グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



診療科・部門


ホーム  > 診療科・部門  > 部門  > 臨床工学室  > 病棟・外来業務

病棟・外来業務

当院では約60種類全1500台余の医療機器が各病棟および外来に常設してあります。臨床工学室では、それぞれの部署で安全かつ効率的に運用できるよう管理しています。

病棟・外来巡回業務

病棟および外来に設置してある医療機器に関して、毎日巡回点検を実施しています。点検には毎日実施する「日常点検」、週1回より詳しく点検する「重点点検」、半年・1年に一度行う「定期点検」の三種があり、これらを組み合わせることでトラブルを未然に防ぎ安全に使用できるよう管理しています。また、当院の医療機器には全てバーコードが貼られており、PCでの管理を容易にしています。
また、コスト削減や効率的運用を目的に、医療機器に関係する消耗品等も管理しています。

病棟および外来で管理している主な医療機器

  • 患者監視装置(セントラルモニタ、ベッドサイドモニタ、送信機)
  • 除細動器
  • 心電計
  • 超音波診断装置
  • AED
  • 内視鏡システム
  • 人工呼吸器
  • その他

病棟・外来点検

病棟および外来を巡回しながら様々な機械の点検を実施しています。

救急室点検(巡回点検一例)

救急室には人工呼吸器や除細動器、心電計などの医療機器が設置してあります。緊急時に使用する医療機器が多いため、安全管理上、毎日の点検は欠かせません。また、使用頻度の面からも点検する頻度が非常に多いのが特徴です。

救急室に設置してある主な医療機器

  • 患者監視装置 5台(BSM-2301 日本光電製3台・DS-7100×2台フクダ電子)
  • 人工呼吸器 1台(Hamilton C-1 日本光電)
  • 除細動器 1台(HEARTSTART XL フィリップス製)
  • 心電計 1台(ECG2450 日本光電)
  • 超音波診断装置(フィリップス製)

その他
除細動器の重点点検

故障修理対応

院内で使用している医療機器が故障した場合、CEへ修理依頼がきます。部品交換や調整等で処理できるものはCEで対応しています。全修理件数に対してCE対応の割合は年々増加傾向であり、コスト削減に貢献しています。

修理費用と件数

定期点検

専用アナライザを使用した電気メスの定期点検

医療機器毎にその有用性を評価する為の定期点検を実施しています。点検精度をより上げるために各種専用のチェッカーを使用しています。(除細動器チェッカー、電気メスアナライザ、漏れ電流測定器、呼吸器流量測定器)

Copyright© Seirei Yokohama Hospital. All rights reserved.