グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


ホーム  > 医療技術職  > 臨床工学室  > 職場の紹介  > スタッフ・医療機器安全管理責任者

スタッフ・医療機器安全管理責任者

スタッフ・医療機器安全管理責任者

スタッフ

体外循環技術認定士 6名透析技術認定士 4名
3学会合同呼吸療法認定士20名臨床ME専門認定士 6名
臨床検査技師 8名第1種ME認定士 9名
医療機器情報コミュニケータ(MIDC) 2名第2種ME認定士51名
不整脈治療専門臨床工学技士 7名看護師 1名
呼吸治療専門臨床工学技士 2名保健師 1名
第2種滅菌技士 1名手術関連専門臨床工学技士 4名
IBHRE(International Board of Heart Rhythm Examiners)認定 1名第2種電気工事士 2名
ITE(日本心血管インターベンション治療学会心血管インターベンション技師) 2名第1種消化器内視鏡技師                 13名
周術期管理チーム認定 2名NCPR 2名
第1種衛生管理者 1名
静岡県臨床工学技士会理事日本臨床工学技士会不整脈関連業務指針検討委員
静岡県臨床工学技士会循環器部会委員長日本臨床工学技士会手術室関連認定試験問題委員
静岡県臨床工学技士会人材活性部会委員日本臨床工学技士会手術室関連業務指針検討委員長
静岡県臨床工学技士会代謝部会委員日本臨床工学技士会内視鏡関連業務指針検討委員
静岡県臨床工学技士会呼吸器部会委員日本臨床工学技士会統計調査委員
静岡県院内移植コーディネーター日本臨床工学技士会評議員
日本臨床工学技士会不整脈関連認定試験問題委員

スタッフの配置とローテーション

臨床工学室80名は病院全体の医療機器を管理し、それぞれの分野で専門を追求しています。また、ローテーションを行うことで広く知識を身につけるよう2部署以上を担当するよう努めています。
院内には、手術室臨床工学室、透析センタ臨床工学室、中央臨床工学室、周産期母子医療センタ新生児部門臨床工学室、救急センタ臨床工学室があり、各部署に臨床工学技士を配置しています。

医療機器安全管理責任者

2007年に医療機器安全管理責任者の配置に対し当院での対応は、病院安全管理委員会が中心となり委員長である副院長を責任者に任命し、下部組織として関連担当各部署が保守計画と保守の実施、操作方法の周知と教育の記録を行い、安全管理委員会が監査役となり委員会への報告を行うよう対応しています。