グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



診療科・部門


ホーム  > 診療科・部門  > 部門  > 放射線課  > 一般撮影

一般撮影

X線撮影とは

X線撮影とは、一般的に広く知られているレントゲン撮影のことです。健康診断等の胸のレントゲンも含まれます。当院では、胸部・腹部・骨撮影を行っております。

装置および撮影室

当院では胸部・腹部・骨撮影の撮影室を3部屋設置しております。また、撮影は全てFPD(フラットパネルディテクタ)を使用しております。

【FPD(フラットパネルディテクタ)とは?】
FPDは入力したX線をデジタル信号に変換し、画像化するシステムです。FPDが曝射されたX線を直接画像に変換するため、X線を曝射後1秒程で撮影した画像が表示され、連続使用が可能です。その場ですぐに撮影した写真の確認ができ、コントラストや濃度も変化させることができます。従来の撮影では一回ごとにカセッテを交換する必要があったため、その都度体位変換などで疼痛を伴っていましたが、FPDはそのまま繰り返し撮影を行えるため、撮影時の苦痛の低減にもつながります。また、従来のCR装置に比べ被ばくも低減することができるようになりました。FPDの導入により、より診断に適した写真を提供することができ、待ち時間・撮影時間の短縮、被ばくの低減にもつながります。

X線撮影検査の流れ

検査室にご案内をし、担当者が撮影部位や着衣の状況により更衣について説明をさせて頂きます。着替えはお持ちにならなくても検査着を御用意してあります。サイズも種類がございますのでお気軽に担当者にお申し付けください。また検査着はすべてクリーニング済の物を使用しておりますのでご安心ください。
撮影時、より正確な画像を撮影するためにお体に触れることがございますので、ご理解とご協力をお願い致します。

胸部・腹部の撮影

肺や心臓に異常が疑われるときや、お腹の調子が悪いときに行われます。異常像(肺炎、結節、ガス像等)の発見や、目的部位の計測(心臓)などを目的としています。また、撮影する瞬間に呼吸をしていると写真にブレが生じるため、息を止めていただくことになりますのでご協力をお願いいたします。一般的に胸部では息を吸ってから止め、腹部では息を吐いてから止めていただきます。

胸部の写真

腹部の写真

骨撮影

骨やその周辺の描出を目的とした撮影です。打撲・捻挫・骨折のほかに神経症状による痛みがある場合にも撮影することがあります。撮影時には目的とする部位により立ったり、座ったり、横になったりとさまざまな姿勢(体位)になっていただきます。これはより正確な撮影をするために必要なことですので、ご協力をお願いいたします。また、撮影部位によっては息を止めていただくこともあります。

頸椎の写真

肩関節の写真

膝関節の写真

股関節の写真

ポータブル撮影

ータブル撮影は、重症な患者様や手術直後の患者様、感染症の患者様などX線撮影室への移動が困難な場合に、回診用X線撮影装置(ポ―タブル装置)を使用しX線撮影を行うことです。当院では、2013年4月より島津社製の最新回診用撮影装置であるMobile Art Evolutionを購入し、使用しています。
ここで気になる被ばくですが、大部屋のベッド上におられる患者様の撮影時、周囲の方は2メートルの距離をおけば問題ないと実証されています。そのため無理にお部屋から出ていただく必要はありませんが、お見舞いに来られている方には撮影時の退室をお願いしておりますのでご理解とご協力をお願いいたします。

使用装置

検査を受けられる方へ

○金属類、プラスチック類等はX線写真に写ってしまうため撮影時に外していただく場合があります。胸部撮影時、束ねた長い髪は写ってしまうことがありますので担当者とご相談ください。撮影部位に装飾品等、金属を身につけている場合は事前に取り外すようにご協力ください。
○検査時間は撮影部位や撮影枚数により異なりますが、5~20分程度です。しかし、撮影内容(部位、枚数等)により20分以上の時間がかかる場合もありますのでご了承ください。
○混雑時には患者様の状態、撮影する部位により順番どおりではない撮影をさせていただく場合もありますので、ご理解・ご協力をお願いいたします。
○放射線に関する疑問・質問(被ばく等)がある方は、お気軽に担当者にお尋ねください。

Copyright© Seirei Yokohama Hospital. All rights reserved.