グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




ホーム > 特色・取り組み  >  関節センター  >  スタッフ紹介

スタッフ紹介

A3病棟

 「連携」を重点目標に掲げ、関連部署、外来、手術室、地域の医療機関など多部門、多職種と連携し継続看護に努めています。
 また整形外科の急性期病棟としての役割りを発揮しつつ、患者様やご家族の意思を尊重し心地よさに配慮した看護を提供することにも力を注いでいます。

B2病棟

B2病棟では、主に肩腱板断裂・膝前十字靭帯損傷・上下肢の骨折・手指の骨折等の患者様を受け入れています。
装具での固定等により、制限のある入院生活の中で患者様の苦痛や不安が軽減でき、安全・安楽に日々を過ごすことができるようスタッフ一同、看護にあたらせて頂いております。
今後も医師・他職種・他部署と連携を図り、質の高い看護が提供でき、患者様が笑顔で入院生活を送れますよう、お手伝いしていきたいと思っております。

手術・中央材料室

 当手術室では、股関節疾患で手術治療を必要とされている患者さんに対し、安全で安心して手術を受けられるよう取り組んでいます。さらに、当日の緊急手術にも迅速に対応出来るように器械やインプラントの管理も行なっています。
 手術前には、可能な限り手術室看護師が患者さんとお会いしてお話を伺い、不安の軽減に努めています。患者さんのQOL向上を目指し日々進化する手術器械においては、器械出し看護師のトレーニングは必須です。勉強会も積極的に行ない、技術の維持向上に努めています。
 今後も、患者さんが笑顔で社会復帰できるよう、関節センターの一員として手術室看護に取り組んでまいります。


整形外科外来

 整形外科外来は、医師や看護師、医療秘書などのさまざまなスタッフが連携をとりながら、患者さんが安心して受診し診療が受けられるよう努めております。
 痛みや不安など、お困りな事がございましたら遠慮なくお声かけ下さい。

リハビリテーション室

 当院では保存療法や手術療法の方に対し、日常生活動作の獲得、身体を動かす機能の改善、または低下の予防を目的したリハビリテーションを提供しています。
 手術療法の方では、手術前からの介入と手術後のリハビリまで、他職種と共に実践しています。また、リハビリ技術の維持向上のため、研修会や研究活動にも積極的に参加しています。
 今後の日常生活を安全に笑顔で過ごしていただけるよう、最大限のサポートを心がけています。

当サイトに関するみなさまのご意見をお聞かせください

質問1:このページの情報は役に立ちましたか?

質問2:このページは見つけやすかったですか?