グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




ホーム > 診療部  >  呼吸器外科

呼吸器外科


主たる疾患

原発性肺癌
縦隔腫瘍
肺気腫
転移性肺腫瘍
胸壁腫瘍
手掌多汗症など
良性肺腫瘍
自然気胸

胸腺腫瘍
膿胸


特色

  • 日本医科大附属病院、附属千葉北総病院、埼玉県立がんセンター等で多くの呼吸器外科手術を担当した呼吸器外科専門医、学会指導医が診療を担当します。

  • 胸部レントゲン異常陰影に対して、診断から治療まで行います。

  • 早期肺癌に対しては胸腔鏡下手術も導入し先進的医療の提供を心掛けます。

  • 進行期癌に対しては抗癌剤による化学療法を行います。

  • 呼吸器リハビリを積極的に取り入れ、ADLの維持、回復、術後合併症の防止に努めます。

  • 患者さまのニーズに対応した術式に取り組みます。
    (女性であれば傷跡を目立たなくする、お年寄りであれば呼吸筋を温存した術式など)

主たる検査・治療

1. 胸部CT、MR検査  
2. 気管支鏡検査咽頭から観察可能な気管支までを観察する検査で、咳、喀血などの原因を探ったり、レントゲンやCTなどで見つかった異常陰影の診断をつけるために行う検査です。
3. 胸腔鏡検査肺癌をはじめ転移性肺腫瘍、良性肺腫瘍、自然気胸、手掌多汗症などさまざまな疾患に対して積極的に胸腔鏡を用いて手術を行います。
4. 外科治療標準開胸手術、胸腔鏡手術、胸骨縦切開による手術。
5. 機能温存、ADL up目的治療縮小手術、胸壁再建術、交感神経切断術、巨大ブラ切除など。
6. 根治目的治療肺葉切除、肺全摘など。
7. 抗癌剤治療外来での抗癌剤治療にも対応しております。
8. 睡眠時無呼吸症候群(SAS)症状に応じて、入院検査やC-PAP治療を行っております。
いびきと睡眠時無呼吸症候群について詳しくはこちらへ

外来日

医師紹介

部長:眞崎 義隆 (まさき よしたか)

主な専門領域:肺癌、気胸、縦隔腫瘍

日本外科学会指導医
日本胸部外科学会指導医
日本呼吸器外科学会指導医
日本医師会認定産業医
ICD(infection control doctor)


非常勤医師

▸ 福井 麻里子(ふくい まりこ)


当サイトに関するみなさまのご意見をお聞かせください

質問1:このページの情報は役に立ちましたか?

質問2:このページは見つけやすかったですか?