グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



診療科・部門


ホーム  > 診療科・部門  > 部門  > 臨床工学室  > 在宅医療業務

在宅医療業務

当院では医療機器を用いた在宅医療を行っています。臨床工学室では在宅医療機器を導入する患者さんへ、機器の操作や管理についての説明を行い、退院後も適切に機器の使用が行えるようにサポートしています。

【当院で導入する在宅医療】
  • 在宅酸素療法
  • 在宅人工呼吸器(CPAP含む)
  • 静脈栄養
  • 骨折治療
  • ネブライザ

在宅療法導入件数(説明件数)2015年度2016年度2017年度(7月現在)
在宅酸素40(72)63(164)18(33)
在宅呼吸器(CPAP含む)93(20) 86(5)17(10)
その他在宅療法6(12)5(11) 3(3)

在宅療法導入時には、患者さんに実際に使用する機器に触れてもらい、機器の使用方法や注意点、自宅での管理方法などの説明を行っています。また院内で使用している場合は毎日ラウンドを行い、安全に使用できるように点検しています。

Copyright© Seirei Yokohama Hospital. All rights reserved.