グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




ホーム > Ⅰ疼痛  >  B. アブストラル 医師指示の出し方

B. アブストラル 医師指示の出し方

アブストラル用量決定期間 指示例

アブストラル用量決定期間: 100ug(初回)


疼痛時 日勤帯
 ①アブストラル 100μg 1回 1錠を舌下投与(1回目)
  30分たっても効果がないとき、アブストラル100μg 1錠を1回追加。
  追加投与は1回のみです。
 ②1回目のアブストラル使用後(1回追加投与しても)4時間以内に痛みがある場合
  ●●●●(これまで使用していたオピオイド、全体量の10~20% [1/6量]の速放製剤)使用。
  1回目のアブストラル使用後4時間以上経過している場合
  アブストラル100μg1錠舌下投与。
  30分たっても効果がないとき、アブストラル100μg1錠を1回追加。
  追加投与は1回のみです。
 
  アブストラルは4時間以上あけて1日4回まで可


夜間帯
 ①●●●●(これまで使用していたオピオイド、全体量の10~20% [1/6量]の速放製剤)のみ使用
 (アブストラルは使用しない)


アブストラル用量決定期間: 200ug


アブストラル 用量決定期間です。アブストラル 100μg1錠で効果がないため、増量します。

疼痛時 日勤帯
 ①アブストラル 100μg 1回 2錠を舌下投与(1回目)
  30分たっても効果がないとき、アブストラル100μg 1錠を1回追加。
  追加投与は1回のみです。
 ②1回目のアブストラル使用後(1回追加投与しても)4時間以内に痛みがある場合
  ●●●●(これまで使用していたオピオイド、全体量の10~20% [1/6量]の速放製剤)使用。
  1回目のアブストラル使用後4時間以上経過している場合
  アブストラル100μg 2錠舌下投与。
  30分たっても効果がないとき、アブストラル 100μg 1錠を1回追加。
  追加投与は1回のみです。

  アブストラルは4時間以上あけて1日4回まで可


夜間帯 
 ①●●●●(これまで使用していたオピオイド、全体量の10~20% [1/6量]の速放製剤)のみ使用
 (アブストラルは使用しない)


アブストラル用量決定期間: 300ug


アブストラル 用量決定期間です。アブストラル 100μg2錠で効果がないため、増量します。

疼痛時 日勤帯
 ①アブストラル 100μg 1回 3錠を舌下投与(1回目)
  30分たっても効果がないとき、アブストラル100μg 1錠を1回追加。
  追加投与は1回のみです。
 ②1回目のアブストラル使用後(1回追加投与しても)4時間以内に痛みがある場合
  ●●●●(これまで使用していたオピオイド、全体量の10~20% [1/6量]の速放製剤)使用。
  1回目のアブストラル使用後4時間以上経過している場合
  アブストラル100μg 3錠舌下投与。
  30分たっても効果がないとき、アブストラル 100μg 1錠を1回追加。
  追加投与は1回のみです。

  アブストラルは4時間以上あけて1日4回まで可


夜間帯 
 ①●●●●(これまで使用していたオピオイド、全体量の10~20% [1/6量]の速放製剤)のみ使用
 (アブストラルは使用しない)


アブストラル 指摘投与量決定後

アブストラル至適投与量決定後


アブストラル 至適投与量が決定しました。至適投与量は*00ugです。

疼痛時 
 ①アブストラル 100μg 1回 *錠を舌下投与
  4時間以上あけて1日4回まで可
 ② ①の効果がないとき、①の1回目の使用後4時間以内に痛みがある時
  ●●●●(これまで使用していたオピオイド、全体量の10~20% [1/6量]の速放製剤)