グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




ホーム > 診療部  >  小児科

小児科


2022年3月より土曜外来は第1.3週を交替制診察、第2.4.5週を休診といたします。

主たる疾患

  • 乳児期から小児期 (主に15歳以下) の感染症 (感冒、気管支炎、肺炎、胃腸炎、尿路感染症など)

  • アレルギー疾患 (気管支喘息、アトピー性皮膚炎、食物アレルギー)

  • 代謝内分泌疾患 (糖尿病、低身長など)

  • 腎疾患 (検尿異常、先天性腎尿路奇形、腎炎、ネフローゼ症候群など) などの診断、治療

  • その他の疾患 (川崎病、夜尿症など)

特色

  • 腎炎、ネフローゼ症候群、先天性腎尿路奇形などに対して、正確な診断と治療により腎不全への進行を抑える診療を行っています。また印旛地区の第3次学校検尿指定施設として地域の腎疾患における中核を担っています。

  • 幅広い小児科のニーズ応えられるよう専門の外来、病棟を整備しております。

  • 低身長の精査を行っております。

主たる検査・治療・実績

入院は、幼児・乳児には付き添いをお願いしています。


1. 腎精密検査血液・尿検査、免疫検査、腎機能検査、腎画像検査 (CT、超音波、MRIなど)、総合的かつ質の高い検査で 的確な診断と病態を判断します。
2. 腎生検腎疾患では必須の検査で、 腎エコー下に瞬時に微量の腎組織を採取し、顕微鏡で診断します。 病理医と専門医で詳しく 討議して治療法を決めます。
3. 画像診断超音波検査、腎・尿路X線造影検査、CT検査、MRI検査、腎シンチグラム検査など各種検査を取り入れて行きます。
4.内分泌検査低身長や思春期早発/遅発の原因精査として、成長ホルモン分泌負荷試験などを行い、適応があれば成長ホルモン治療を行います。
5.アレルギー検査食物アレルギー検査として血液検査、皮膚テスト(プリックテスト)、経口食物負荷試験(1泊入院)を行い総合的に判定します。

実績


 2019年度2020年度2021年度
腎生検10例8例5例
内分泌検査41例24例27例
アレルギー検査
(経口食物負荷試験+スキンケア入院)
35例24例23例

医療支援

小児科では東日本大震災被災地への医療支援を行っています。

2011年5月岩手県大船渡市1週間
岩手県陸前高田市1週間
2012年12月宮城県石巻市2日間
2013年4月岩手県陸前高田市1週間
宮城県石巻市2日間
5月岩手県陸前高田市1週間

外来日

医師紹介

副院長兼患者支援センター長兼感染管理室長:川村 研 (かわむら けん)

主な専門領域:小児腎臓病、小児内分泌疾患(低身長、思春期早・遅発症)、
                     小児一般

日本小児科学会専門医・認定指導医
日本腎臓学会専門医
臨床研修 指導医


副部長兼臨床研修センター長:鈴木 繁 (すずき しげる)

主な専門領域:小児腎臓病、小児アレルギー疾患(アトピー性皮膚炎、
                      食物アレルギー)、小児一般

日本小児科学会専門医・認定指導医
日本腎臓学会専門医
臨床研修指導医
プログラム責任者養成講習会修了


医師:吉田 麻里奈 (よしだ まりな)



当サイトに関するみなさまのご意見をお聞かせください

質問1:このページの情報は役に立ちましたか?

質問2:このページは見つけやすかったですか?