グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ

  1. 聖隷浜松病院トップ
  2.  >  ご利用案内
  3.  >  個人情報の取り扱いについて
  4.  >  血液検査を終了した検体の使用について

血液検査を終了した検体の使用について


検査のための採血は、各検査に必要な血液量を採取しています。
検査終了後に残った血液検体(残余検体)は、医療廃棄物として処理しますが、一部残余検体は業務・教育・研究のために使用させていただく場合があります。残余検体の再利用は「臨床検査を終了した検体の使用 –日本臨床検査医学会の見解」を遵守し行っており、臨床検査法の改善・医学の発展に寄与したいと考えます。

残余検体を使用する際には、個人を特定することなく患者さんの生命・健康に直接影響を及ぼすことはありません。

上記についてご了承いただけない場合は、お手数ですが採血時に担当者までお申し出ください。

PAGETOP