グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




ホーム > 診療部  >  形成外科

形成外科


主たる疾患

  • 切り傷、擦り傷、打撲、咬み傷、ひっかき傷、火傷

  • 手の外傷(つき指、骨折、脱臼、指の切断、神経や腱の断裂、ほか)

  • 手の病気(ばね指、腱鞘炎、ほか)

  • 帝王切開や虫垂炎手術後の瘢痕、ケロイド、ピアスの跡

  • ホクロやアザ、シミ

  • 皮膚腫瘍(粉瘤、脂肪腫、ガングリオン、ほか)

  • まぶたのたるみ

  • 耳や手足の先天異常

  • 褥瘡

  • 巻き爪

  • 美容の相談

特色

当科では主に皮膚や体表に近い組織を治療します。
傷跡を目立ちにくくすることのみならず、機能的な再建も行います。
他科との連携をとりながら、同じ症例に対しても患者様一人一人に合せた様々な治療法の選択肢があるのも特徴です。

主たる検査・治療

必要に応じて画像診断(X線写真、CT、超音波)などをオーダーします。
皮弁や植皮などの特殊な技法を駆使した手術が治療の中心ですが、 患者様のライフスタ イルを考慮した手術以外の治療法も提案いたします。

外来日

医師紹介

主任医長:宇井 啓人 (うい けいと)

主な専門領域:美容を除く形成外科全般
(傷跡の治療、ホクロや脂肪腫などのデキモノ、手や顔などの外傷、先天異常、巻き爪など)

日本形成外科学会専門医
日本創傷外科学会専門医
日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会会員
日本手外科学会会員
形成外科手術手技学会会員
国際形成外科学会会員


当サイトに関するみなさまのご意見をお聞かせください

質問1:このページの情報は役に立ちましたか?

質問2:このページは見つけやすかったですか?