださったため、ここまで続けてくることができました。
今後も多くのことを学び成長し続け患者さんの気持ちを大切にできる看護師になれるよう日々頑張りたいと思います。

中堅ナース

入職してから4年8ヶ月、A2病棟に異動になり2年半になります。A2病棟は外科病棟で、内科から異動したばかりの頃は、初めてのことが多く、とても不安でした。しかし、忙しい中でも先輩方が分からないことを丁寧に説明してくれたことで、徐々に外科の看護を知り、やりがいを感じながら働くことができています。手術や抗癌剤治療も多く、忙しい病棟ですが、その分学べることも多いと思います。A2病棟のスタッフは協調性を大事にしており、大変な時もみんなで助け合って乗り越えています。また、個性的で楽しいスタッフが多く、忙しい中でも笑顔が絶えない病棟です。

私は当院に入職して4年目になりました。現在はA4病棟で勤務しており、先輩方に助けて頂きながらプリセプターとして新人指導を担当しています。
A4病棟では、CKD教育からシャント造設術、透析導入まで、患者様それぞれ経過は違いますが、病状や治療の流れをしっかり学ぶことができます。CKD教育では患者様それぞれの個性や生活背景に合わせた指導が必要になるため、知識はもちろんコミュニケーション力も身につけることができました。
A4病棟には明るくて優しい、頼れる先輩方ばかりです。患者さんへの対応や、新人指導で悩んでいる時はもちろん、時にはプライベートなことでも、気軽に相談することができ、毎日楽しく仕事をしています。私も早く先輩方の様な頼れる看護師になれるよう、これからも日々努力していきます。


A5病棟は内科混合病棟です。急性期から慢性期まで患者さんの病状も様々で幅広い疾患、年齢の患者さんと関わることができます。覚えることや勉強すべきことも多いですが、看護師として成長できるチャンスがたくさんある病棟でもあります。
先輩方からの知識面、技術面でのサポートもあり、わたしは4年間働き続けることができています。和気あいあいとした雰囲気で、先輩、後輩関係なく助け合えるそんな病棟です。
A5病棟でみなさんと一緒に働ける日を楽しみにしています!

当サイトに関するみなさまのご意見をお聞かせください

質問1:このページの情報は役に立ちましたか?

質問2:このページは見つけやすかったですか?