グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




ホーム > Ⅰ疼痛  >  E.オキシコンチンを内服していた患者が内服できなくなった場合

E.オキシコンチンを内服していた患者が内服できなくなった場合

ページの目次


Overview

短期間や夜間など一過性のときは(短期的には)オキシコンチンを挿肛しても内服と同等の効果です。しばらくすれば内服できるようになるかもしれない時などは挿肛して対応してください。
切り替えは、以下のいずれかを選択してください。

少量(オキシコンチン5mg×2など)なら…

レペタンやペンタジンなど、使い慣れているもので経過をみていただいてもかまいません。
(オキシコンチン5mg=モルヒネ内服7.5mg=レペタン坐薬0.15mg)

痛みや全身状態が全体的に落ち着いていれば…

フェントステープへ変更

頓用:非オピオイド鎮痛薬(アンヒバ坐薬、ボルタレン坐薬など)、またはアンペック坐薬(1日投与量の6分の1)。
効果のあるものを使ってください。

フェントステープは徐々にしか吸収されませんので、当初鎮痛が不安定になる可能性があります。


処方例
オキシコンチン40mg(=経口モルヒネ60mg)をフェントステープ2mgに変更する。
オキシコンチン1回分を内服すると同時にフェントステープを貼って、次回からなし。
鎮痛効果が薄ければ2日後に増量。その間は頓用のアンペック坐薬などで対応。

アンペック坐薬へ変更

頓用:非オピオイド鎮痛薬(アンヒバ坐薬、ボルタレン坐薬など)、またはアンペック坐薬(1日投与量の6分の1)。効果のあるものを使ってください。


処方例
オキシコンチン40mg(=経口モルヒネ60mg)をアンペック坐薬10mg×4(6時間ごと)にもしくは40mg分3(夜のみ20mg)に変更。


痛みや全身状態が不安定な時…

オキファスト注(オキシコンチンの注射薬)へ変更

頓用:1時間分早送り。


処方例
内服しているオキシコンチン量の0.75倍をオキファスト注(1Aにオキシコドン10mg含有 )に置き換えて24時間投与する。
当院フォルダにひな型があります。

モルヒネ注射薬へ変更

頓用:1時間分早送り。

腎不全では使用不可。精神症状・催吐作用の発現リスクがあります。


フェンタニル注射薬へ変更

不利な点:鎮痛効果が短いので、鎮痛が悪くなる可能性があります。


処方例
オキシコンチン40mg=静脈モルヒネ30mg=フェンタニル600μgで置き換えて24時間投与。
当院フォルダにひな型があります。