グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



診療科・部門


ホーム  > 診療科・部門  > 部門  > 臨床工学室  > カテーテル室業務

カテーテル室業務

当院のカテーテル室は2部屋あり、心臓血管センター内科、脳神経外科、呼吸器外科、腎臓内科、消化器内科で使用され、医師、看護師、臨床工学技士、診療放射線技師等、各職種のスタッフが協力しながら、検査・治療を円滑に進めるよう努めています。

心臓カテーテル検査で使用する機器

  • ポリグラフ(日本光電)
  • FFR(ACIST)
  • インジェクター(ACIST)
  • 除細動器(PHILIPS)
  • OCT(SJM)
  • OFDI(TERUMO)
  • IVUS(BOSTON、TERUMO、VOLCANO)
  • CAS(アイハート・メディカル)
  • IABP(MAQUET)
  • PCPS(TERUMO)
  • 体外式ペースメーカー(Medtronic)

心臓カテーテル検査での臨床工学技士の業務

基本的に臨床工学技士は2名体制で業務しており、外回り業務と清潔介助業務に分かれています。

外回り業務

  • 清潔野への物品出し
  • ポリグラフの操作
  • インジェクターの操作
  • 画像診断装置の操作(IVUS、OCT/OFDI)
  • 大動脈バルーンパンピング(IABP)の操作
  • 経皮的心肺補助装置(PCPS)の操作
  • 経皮ペーシング機能付き除細動器の操作
  • 体外式ペースメーカーの操作

【清潔野への物出し】

【生体情報のモニタリング】

不潔野で主に生体情報のモニタリングやガイドワイヤー、カテーテルなどの物品出し、各種モダリティの操作を行っています。カテーテル室で使用するポリグラフは、血圧や心拍数、心電図など一般的な生態情報をモニタリングする機器で、心電図の電極貼付から術中のモニタリングを行っています。また、心内圧や心拍出量を測定する際のポリグラフ操作、レポート作成も行っています。右・左室圧同時測定や薬液注入検査への対応も行っています。

各種モダリティの操作

【インジェクターの操作】

【IVUSの操作】

臨床工学技士がIVUS、OCT/OFDIの操作を行い、医師と声を掛け合いながらステントの大きさを決定しています。

経皮的心肺補助装置(PCPS)、大動脈バルーンパンピング(IABP)

カテーテル治療中に容態が急変し、PCPS、IABPが必要になった際は臨床工学技士が迅速に準備を行い、いち早く導入できるように医師をサポートします。当院には、PCPS、IABP共に2台ずつ常備しており、臨床工学技士は使用時の機器の操作を行うだけでなく、術後、病棟で管理する際も1日2回動作点検を行います。

経皮ペーシング機能付き除細動器

検査中、迷走神経反射から徐脈になる可能性があります。その徐脈予防として除細動器の経皮ペーシング機能を活用します。臨床工学技士は電極の準備から術中、除細動器の傍で待機しすぐペーシングが開始出来るようにしています。

体外式ペースメーカー

経皮的に心内膜にペーシングカテーテルを挿入し、体外式のペースメーカーで徐脈の治療を行います。当院では一時的にペーシングを行う体外式ペースメーカー(テンポラリー)は2台あり、導入時は臨床工学技士がテンポラリーを操作し、医師に声をかけながらペーシング・センシングの閾値を調べます。またIABPと同様使用中は1日2回の動作点検を行います。

清潔介助業務

医師の指示の下、清潔野に入り、ワイヤー、バルーンなどの使用物品の医師への受け渡しやX線透視装置の操作、画像診断装置(IVUS、OCT/OFDI)の準備を行っています。

心臓カテーテル検査 実績

Copyright© Seirei Yokohama Hospital. All rights reserved.