グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



特色と取り組み


ホーム  > 特色と取り組み  > 緩和ケアチーム

緩和ケアチーム

緩和ケアチームのご紹介です。


緩和ケアとは

重い病を抱える患者さんやその家族一人一人の身体や心などの様々なつらさをやわらげ、より豊かな人生を送ることができるように支えていくケアのことです。

緩和ケアの対象となる患者さん

  • がんの患者さんとご家族
  • 慢性的な肺や心臓の病気(慢性呼吸不全や慢性心不全など)の患者さんとご家族

緩和ケアは、病気になったときから、いつでも受けることができます。
以前は、緩和ケアは病気の治療ができなくなった患者さんに対して行うものと考えられていました。
しかし、今では、病気を治すための治療と一緒に緩和ケアを受け、よりよい状態で治療に励んでいる患者さんも増えてきています。

緩和ケアチームメンバー

緩和ケアは医師、看護師、薬剤師、理学療法士・作業療法士、管理栄養士などがチームとなって、がん患者さんとその家族を支援します。

○医師:患者さんの痛みや苦しい症状をやわらげるための治療を考えます。

当院の緩和ケアチームには以下の医師がいます。
・日本緩和医療学会暫定指導医1名

○薬剤師:患者さんやご家族に対して、お薬の正しい情報をお伝えし、安心してお薬が使えるようにサポートします。また、苦痛を和らげる薬についてどの薬を、どの程度使えばよいかなどお薬の専門家として医療チームにアドバイスします。

○看護師:依患者さんやご家族に対して、お薬の正しい情報をお伝えし、安心してお薬が使えるようにサポートします。また、苦痛を和らげる薬についてどの薬を、どの程度使えばよいかなどお薬の専門家として医療チームにアドバイスします。

当院の緩和ケアチームには以下の看護師がいます。
  • 緩和ケア認定看護師2名
  • がん性疼痛緩和認定看護師1名
  • がん看護専門看護師1名

○管理栄養士:病気の進行や治療によってお食事がとれなくなったときに、患者さんとご家族がよりよい生活を送ることができるよう、お食事や栄養面でのご相談をします。

○理学・作業療法士:病気により日常生活の動作が難しくなってきた患者さんに対して訓練を行い、よりよい生活が送れられるようにサポートします。また、ご家族の方に介助の方法や、手すりの設置などのご自宅の環境についてアドバイスします。

緩和ケアを受けるには

入院中の患者さん
緩和ケアチームは月曜日の午後に各病棟で回診を行い、緩和ケアチームと主治医、病棟看護師が連携し、今後のケアについて一緒に考えます。回診日以外でも、緩和ケアチームの医師や看護師と相談することもできます。
緩和ケアを希望される方、話を聞いてみたい方は病棟の主治医あるいは看護師に声をお掛けください。

外来通院中の患者さん
当院に通院治療されている患者さんは、ペインクリニック外来で緩和ケアを受けることができます。
緩和ケアを希望される方、話を聞いてみたい方は外来の主治医あるいは看護師に声をお掛けください。

家に帰りたい患者さんや患者さんと家で過ごしたいご家族へ

「最期は家に帰りたい」「できる限り家族に囲まれて過ごしたい」という患者さんやご家族の気持ちをサポートします。
近隣の在宅療養支援診療所や訪問看護ステーションと連携して自宅で緩和ケアを受けられるようお手伝いします。

聖隷横浜病院緩和ケアチームの実績 2016年度

当院では2007年に緩和ケアチームの活動が始まり、2015年度は延べ93名の患者さんのご依頼がありました。
がん患者さんの場合、3人に1人は化学療法などがん治療中で、年々治療しながら緩和ケアを受ける方が増えています。
また、がん以外の肺や心臓の病気により息苦しさや身の置き所がないような苦痛を持つ方への緩和ケアも行っています。
痛みや苦痛は我慢せず、「緩和ケアを受けたい」と主治医や看護師にお声掛けください。
年間依頼件数85件
病気の種類がん83件
非がん2件
初診時の治療状況
(がんに限る)
診断~がん治療の前9件
がん治療中12件
がん治療の終了後62件
初診時の症状がんによる痛み71件
その他の身体症状
息苦しさ、食欲不振、だるさ、むくみ
48件
精神症状7件
退院後の療養場所自宅退院38件
そのうち訪問看護もしくは往診医利用28件
緩和ケア病棟転院3件
その他の転院6件

Copyright© Seirei Yokohama Hospital. All rights reserved.