グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




ホーム > 診療部  >  眼科

眼科


主たる疾患

白内障 / 緑内障 / 網膜硝子体疾患 / 斜視 / 弱視 など

特色

白内障・緑内障・糖尿病性網膜症・黄斑前膜・斜視・弱視には特に主力を注いでおります。
白内障・黄斑前膜に対しては手術を含めて治療を行います。
緑内障では早期発見と早期治療に努めております。

主たる検査・治療

1. 視野検査緑内障や視神経疾患の診断には視野検査や画像検査も取り入れ診療をしております。
2.光干渉断層計・
  レーザー網膜光凝固
網膜硝子体疾患の診断には光干渉断層計を用い的確な初期診断を行い、必要に応じレーザー治療を行い視力低下の防止に取り組んでおります。
3. 白内障手術・
  硝子体手術
超音波水晶体乳化吸引装置を用いて小切開で折りたたみ式眼内レンズを挿入し、患者さまが早期に社会復帰できるように支援します。硝子体手術では対応できる疾患は黄斑前膜に限られておりますが小切開で行なっております。
4. 斜視・弱視検査視能訓練士が、視力や両眼視の検査や弱視・斜視訓練を、きめ細やかに行っています。
また、小さなお子さんが興味を示す器械を使うことで、0歳児より検査をすすめることが可能です。

眼科検査室のページはこちら

※コンタクトレンズの処方は取り扱っておりません


外来日

医師紹介

医長:小野田 康孝(おのだ やすたか)

日本眼科学会専門医


医員:山﨑 僚(やまざき りょう)

日本眼科学会


非常勤医師

▸ 金井 秀仁(かない ひでひと)


当サイトに関するみなさまのご意見をお聞かせください

質問1:このページの情報は役に立ちましたか?

質問2:このページは見つけやすかったですか?