グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




ホーム > 診療部  >  血管外科

血管外科

このページの目次


主たる疾患

静脈瘤、 血栓性静脈炎、 深部静脈血栓症
末梢動脈疾患(閉塞性動脈硬化症、バージャー病)、 末梢動脈瘤

具体的な症状

手足の冷え、しびれ、痛み、痛みによる休みやすみの歩行
静脈の怒張や発赤、特に夕方に強い足の腫れ、夜間の足のつり(こむら返り)


特色

 動脈静脈を問わず血管疾患は先ず生活習慣の是正と運動療法の指導が重要で、必要に応じて内服治療を併用することが基本と考えています。さらに①日常生活や社会背景、②治療の効果と悪影響のバランスを考慮し、③標準的医療(ガイドライン)を尊重して手術療法を検討するよう心がけています。
 下肢の血管疾患は疼痛や運動機能の低下をきたして生活の質を著しく損ないます。歩行障害の原因が血管であれば治療が可能かもしれません。ご高齢なっても元気で歩ける方が少しでも増えるよう微力ながら取り組んでまいりたいと思います。

外来日

医師紹介

部長:金岡 健(かなおか つよし)

日本外科学会 専門医
日本心臓血管外科 専門医
日本胸部外科学会 認定医
心臓血管外科修練指導医
麻酔科標榜医


当サイトに関するみなさまのご意見をお聞かせください

質問1:このページの情報は役に立ちましたか?

質問2:このページは見つけやすかったですか?