グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




ホーム > 特色・取り組み  >  糖尿病教室

糖尿病教室

当院では、生活習慣病センターのメンバー(看護師・管理栄養士・理学療法士・薬剤師・臨床検査技師など)が糖尿病の予防から治療、毎日の過ごし方についてお伝えする『糖尿病教室』を開催しております。


どなたも無料で参加していただくことができます。また、糖尿病をもちながらの生活は、『制限ばかり』ととられがちですが、制限ではなく少しの工夫で毎日の生活を楽しんでもらう情報もお伝えしています。さらに飽食の現代では、糖尿病の有無にかかわらず健康的な生活を送るための重要な知識もたくさん含まれています。「健診で数年前に尿から糖が出ている」方や、「家族が糖尿病で食事の作り方が知りたい」方、「寝たきりではなく、PPK(ぴんぴんころっと)の人生を送りたい」方なども是非一度、当院の糖尿病教室にご参加ください!お待ちしております。

糖尿病について

現在、糖尿病は国民病とも呼ばれており、成人の4人に1人が糖尿病かその予備群とみられています。特に、生活習慣病の一つとなっている2型糖尿病は、皆さんが日常送られている生活そのものが治療となります。
糖尿病は、やはり予防が大切ですが、いつからでも、どんな時からでも自分の体の状態を知り生活を見直すことでその後の生活の質が変わってきます。また、糖尿病は医療者を中心とした治療ではなく、皆さん自身が中心となり、自分の体を監督し、医療者を上手に活用することで糖尿病の発症・進行を防ぐことが可能となります。


教室内容

糖尿病、合併症について知ろう 《看護師》

  • どんな事をやっているのですか?「足についてお話をしています」

  • 普段、どんな事に注意すればいいですか?「日常生活での足のお手入れについてお話しています」


知って安心!分かりやすい、薬の話 《薬剤師》

  • 糖尿病の飲み薬

  • インスリン注射薬

  • 低血糖

  • シックデイ

などについて話をしています。


使い分けて、身体の状態を把握しよう 《臨床検査技師》

  • 糖尿病にはどんな検査があるの?


コントロールができているか、合併症がないかなど調べます。
おもに血液検査・尿検査です。
その他の検査についてもお話します。


ニコニコペースで糖尿予防 《理学療法士》

  • どうして運動が必要なの?「運動の効果についてのお話」

  • まず自分の体力を知りましょう!「運動前の確認事項」

  • どんな運動をすればいいの?「運動療法の種類」

  • さて、あなたは運動をしますか?しませんか?「まとめの話」


毎食揃えたい、3つのお皿とは 《管理栄養士》

  • 毎食そろえる3つのポイントとは?

  • 調理法の工夫について
    嗜好品、外食の上手な取りかた日常生活の中で実践できる食事療法を一緒に考えていきましょう



当サイトに関するみなさまのご意見をお聞かせください

質問1:このページの情報は役に立ちましたか?

質問2:このページは見つけやすかったですか?