グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



診療科・部門


ホーム  > 診療科・部門  > 部門  > 薬剤課  > 業務紹介

業務紹介

調剤室業務

調剤業務

オーダリングシステムにより出力された処方箋に基づき、入院、救急患者さんへのお薬の調剤を行っています。重複投与、相互作用そして投与量など、処方箋の内容を確認します。注射薬についても患者さんごとに薬剤をセットし、重複投与、溶解液、配合変化、用量、投与速度など内容を確認しています。
処方内容に疑わしい点があった場合には処方医に問い合わせをし、確認しています。
この他、自動錠剤分包機、散剤監査システム、自動散剤分包機の導入や棚の配置や表示の工夫を行い、調剤ミスを未然に防げるようにしています。

また1つの処方箋に対し、複数の薬剤師が携わるなど調剤事故が発生しないシステムを日々試行錯誤しながら検討し、業務の質の向上に努めています。

製剤業務

製剤室では、治療上有効かつ必要であっても市販されていない薬や剤形について、院内でその有用性、有効性、安定性、安全性を調査検討し調製しています。

当院で取り扱っている院内製剤は、軟膏・点耳薬・点眼薬・消毒薬・吸入薬・検査用薬など多岐にわたります。点眼薬や手術中に使用する薬など無菌性が求められるものは、専用のクリーンベンチを用いて無菌的に作製しています。

また、患者さんには、事前に有効性および安全性を十分に説明し、患者さん自身が同意した上でご使用いただいています。

抗がん薬ミキシング

がん化学療法を安全で効果的に実施するため、外来と入院すべての患者さんに対して適切な投与量や投与間隔の確認、処方内容の是非、治療計画の管理を行っています。調製は安全キャビネットの中で行い、無菌的な状態で患者さんに提供しています。
また、2013年2月より閉鎖式薬物混合システムを導入し、患者さんのみならず医療スタックへの抗がん剤曝露予防にも努めています。

中心静脈栄養(TPN)

クリーンベンチにて入院患者さんの高カロリー輸液を無菌的に調製しています。これにより患者さんの感染リスクの軽減及び看護師の負担の軽減に努めています。

外来服薬指導

外来患者さんへ医療用麻薬の初回導入時の説明や院内でお渡しするお薬(夜間救急、院内製剤、造影剤検査前のアレルギー予防薬など)の薬剤指導を行っています。

病棟業務

薬剤管理指導業務

必要に応じて、入院患者さんのお薬に関する情報を、ベットサイドにて説明しています。皆さまが安心して正しくお薬を服用できるように、薬の飲み方や使い方の説明、副作用や飲み合わせのチェックなどを行っています。また医師、看護師、その他の医療従事者への情報提供を行っています。

病棟薬剤業務

各病棟に薬剤師が常駐し、投与量や相互作用、副作用の確認、注射薬の投与速度や配合変化の確認などを行っています。
抗MRSA薬を中心とする注射薬の血中薬物濃度解析(TDM)は、各病棟薬剤師が随時行っています。安全で有効な治療が進められるように、解析ソフトを用いて処方設計を行い、医師へ提言しています。
また、病棟内の毒薬、向精神薬、定数配置薬の管理を行い、事故につながらないような安全対策も病棟薬剤師の仕事の1つです。
病棟カンファレンスにも参加して、医師や看護師と意見交換をしています。
薬剤にてアレルギーがある方へアレルギーカードを発行し当院、他院にて同じ薬が使用されないよう情報提供を行っています。
このように、病棟薬剤師は、患者さんへの説明だけでなく、お薬に関する様々な場面で働いています。

DI(医薬品情報管理)業務

DI室では、患者さんに医薬品を有効にかつ安全に使用していただくため、医師、薬剤師、看護師、他の医療従事者の質問に対し的確な情報を提供し、また重要な医薬品に関する情報を病院内へ伝達しています。聖隷福祉事業団の他施設の医薬品情報担当者間で情報共有も行っており、幅広い情報収集と迅速な対応に役立てています。
当院で採用している医薬品の情報は、毎日製薬会社の医薬品情報担当者が医薬品情報室を訪れ、新しい情報が提供されます。これらの情報は各医薬品毎にファイリングされるとともに、随時病院内の各部署へ伝達しています。
また、病院内には各診療科代表医師、薬剤課代表などで構成されている薬事委員会があり、医薬品の採用など医薬品に関するすべての審議が行われています。DI室はこの委員会の事務局も努めています。
このように医薬品情報室は、医薬品についての多くの情報を収集し、整理保管するとともに病院内で適正に医薬品を使用していただくための情報を迅速提供しています。

