グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ


化学療法科


外科医師と連携して、役割分担による適切な化学療法を提供します。


部長:三木 良浩

がんに対する集学的治療には、手術・化学療法・放射線療法があります。それぞれが独立しているわけではなく、患者さんの状態に応じて、適切にこれらの治療法を行うことが必要であり、緊密に連携することで治療の質を向上させることができます。
当科は、がんに対する手術を行う外科と連携し、術前術後の化学療法を担う診療科です。化学療法は以前と比較してさまざまな薬剤が使用可能になっており、日々進歩している治療です。外科医とも連携しながら、個々の患者さんに適切な治療を提供することを心がけています。

対象疾患と診療内容

肺がん・大腸がん・胃がんなどに対する抗がん薬による化学療法を施行します。
肺がんや大腸がんをはじめとして、抗がん薬による化学療法を施行します。
がんに対する手術に関連した化学療法には、
  • 手術前に病巣を縮小させることを目的とした術前化学療法
  • 手術後に再発を抑制することを目的とした術後補助化学療法
などがあります。
また、手術治療後にがんの再発を認めた患者さんは、治療の中心が化学療法となります。
化学療法は進歩が著しい分野である一方で、さまざまな副作用が生じる懸念もあります。

当科では外科医との連携だけでなく、薬剤師や看護師とも協働して、個々の患者さんに適切な治療を提供するとともに、可能な限り副作用を軽減できるように支持療法にも努めています。

医師紹介

PAGETOP