グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




ホーム > 診療部  >  呼吸器外科

呼吸器外科


主たる疾患

原発性肺癌
縦隔腫瘍
転移性肺腫瘍
胸壁腫瘍
良性肺腫瘍
自然気胸
胸腺腫瘍
膿胸 など

特色

・日本医科大附属病院、附属千葉北総病院、埼玉県立がんセンター等で多くの呼吸器外科手術を担当した呼吸器外科専門医、学会指導医が診療を担当します。

・術前診断(気管支鏡検査、CTガイド下生検)、手術、化学療法(術前導入化学療法、術後補助化学療法、手術適応のない進行肺癌に対する化学療法)については、主に当科で担当しています。放射線治療科医師、緩和医療科医師と連携して、早期肺癌から進行肺癌、末期がんの患者さままで、全て当院で治療を完結できる設備と医療スタッフが充実しています。

・肺葉切除、肺区域切除、縦隔腫瘍手術においても、積極的に完全胸腔鏡手術を行っております。一方で、リンパ節転移を認める症例や隣接臓器への浸潤を認める進行症例、血管・気管支形成が必要な症例については、開胸手術で確実に根治を目指した手術を行っております。

当科での新たな取り組み

①肺区域切除術
●最新の3次元画像解析システム
手術前に、最新の3次元画像解析システム(SYNAPSE VINCENT)を用いて、綿密に手術内容を計画します。
これにより、安全・円滑に手術を進めることが可能となります。



●ICGと近赤外線胸腔鏡
肺区域切除術では、手術中に切離するライン(切除する肺と残す肺との境界)がはっきりしません。
当院では、ICGと特殊な近赤外線胸腔鏡を用いて観察することで、視覚的に切除するラインが描出され、スムーズに手術を行うことができる手法を用いています。


②肺部分切除術
画像診断の向上とともに、早期の肺病変が発見される機会が増加しました。それに伴い、手術中に病変が見つけられない症例が増加しています。そのような症例では、手術前にマーキング処置を行い、手術に臨む必要があります。
従来のマーキングでは、体表の皮膚から肺の中に針を刺していき、病変の近傍にマーキングする必要がありました。そのため、頻度は高くはありませんが、空気塞栓という生命に関わる合併症が稀に見られておりました。
当院では、気管支鏡を用いて、内側から病変の近くにICGを注入することで、合併症の少ない安全性の高いマーキング処置を行っております。



実績

・2019年度より、常勤の呼吸器外科医師が2名体制となりました。
・原発性肺癌、転移性肺癌、良性肺腫瘍、胸腺腫などの縦隔腫瘍、気胸、膿胸、肺動静脈廔などに対して幅広く手術を行っています。


 2019年度
肺葉切除術12例
肺区域切除術7例
肺部分切除術18例
縦隔腫瘍手術
(拡大胸腺摘出術含む)
11例
気胸手術7例
膿胸手術
(胸腔鏡下膿胸腔掻把術、開窓術、胸郭成形術含む)
5例
その他
(胸膜生検含む)
2例

主たる検査・治療

1. 胸部CT、MR検査  
2. 気管支鏡検査咽頭から観察可能な気管支までを観察する検査で、咳、喀血などの原因を探ったり、レントゲンやCTなどで見つかった異常陰影の診断をつけるために行う検査です。
3. 胸腔鏡検査肺癌をはじめ転移性肺腫瘍、良性肺腫瘍、自然気胸などさまざまな疾患に対して積極的に胸腔鏡を用いて手術を行います。
4. 外科治療標準開胸手術、胸腔鏡手術、胸骨縦切開による手術。
5. 機能温存、ADL up目的治療縮小手術、胸壁再建術、巨大ブラ切除など。
6. 根治目的治療肺葉切除、肺全摘など。
7. 抗癌剤治療外来での抗癌剤治療にも対応しております。
8. 睡眠時無呼吸症候群(SAS)症状に応じて、入院検査やC-PAP治療を行っております。
いびきと睡眠時無呼吸症候群について詳しくはこちらへ

外来日

医師紹介

部長:眞崎 義隆 (まさき よしたか)

主な専門領域:肺癌、気胸、縦隔腫瘍

日本外科学会指導医
日本胸部外科学会指導医
日本呼吸器外科学会指導医
日本医師会認定産業医
ICD(infection control doctor)


主任医長:廣橋 健太郎 (ひろはし けんたろう)

主な専門領域:肺癌、気胸、縦隔腫瘍

日本外科学会専門医
日本呼吸器外科学会専門医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
肺がんCT検診認定機構肺がんCT検診認定医


非常勤医師

▸ 鈴木 健人(すずき けんと)


臨床研究

当院では臨床研究を実施しています。


当サイトに関するみなさまのご意見をお聞かせください

質問1:このページの情報は役に立ちましたか?

質問2:このページは見つけやすかったですか?