薬品管理業務

医薬品の適正環境下での保管管理及び使用期限等の品質管理を行い、患者様へ安心かつ安全な医薬品を供給できるようサポートしています。
また、治療を円滑に行えるよう適正在庫量の確保にも努めています。
さらには、医薬品の価格交渉や後発医薬品への採用切り替え等を行い、病院における医薬品購入額の削減にも貢献しています。

チーム医療

糖尿病教室

毎月10日間の教育入院と週末2泊3日の生活習慣見直し入院を開催しています。その中で私達薬剤師は、皆さまにお薬の知識を深めていただけるよう、インスリンの使い方などの実践も交えて分かりやすく説明を行っています。日頃疑問に思われていることにもお答えしますので、どうぞお気軽にご参加ください。

糖尿病教室の詳細は、こちらのページをご覧ください。

腎臓病教室

保存期腎不全の方を対象に年に3回(6月、10月、2月)腎臓病教室を開催しています。
薬剤師からは、腎臓病の患者さんがお飲みになる薬の効能効果や薬を飲むにあたっての注意点などをわかりやすく説明しています。
教室では薬剤師以外にも医師、管理栄養士、臨床検査技師も腎臓病に関するお話をしています。
また、腎臓病の患者さんは日々の食事でどんなことに気を付けたらよいのかを知っていただくために、試食をご用意しております。
少しでも興味をお持ちの方がいらっしゃいましたら、ぜひご参加ください。
(詳細は院内に掲示してあるポスター等をご覧ください。)

NST(栄養サポートチーム)

当院では、病棟個々にNSTカンファレンスを設け、各病棟担当薬剤師、NST専門療法士が参加しています。回診にも同行し、患者さんの病態に基づいた輸液療法の評価、経腸栄養剤や薬剤の提言、情報提供などを行っています。
薬剤課にはNST専門療養士がおり、コアチームとしての病棟回診、評価、提案等を行う他、日常生活や栄養に関係する処方薬の評価、各病棟担当者への栄養療法の啓蒙活動、専門療法士の育成などに力を注いでいます。

当院NST(栄養サポートチーム)の詳細は、こちらのページをご覧ください。

ICT(感染制御チーム)

当院のICTメンバーは医師、薬剤師、臨床検査技師、看護師で構成され、週に1回、特殊抗菌薬使用中の患者さんをリストアップし、その適正使用についてカンファレンスを行っています。カンファレンスでは、それぞれの職種が、それぞれの職能を生かし、活発な意見交換を行います。検討事項は病棟担当薬剤師へ提供されて日々の業務に生かされています。

医師は感染症の有無や重症度の精査などの総合的な判断を主に行い、薬剤師はその診断に基づく適切な抗菌薬が選定されているか、また、その投与量や投与経路は適正であるかを主に判断します。臨床検査技師は検出微生物に関する情報提供、看護師は患者さんの入院に至るまでの背景や、入院後の経時的変化について情報提供を行っています。

患者さんの治療のため、貴重な医療資源の有効活用のため、今後の薬剤師に期待されるのは、積極的に適正な抗菌薬処方の提案をしていくことです。全ての患者さんが、適切な抗菌薬治療を受けていただくことを目標に、啓蒙活動に取り組んでいます。

当院ICT(感染制御チーム)の詳細は、こちらのページをご覧ください。

緩和ケアチーム

緩和ケアチームの一員として薬剤師が参加しています。
薬剤師は、薬の専門家として薬学的な観点から、より良い疼痛コントロールを目指した提案を行っています。
主な活動として、

  • 薬効の評価
  • 副作用のモニタリング、副作用対策の提案
  • 相互作用の予測、評価

等を通して、チームの他職種スタッフと連携しています。
また、チームで知り得た情報を、薬剤課内の各病棟担当スタッフへ提供し、情報の共有化を図っています。退院時は必要に応じて、かかりつけ薬局への情報提供を行い、退院後の治療を円滑に行えるよう関わっています。

当院緩和ケアチームの詳細は、こちらのページをご覧ください。

褥瘡対策チーム

褥瘡回診に同行し、治療方針の確認や提案を行っています。外用薬においては、基材の特性を踏まえた最も効果的な使用法のアドバイスを医師や看護師に行っています。
褥瘡は局所の治療を行えば良くなるわけではありません。全身的な治療や家族へのサポートも必要とされます。輸液管理、栄養管理、内服管理などを通して治療に影響するあらゆることをチーム内に情報提供し、検討して最善を尽くしています。

当院褥瘡対策チームの詳細は、こちらのページをご覧ください。

RST(呼吸ケアサポートチーム)

