グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




ドクターヘリ

ドクターヘリ

ドクターヘリ

ドクターヘリとは

ドクターヘリは、救急現場で迅速に本格的救急医療をおこなうための医師派遣システムです。聖隷三方原病院では2001年10月から正式なドクターヘリ導入促進事業として運用を開始しました。
ドクターヘリには救急現場での初期治療に必要とされる医療機器等が搭載されております。

ドクターヘリの目的

救急現場へ医師、看護師を派遣することで初期治療までの時間短縮することが最大の目的です。
早期に治療開始することにより、救命率の向上や後遺障害の軽減等の効果、さらには、重症例も軽症化され医療費の抑制にも繋がります。
また、ドクターヘリの機動力を生かして短時間で適切な医療機関へ搬送できます。これによりへき地における救急医療体制を強化し地域格差をなくすことができます。

出動範囲

静岡県はドクターヘリ2機体制です。
当静岡県西部ドクターヘリは、西は湖西市、東は焼津市、藤枝市、島田市、川根本町までを主に管轄し、静岡市から東は順天堂大学静岡病院に基地を置く静岡県東部ドクターヘリが担当しています。

出動範囲

ドクターヘリ出動まで

ドクターヘリ出動体制図

ドクターヘリ

ドクターヘリ

ドクターヘリ運航統計

静岡県西部ドクターヘリ運航報告

2016年度中の静岡県西部ドクターヘリの総出動件数は597件であった。内訳は、救急現場出動403件、施設間搬送35件、キャンセル159件(離陸前キャンセル32件を含む)であった。1999年4月に本邦初のドクターヘリの運航を浜松救急医学研究会による自主運航の型で開始して以来、総出動件数は9,047件に達した。18年間の出動を大きな事故もなく実現できたことは、多数の関係者、県民のご協力、ご理解の賜物と考えており、深く感謝申し上げたい。
2015年度に引き続き、救助事案・複数傷病者事案・重複事案等に対して、浜松市消防ヘリコプター「はまかぜ」、静岡県東部及び愛知県等県内外のドクターヘリと円滑に連携して活動することができた。また、消防救急無線のデジタル化に際しては、消防機関をはじめ、関係各機関のご協力を得て、円滑に運用を開始することができた。
ドクターヘリは、2017年3月末現在で全国41道府県に51機が配備されている。ドクターヘリによる救急現場での早期医療の提供は、普遍的な価値をもつに至った。一方、2016年8月には、神奈川県で、本邦初のドクターヘリ落着事故が発生した。ドクターヘリが安全に運航を行うためには、消防機関をはじめとする関係各機関との連携は不可欠である。これを実現するために、ドクターヘリ基地病院、管内の消防機関にて実施しているシミュレーション訓練はもとより、毎月実施している事後検証会での議論を通して、関係各機関との「顔の見える関係」を今後とも大切にしていきたいと考えている。
安全運航の継続を最重要課題としつつ、今後とも関係各機関とのより一層の密接な連携を深めながら活動を続けていく所存である。(高度救命救急センター センター長 早川 達也)

ドクターヘリ統計については、下記PDFファイルをご覧ください。


PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。
パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。