グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




ドクターヘリ

ドクターヘリ

ドクターヘリ

ドクターヘリとは

ドクターヘリは、救急現場で迅速に本格的救急医療をおこなうための医師派遣システムです。聖隷三方原病院では2001年10月から正式なドクターヘリ導入促進事業として運用を開始しました。
ドクターヘリには救急現場での初期治療に必要とされる医療機器等が搭載されております。

ドクターヘリの目的

救急現場へ医師、看護師を派遣することで初期治療までの時間短縮することが最大の目的です。
早期に治療開始することにより、救命率の向上や後遺障害の軽減等の効果、さらには、重症例も軽症化され医療費の抑制にも繋がります。
また、ドクターヘリの機動力を生かして短時間で適切な医療機関へ搬送できます。これによりへき地における救急医療体制を強化し地域格差をなくすことができます。

出動範囲

静岡県はドクターヘリ2機体制です。
当静岡県西部ドクターヘリは、西は湖西市、東は焼津市、藤枝市、島田市、川根本町までを主に管轄し、静岡市から東は順天堂大学静岡病院に基地を置く静岡県東部ドクターヘリが担当しています。

出動範囲

ドクターヘリ出動まで

ドクターヘリ出動体制図

ドクターヘリ

ドクターヘリ

ドクターヘリ運航統計

静岡県西部ドクターヘリ運航報告

2018年度中の静岡県西部ドクターヘリの総出動件数は448件であった。内訳は救急現場出動291件、施設間搬送27件、キャンセル130件(離陸前キャンセル40件を含む)であった。1999年4月に本邦初のドクターヘリの運航を浜松救急医学研究会による自主運航の型で開始して以来、総出動件数は1万件を超え10,021件に達した。20年間の出動を大きな事故もなく実現できたことは、多数の関係者、県民のご協力、ご理解の賜物と考えており、深く感謝申し上げたい。
ドクターヘリは、2019年3月末現在で全国43道府県に53機が配備されるに至り、救急現場にドクターヘリが使われることは、当たり前の時代となった。一方で近年、全国で相次ぐ消防防災ヘリコプターの墜落事故や飲酒に関する航空法の改正、神奈川県ドクターヘリ墜落事故など安全運航のための遵守が叫ばれるようになった。ドクターヘリにおいても「ドクターヘリの安全運航のための取組について」(平成30年7月25日医政地発0725第3号厚生労働省医政局地域医療計画課長通知)が出され、ドクターヘリに関連する業務に従事する者に安全管理を遵守するよう明示された。これを受けて、当運航要領を改定し、さらに安全運航に関する取組を遵守できるよう策定作業を進めている。
ドクターヘリの安全運航が最優先であることは言うまでもなく、運航会社、消防機関と基地病院は、連携して安全運航の実現に務めなければならない。これを実現するために、ドクターヘリ基地病院、管内の消防機関にて実施しているシミュレーション訓練はもとより、毎月実施している事後検証会での議論を通して、関係各機関との「顔の見える関係」を今後とも大切にしていきたいと考えている。
安全運航の継続を最重要課題としつつ、今後とも関係各機関とのより一層の密接な連携を深めながら活動を続けていく所存である。
(高度救命救急センター センター長 早川 達也)

ドクターヘリ統計については、下記PDFファイルをご覧ください。


PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。
パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。