グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



入院のご案内


ホーム  > 入院のご案内  > 病棟のご案内  > 緩和ケア病棟

緩和ケア病棟

緩和ケアの特徴 3つの支援

当院の緩和ケアには、緩和ケア病棟緩和ケア外来一般病棟での緩和ケアチームによる3つの支援があり、皆さまの
ご希望にお応えできるようになっています

緩和ケア病棟とは

クリックするとパンフレットが
閲覧できます。

がん患者さんを対象とした、からだと心の苦痛緩和のための治療とケアを行う専門の病棟です
在宅療養を行っている、がん患者さんの介護者が休息するために、患者さんの一時入棟としても
利用できます。

パンフレットの印刷用にご利用ください


緩和ケア病棟の理念

隣人愛の精神のもと、地域に暮らす人びとがその人らしく、尊厳を持って最期まで生き抜くことができるよう緩和ケアを提供します

緩和ケア病棟の入棟基準・退棟基準

【入棟基準】
 1.患者さんとご家族にがん(悪性腫瘍)の病名が告知されており、緩和ケア病棟入棟後、がんに対する
  積極的な治療を行なわないことを理解されていること
 2.緩和されるべきがんによるつらさがあり、患者さんとご家族が入棟を希望していること
 3.心臓マッサージや気管内挿管など、苦痛を伴う延命処置を行わないことに同意していること
 4.以下の状況の患者さんについては、入棟をお断りする場合があります 
  ①緩和すべき症状がなく、介護が入棟の主な目的になる場合
  ②大声をあげる、暴力をふるうなど、他人に影響を与えると判断された場合

【退棟基準】
 1.患者さんやご家族が退棟を希望するとき
 2.患者さんやご家族が化学療法や放射線療法などのがん治療や延命処置を希望するとき
 3.がん以外の病気があり、その治療を優先する必要があるとき
 4.がんによる苦痛症状が緩和され、病状が安定したと判断されたとき

緩和ケア病棟の特徴

祈りの部屋

●患者さんとご家族が自由に利用できる、比較的広いスペースの「祈りの部屋」を
 ご用意しております。
 大切な記念日を過ごしたり、大勢で面会したりする場所として、また、一人きりで
 リラックスして過ごしたいときの空間として、どなたさまもご利用することができます。
●患者さんやご家族の希望に合わせて外出・外泊ができます。
●室内でパソコンの利用ができますが、インターネットの設備はありません。
 当院の医療情報システムに影響を及ぼす可能性があるため、モバイルルーターなどの
 Wi-Fi通信機器は、ご使用をお控えください。

費用について

緩和ケア病棟の入院治療にかかる診療費は、健康保険を利用した高額療養費制度が適用されます。
なお、室料差額、食事代、日用品のレンタル(アメニティセット)には別途費用がかかります。

緩和ケア病棟は生活保護世帯の方もご利用いただけます。
また、身寄りのない方には後見人制度の手続きを支援しています。

設備と室料

室料部屋数室内備品
有料個室16,500円/日(税込)6室トイレ、テレビ、冷蔵庫、ソファベッド
11,000円/日(税込)3室
無料個室0円/日(税込)5室トイレ、テレビ・冷蔵庫(有料)、ソファ
2人室0円/日(税込)3室テレビ・冷蔵庫(有料)、椅子

※緩和ケア病棟紹介動画準備中※

家族控室(2室)

ご家族が休憩や宿泊に利用できるお部屋をご用意しております。
ご希望の際は、スタッフへお声掛けください。

デイルーム

患者さん・ご家族がご自由に利用できる空間です。
ご家族との食事やティータイムに利用したり、病棟内でのイベント、コンサートなどの
開催を予定しています。

キッチン

患者さん・ご家族がご自由に利用でき、家庭の味を楽しむことができます。

浴室

体力が低下して介助が必要となっても気持ちよくお風呂に入りたいものです。
寝たまま入浴することができる介護浴室がありますので予約制でご利用いただけます。
シャワー浴ができる方は、病棟内のシャワー室をご利用ください。

洗髪台

患者さんの体調に合わせ、シャンプーなどにご利用いただけます。
ご希望がありましたら、訪問理美容サービスをご利用いただけます。

ご利用のお申込

印刷用にご利用ください


緩和ケア病棟のお申込方法

1.緩和ケア病棟入棟相談外来のご予約

緩和ケア病棟への入棟を希望される患者さん・ご家族は「緩和ケア病棟入棟相談外来」を受診していただく必要があります。
入棟相談外来のために、以下の資料をご準備ください。
外来には必ずしもご本人が来院する必要はありませんが、病状を理解されているご家族や身元保証人の方がお越しください。

