グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 診療科・センター・部門  > センター部門  > 総合周産期母子医療センター

総合周産期母子医療センター

更新日:2016年11月28日

診療体制

センター長・産婦人科部長 村越 毅

センター長・産婦人科部長:村越 毅

総合周産期母子医療センターとして、産科・周産期科(ハイリスク産科)・新生児科・小児科・小児外科・麻酔科をはじめ、院内各診療科と連携のうえ、“母と子の健康”を守る体制をとっています。
聖隷浜松病院総合周産期母子医療センターは、救命救急センターの機能を有する総合病院であることに加えて、こども病院的な診療機能を有することで、「母体・新生児型」の総合周産期母子医療センターとして24時間体制で“母と子の健康”を守る体制をとっています。院内の関連各科との協力のもとに、母体合併症妊娠(糖尿病、高血圧、心疾患、膠原病、甲状腺疾患、脳神経疾患、精神疾患など)から母体救急救命疾患、小児外科疾患、小児心臓疾患、小児脳神経疾患など、様々な疾患に幅広く対応可能な体制をとっています。
採用情報はこちら(別ウィンドウで開きます)

主な対象疾患

産科・周産期科部門

妊娠合併症(切迫流早産、妊娠高血圧症候群、前置胎盤、常位胎盤早期剥離、胎児発育不全、妊娠糖尿病など)、合併症妊娠(高血圧、糖尿病、甲状腺機能異常、膠原病、自己免疫疾患、てんかん、脳血管疾患、呼吸器疾患など)、胎児異常(胎児心疾患、外科疾患、神経疾患、泌尿器疾患、血液疾患、染色体異常など)、多胎妊娠、胎児治療(双胎間輸血症候群、無心体双胎、胎児胸水、胎児貧血、胎児不整脈など)、習慣流産、不育症、その他妊娠分娩産褥に関わる疾患

関連する各診療科と連携し最善の診療に提供するように努めています。また、全国でも数少ない胎児治療センターとして、胎児期の診断および治療も積極的に行っています。

新生児部門

早産児、低出生体重児、新生児仮死、低血糖、外科的疾患、先天性心疾患、適応障害、黄疸、感染症など
治療を要する全ての病的新生児が最善の診療を受けられるように努めています。

検査と治療の特色

総合周産期母子医療センター

  • 地域周産期医療のボトムアップと連携強化のための地域システム構築および維持活動
  • 周産期医療向上のための研究、調査、教育活動

産科・周産期科部門

  • 胎児治療:双胎間輸血症候群に対する胎児鏡下胎盤吻合血管レーザー凝固術、無心体双胎に対する無心体血流遮断術、胎児胸水に対する胎児胸腔羊水腔シャント術、胎児貧血に対する胎児輸血など
  • 遺伝相談外来・妊娠前相談外来:合併症や前回の妊娠異常、遺伝に関する相談などに対して、妊娠中のみならず妊娠前から積極的に診療を行っています
  • 母体救命救急・合併症妊娠:各科との連携のもとに高度な医療を提供します
  • 死産児に対するグリーフケア

新生児部門

  • 産科と連携した胎児治療、妊産婦家族支援
  • 新生児救急搬送(収容、三角搬送)
  • 救命のための最新の高度集中治療
  • 入院中の親子関係確立支援を目指したfamily-centered careの実践
  • 絶対的予後不良症例への緩和医療
  • 死亡症例へのグリーフケア
  • 退院支援/育児環境構築支援
  • 退院後の発育発達フォロー、介入、治療、育児支援

連携診療科

静岡県西部周産期勉強会

医師紹介/実績紹介