グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



診療科・部門


ホーム  > 診療科・部門  > 部門  > 放射線課  > マンモグラフィ検査

マンモグラフィ検査

マンモグラフィとは

マンモグラフィとは乳房のX線撮影のことをいいます。
乳房は柔らかい組織でできているので、乳房専用のX線装置を使って撮影します。マンモグラフィでは撮影時に乳房を少し強めに圧迫します。乳房をはさみ込むことにより、乳房の全体を(乳腺・脂肪・軟部組織)はっきりと映し出し、乳がんをはじめとした乳房にできる病気の発見にとても有用な検査です。
当院ではマンモグラフィ認定資格を持った女性技師が検査を行っています。

使用装置

当院ではMAMMOREX Pe・ru・ru(TOSHIBA社製)を使用しています

マンモグラフィ検査の流れ

1.検査室に入ったら、検査の準備をしていただきます。
①上半身の服は脱いでいただきます。
②ネックレスやメガネは外していただきます。
③髪の毛の長い方は一つに束ねていただきます。
④制汗剤を使用している方は拭き取っていただきます。

2.装置の前に立っていただき、片方ずつ乳房を撮影台に乗せていただきます。
技師が乳房を持ち、撮影台の中央に位置するように乗せます。乳房全体が広がるように乳房を引き出していきます。

3.乳房を出来るだけ平らにのばして、機械で乳房を圧迫していきます。
①引き出した乳房を手のひらで抑えながら圧迫板(アクリル製の板)で圧迫を行います。
②上下から乳房をはさむ撮影(CC撮影)と斜め横から乳房をはさむ撮影(MLO撮影)の
2種類の撮影を主に行っています。
③横浜市検診では40歳代の方は2方向(MLO、CC)、50歳以上の方は1方向(MLO)の撮影を行います。
④外来受診された方は基本的に2方向での撮影に
なります。

4.圧迫した状態で撮影を行います。
①圧迫する時間は数秒程度です。
②体が引けてしまったり、体をこわばらせてしまうと圧迫が十分行えなくなってしまったり、痛みを強く感じやすくなってしまいます。リラックスして検査を受けてください。

5. 案内表を受け取って、検査終了となります。お疲れ様でした!
検査時間は更衣から撮影終了まで10分~15分程度です。

マンモグラフィで何がわかるの?

さわるだけでは発見できない早期の小さな癌はもちろん、非常に細かい石灰化やしこりになる前の小さな癌も発見することができます。悪性の病気だけではなく良性のものも見つけることができます。

腫瘤

腫瘤

微小石灰化

圧迫が痛いって聞くけれども…

個人差はありますが圧迫することで痛みを伴うこともあります。しかし、乳房は立体的なため、そのまま撮影すると脂肪や乳腺の重なりで病変が隠れてしまうことがあります。したがって、乳房を引っ張り出して圧迫することは、診断に必要な良い写真を撮るためにとても重要です。また、乳房の厚みを薄くすることにより、放射線の被ばくを少なくすることもできます。また、検査自体は10分程度かかりますが、乳房を圧迫している時間は10秒程度です。
検査におすすめの時期は、乳房が張っている時期を避けた「生理から1週間くらい後、乳房のやわらかい時」です。また、肩に力が入っていると上手く圧迫できないうえに痛みをより強く感じてしまうこともあります。できるだけリラックスした状態で検査を受けるのが望ましいです。
当院では少しでもリラックスして検査を受けていただけるよう、女性技師が撮影にあたります。

被ばくって多いの?

マンモグラフィ撮影の放射線が人体へ及ぼす危険性は、ほとんどありません。X線検査なので放射線被ばくはありますが、撮影は乳房だけの部分的なものであり、1検査の放射線被ばく量は東京からニューヨークへ飛行機で行くときに浴びる自然放射線(宇宙線)のほぼ半分です。マンモグラフィ検査による危険性はほとんどなく、それ以上に撮影によって早期乳がんを発見できるメリットの方がはるかに大きいのです。

検査を受けられる方へ

制汗剤やボディパウダーは画像に写ることもありますので、撮影の際よくふき取ってください。また、毛髪も画像に写ってしまうため長い髪は束ねた方が良いでしょう。ペースメーカーや豊胸手術をされている方、また妊娠・授乳中の方はあらかじめ担当者にお知らせください(検査方法を検討させていただくことがあります)。

乳がん検診の予約方法

①病院に直接電話をしていただくか、病院の窓口にお越しいただき、「乳がん検診の予約を取りたい」とお伝えください。
②木曜日の13:00~15:00の間で予約をとっていただきます。
(乳がん検診は毎週木曜日に行っています。)
※当日は予約時間15分前には病院にお越しください
(問診票の記入、着替えをしていただきます。)
※着替えの際、脱いだ洋服を入れる袋を各自ご持参ください。

マンモグラフィサンデーについて

毎年10月の第3週はマンモグラフィサンデーを行っています。
マンモグラフィサンデーは平日に病院に行けない女性の方々が、休日に乳がん検診を受けられるよう、協同医療機関が毎年10月の第3日曜日に乳がん検診を受診できる環境作りに取り組んでいます。
検査内容は視触診、マンモグラフィ、超音波検査です。また、看護師による乳がんの相談会も実施しています。
検査をした当日に結果説明を行っているので、結果を聞きに再度病院にお越しいただく必要がありません!毎年多くの女性の方に乳がん検診を受けていただいています。

(注)当日結果説明は自費で検査を受けた方のみです。横浜市の乳がん検診で受診された方は後日の結果説明となります。

Copyright© Seirei Yokohama Hospital. All rights reserved.