グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



診療科・部門


ホーム  > 診療科・部門  > 部門  > 薬剤部

薬剤部

部長挨拶 

 薬剤部では、「薬剤の適正使用管理・指導」を使命とし、「自律した薬剤師の育成と働きがいのある職場環境作り」を目標に掲げ、チーム医療の一員として、薬の安全性と有効性を重視し日々関わっています。そして、薬剤の選択や調達、管理、調剤、投薬のモニタリング、評価といった業務を中心に、入院患者さん全てに適正な治療が行われるよう関わり、特に退院時には必ず薬剤師が関与し在宅への橋渡しを行っています。また、外来においては化学療法治療やリウマチ治療の患者さんなど服薬指導が必要な患者さんには薬剤師の関与が必須となっています。
 今、病院での薬剤師の役割は年々大きくなり、大きな期待も寄せられており、専門性の高い薬剤師が求められています。当院では感染・がん・緩和・栄養・糖尿病・リウマチ・漢方・スポーツに特化した専門性の高い薬剤師が中心となり、質の高い医療を提供するためチーム医療に関わる体制を取っています。
 そして、患者さん、医療者から「必要とされる薬剤師」を目指し、常に薬剤師が臨床の場にいる体制を取るようにしています。そのような中、臨床における疑問点はそのままにぜず、常に拾い出し、解決に向けた話し合いをチームで行い、時には疑問点を解決すべく研究を行い、学会発表を行い広く社会に向け発信するようにしています。
 このように当院薬剤師は、臨床現場を重視し、薬剤すべてに責任を持ち関わるようにしておりますので、薬剤のことで困ったときにはお声をかけください。明るく元気な薬剤師が対応させていただきます。

聖隷横浜病院 薬剤部長
塩川 満

職員内訳

薬剤師  25名(男性5名 女性20名)
薬剤助手 2名
(2019年5月現在)

主な出身大学一覧(2019年5月現在)

北里大学国際医療福祉大学城西大学
昭和大学昭和薬科大学千葉科学大学
帝京平成大学徳島文理大学東京薬科大学
東邦大学日本大学明治薬科大学
名城大学星薬科大学星薬科大学院
昭和薬科大学院北里大学

Copyright© Seirei Yokohama Hospital. All rights reserved.