グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ

  1. 聖隷浜松病院トップ
  2.  >  診療科・センター・部門
  3.  >  泌尿器科
  4.  >  腎がんロボット支援下手術

腎がんロボット支援下手術


2021年8月から小径腎がんの治療としてロボット支援下腎部分切除術を導入
腎細胞がん(以下腎がん)とは、腎実質(血液をろ過し、尿を作るところ)の細胞が、がん化して悪性腫瘍になったものです。腎がんにかかる割合は10万人に約10人で、がん全体の約1%を占め、男性がやや多い傾向にあります。近年、検診の普及により腹部エコーで小さいサイズで発見される頻度が増しています。治療において腎がんは化学療法や放射線治療では根治が期待できず、手術的に切除することが最も根治の期待できる治療となります。
腎がんの手術には、腫瘍を腎臓ごと摘出する根治的腎摘除術と、腫瘍の部分のみを摘出して正常部分を温存する腎部分切除術があります。腫瘍の大きさや部位によって術式を選択しますが、一般的には腫瘍のサイズが4cm以下(場合によっては7cm以下)で、遠隔転移のない場合に腎部分切除術を行います。


手術の方法

腹腔鏡手術は開腹手術のようにお腹を大きく切ること無く、腹部に5~12mmまでのポートを4~6本留置し、お腹の中を炭酸ガスで膨らませた上で、ポートからカメラや鉗子等を挿入して行う手術です。お腹の中の状態をカメラで大きく拡大して観察しながら手術を行うことができるため、丁寧な手術が可能となります。また炭酸ガスでお腹の中を膨らませながら手術を行うので術中の出血が少なく、皮膚切開が小さいため術後の痛みも少なく回復も早くなります。
当院ではこれまで腹腔鏡による腎部分切除術を行ってきましたが、症例によっては縫合や結紮(糸で縫ったり結んだり)といった手技の難易度が高く、手術操作に難渋したり、術後に尿瘻(尿が尿路外へ漏れる)などの合併症を認めることがありました。
Da Vinciサージカルシステムという手術支援ロボットは、腹腔鏡手術のメリットはそのままに、多関節で可動するアームによってお腹の中で緻密な操作が可能となり、縫合や結紮といった操作をより正確で安全に行うことができます。以下がポート(皮膚切開)の部位です。

後腹膜アプローチ(左)・腹腔内アプローチ(右)

入院から退院までの流れ

ロボット支援下腎部分切除術の場合

入院は手術の2日前。入院日から翌日まで1日の尿を袋に貯めて正確な術前の腎機能を評価し手術に備えます。通常は術後の痛みも少なく、翌日には歩行も可能です。歩行ができれば尿道カテーテルを抜き、排液量をみてドレーンを抜き、入院期間は術後1週間ほどです。

※1 硬膜外チューブ
手術中の痛みを軽減するために麻酔時に使用し、手術後も麻酔薬を持続的に投与するために用いられる管
※2 ドレーン
体内に溜まった水分や血液・リンパ液などを体外に排出するために用いられる管
※3 尿道カテーテル
体の外に尿を排出させるために尿道から膀胱まで挿入する管

PAGETOP