(1)用意するもの
  ①緩和ケア病棟入棟相談外来申込書(患者さん・ご家族がお書きください)
  ②診療情報提供書(紹介状)
  ③画像検査の資料(CT・MRIなどのCD-ROM)
(2)上記書類・資料を下記送付先にお送りいただくか、直接ご持参ください。
   書類到着次第、内容を確認し、入棟相談外来の日時をご希望の連絡先にお電話いたします

印刷用にご利用ください


書類請求・送付先
宛先〒240-8521
横浜市保土ケ谷区岩井町215
聖隷横浜病院 地域連携・患者支援センター
直通TEL045-715-3194

ご連絡の際はよくお確かめの上、お掛け間違いのないようお願い申し上げます。
直通FAX045-715-3096

2.緩和ケア病棟入棟相談外来 当日の流れ

(1)A棟2階の診察受付窓口で保険証(お持ちの方はその他公費医療受給者証・限度額適用認定証) と
   診察券(当院受診歴のある方のみ)をご提示ください。
   また、追加の診療情報提供書や画像検査の資料(CT・MRIなどのCD-ROM)がありましたらご提出ください
(2)案内票を受け取り、A棟3階の受付4で案内表をご提示ください
(3)面談は30~60分です。
   面談後、病棟内をご案内いたします(新型コロナウイルス感染防止のためご案内できないこともあります)。
   病棟見学後、入棟の申込についてご検討ください。

[緩和ケア病棟入棟相談外来の費用]
 患者さんが来院される場合:保険適応
 ご家族や身元保証人が来院される場合:保険適応外(税込4,750円)

病棟入棟相談外来から入棟までの流れ

【紹介元の病院で継続して診療を受ける方】
 緩和ケア病棟に入棟されるまでの間の診療は引き続き、紹介元の医療機関で受けていただきますようお願いいたします。
 入棟相談外来のあと1年以上経過した後も入棟を希望される場合は、必ず看護相談室にその旨をご連絡ください。
 ご連絡がなく1年が経過した際は、一旦申し込みをキャンセルさせていただきます。その後は再度、入棟相談外来を
 受診していただきますのでご注意ください。

緩和ケア通院治療のご案内

皆さまができるだけ長く住み慣れた自宅で生活できるよう、通院がん患者さんを対象としたからだと心の苦痛緩和を行う専門の外来があります。
かかりつけの病院でがん治療中の方や、がん治療を見合わせた方もご利用いただけます。
緩和ケア外来に通院しながら、がんによるつらい症状の緩和や生活の質の向上を図り、必要時、緩和ケア病棟の利用や訪問診療をご案内いたします。
抗がん剤治療や放射線療法などのがん治療を受けている方で、治療による副作用が症状の原因と考えられる場合は、かかりつけ病院での診療をお願いいたします。

印刷用にご利用ください


緩和ケア通院治療のお申込

1.申込書類のご提出
 緩和ケア通院治療のための専門外来は完全予約制です。
 緩和ケア外来のご予約に際しては、診療情報提供書と画像検査の資料をご準備いただき、資料がそろったら
 医療機関から当院「地域連携・患者支援センター」宛てに送付、または直接来院してご提出ください。
書類請求・送付先
宛先〒240-8521
横浜市保土ケ谷区岩井町215
聖隷横浜病院 地域連携・患者支援センター
直通TEL045-715-3194

ご連絡の際はよくお確かめの上、お掛け間違いのないようお願い申し上げます。
直通FAX045-715-3096

2.緩和ケア外来の予約
 必要書類・資料が届きましたら、担当者から緩和ケア外来の日時をご連絡いたします。

3.緩和ケア外来 当日の流れ
 ①予約時刻までにA棟2階の診察受付窓口にお越しください。保険証・診察券(当院受診歴のある方のみ)
  また、追加の診療情報提供書やCD-ROMがありましたらご提出ください。
 ②案内票を受け取り、A棟3階の受付4で案内票をご提示ください。
 ③緩和ケア外来の待合でお待ちください。順番にお呼びいたします。

Copyright© Seirei Yokohama Hospital. All rights reserved.