グローバルナビゲーションへ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ





ホーム > 当院について  >  院長あいさつ

院長あいさつ

病院長 伊藤 孝

聖隷沼津病院は、病院の名前に変遷はありましたが、65年を超える歴史があります。
これは地域の皆様のご理解とあたたかいご支援によるものであり、その結果、病院自体も成長することができました。

時代と共に医療を取り巻く環境は大きく変わりました。現在もその変化の中にあり、その変化の速さには加速度がついているように感じられる昨今です。

当院におきましても、2016年1月に従来のオーダリングシステムより更に効率的な診療体制の構築するため、記録の電子化と情報の一元管理が可能となる電子カルテシステムを導入しました。
また、2017年1月より、症状が安定した患者さんに対して、在宅復帰に向け準備する病棟として「地域包括ケア病棟」を開設し、変わり続ける医療環境に応え、常に最善の医療を提供していきたいと考えます。

「私たちは、利用される方々にチームワークより生み出される価値ある医療サービスの提供を目指します。」

これが聖隷沼津病院の理念です。

医療を取り巻く環境に変化はあっても医療を提供する私たちにとっての理念の本質は変わることはありません。これからも地域の皆様に頼りになる病院を目指して努力を重ねていきます。

今後もご理解、ご支援をよろしくお願いします。

当サイトに関するみなさまのご意見をお聞かせください

質問1:このページの情報は役に立ちましたか?

質問2:このページは見つけやすかったですか?