回診を行い、呼吸ケアサポートチームと主治医、病棟看護師が連携し、患者さんの現在の状態についてだけでなく、その後の治療やケアについても一緒に考えます。

当院RSTチームの詳細は、こちらのページをご覧ください。

学会実績

演題/演者学会名/発表年月日受賞歴等
スポーツにおける薬剤師の関わり
金田光正 他
第13回 日本医薬品情報学会
2010.7.24~25
消化管閉塞に対する酢酸オクトレオチドの効果とDPC対象病院における診療報酬の現状
小野澤美智子 他
第4回 日本緩和医療薬学会年会
2010.9.26
個人管理表を用いた麻薬調剤の取組み
池田恵美 他
第5回 日本緩和医療薬学会年会
2011.9.24
神経障害性疼痛時には、脳内モルヒネ濃度が低下するためにモルヒネの鎮痛効果が減弱する 金田光正 他第16回日本地域薬局薬学会年会
2012.7
神経障害性疼痛時にはモルヒネの脳内到達量が減少する
金田光正 他
第22回日本医療薬学会年会
2012.10 
第11回 かながわ薬剤師学術大会
2013.1.14
当院の母乳育児支援活動における薬剤師の取り組み
米山恵子 他
第11回 かながわ薬剤師学術大会
2013.1.14
優秀賞
医薬品購入における抗がん剤購入・在庫管理の有用性評価
荒井哲也 他
第16回 日本医薬品情報学会
2013.8.10
母乳育児支援における「ケイツー®シロップ」の投与指導
大山智子 他
第12回 かながわ薬剤師学術大会
2014.1.13
転倒転落事故事例における服用薬剤の解析
藤田裕子 他
第12回 かながわ薬剤師学術大会
2014.1.13
優秀賞
当院における損失薬品減少に向けての取り組み
荒井哲也 他
第17回 日本医薬品情報学会
2014.7.12
当院における病棟薬剤業務および退院指導への取り組み
平井亮 他
第13回 かながわ薬剤師学術大会
2015.1.12
院外処方における疑義照会プロトコールの作成
相原未希 他
第13回 かながわ薬剤師学術大会
2015.1.12
外来処方箋の疑義照会分析と対策
相原未希 他
第14回 日本医療マネジメント学会 
神奈川支部学術大会 2015.3.7
「2015ぐんま冬国体」におけるスポーツファーマシストの活動
金田光正
第19会日本地域薬局薬学会 
2015.5
冬季国体神奈川県代表選手の使用薬およびサプリメント調査
金田光正
第18回日本医薬品情報学会 
2015.6
当院におけるIA報告とその対策
小林大記 他
第14回 かながわ薬剤師学術大会
2016.1.17
体腎機能低下時に注意が必要な薬剤の投与に関する検討
渡邉恵子 他
第14回 かながわ薬剤師学術大会
2016.1.17
優秀賞
地域包括ケア病棟における 薬剤師業務の経済的評価
木村浩一 他 
第46回 関東ブロック学術大会
2016.8.27~28
地域包括ケア病棟における薬剤師の役割~薬学的介入事例の分析・評価~
建部宏子 他
第15回 かながわ学術大会
2017.1.15
高齢者の安全な薬物療法ガイドラインを元に、高齢者への安全な薬物療法に向けて
本多克也 他
第15回 かながわ薬剤師学術大会
2017.1.15
腎機能チェックカード導入前後の疑義照会分析 坂本光咲 他第12回 かながわ薬剤師学術大会 2017.1.15優秀賞
腎機能低下時に注意が必要な薬剤の適正投与に向けた取組み 米山恵子 他日本医療マネジメント学会 第17回東京支部学術集会 2017.2.25

刊行論文

論文名著者掲載誌
当院の母乳育児支援活動における薬剤師の取り組み米山恵子
金田光正
神奈川県病院薬剤師会雑誌
Vol.45,No.1, 10-13
(第45巻 第1号 2013 July
P10-13)
アンチ・ドーピング活動における現状と課題金田光正日本地域薬局薬学会会誌
2014;2(1):24-29
転倒・転落インシデント・アクシデントにおける使用薬剤の解析藤田裕子
金田光正
神奈川県病院薬剤師会雑誌
Vol.46,No.2, 5-9
(第46巻 第2号 2014 July
P5-9)
冬季国民体育大会神奈川県代表選手における
ドーピングに対する意識調査
金田光正日本地域薬局薬学会会誌
2015;3(2):46-50
Mechanism for Increased Expression of UGT2B in the Liver of Mice
with Neuropathic Pain
Mitsumasa Kaneta
Wataru Ochiai
Kiyoshi Sugiyama
Biol Pharm Bull. 2016;39(11):1809-1814.
腎機能低下時に注意が必要な薬剤の投与に関する検討渡邉恵子
米山恵子
金田光正
神奈川県病院薬剤師会雑誌
2016;48(2):2-7

Copyright© Seirei Yokohama Hospital. All rights reserved.