グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


ホーム  > 医療技術職  > 臨床検査部  > 各分野の紹介  > 輸血検査

輸血検査

輸血療法室

今日の臨床現場では、輸血を管理する臨床検査技師を中心とした医療従事者の輸血安全管理に対する責任が重くなり、輸血医療の安全を確保するため積極的に活動する必要性が高まってきています。
適合血を供給するという従来からの輸血検体検査(血液型検査、抗体スクリーニング、クロスマッチなど)に加え、臨床支援(自己血貯血管理、細胞療法(細胞治療))や教育研修、院内輸血療法委員会を中心とした安全な輸血管理体制の構築、適正使用の推進、また輸血専門家としての院内各部署への啓蒙・啓発、アドバイス、コンサルテーションなどに関与しています。
何よりも、輸血療法には臨床医との緊密な連携が必要です。そして、正確に的確に迅速に対応が出来るかが問われます。
忙しい毎日ですが、医師からの「ありがとう!」の声を支えに頑張っています。

クロスマッチ            血液製剤照射            血液製剤分割

クロスマッチ        血液製剤照射        血液製剤分割