グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




ホーム > 診療部  >  眼科

眼科


主たる疾患

1.白内障
2.網膜硝子体疾患 (黄斑前膜、黄斑円孔、糖尿病網膜症、硝子体出血、裂孔原性網膜剥離)
3.緑内障
4.斜視弱視

特色および主たる検査・治療

1.白内障入院および日帰りで白内障手術を対応しています。チン氏帯脆弱例などの難症例にも対応させてい頂いております。また多焦点レンズに関しては近医と連携し、希望があり、またその適応であればそこで施行することで対応しております。
2.網膜硝子体疾患黄斑前膜、黄斑円孔などの手術適応黄斑疾患、硝子体出血、増殖糖尿病網膜症、裂孔原性網膜剥離、増殖硝子体網膜症など各種網膜硝子体疾患に対する手術治療を行っております。眼内腫瘍に関しては他科との連携が必要のためしかるべき施設に紹介させていただきます。
3.緑内障小児緑内障以外は対応できるようにしております。手術は繊維柱帯切開術、繊維柱帯切除術、ロングチューブシャント手術など施行でき、患者様の眼に最適な術式を考慮して対応するようにさせて頂いております。
4.斜視/弱視視能訓練士が医師と連携しながら、視力や両眼視の検査、弱視・斜視訓練を1人1人の病態に合わせて、一番ふさわしい治療プランを考え、行っています。また0歳児からでも検査可能な機器も揃っており、低年齢層における検査も可能です。
眼科検査室のページはこちら

※コンタクトレンズの処方は取り扱っておりません


設備機器について

手術機器


INFINITIINFINITIは現在、多くの施設で採用されている実績のある白内障器械のひとつです。小切開白内障手術にも対応しており、汎用性のある器械です。
コンステレーション®
ビジョンシステム
コンステレーション® ビジョンシステムは、多くの施設で採用されている硝子体手術の器械で、23G、25G、27Gと小切開硝子体手術に適しています。硝子体カッターの回転数も当初の5,000回転から2万回転まで対応可能になり、またカッターの形状より増殖糖尿病網膜症などの難症例もより安全な硝子体手術を可能としています。

外来日

医師紹介

主任医長:坂本 理之(さかもと まさし)

眼科専門医
医学博士
PDT(光線力学的療法)認定医
CTR(水晶体嚢拡張リング)認定医


非常勤医師

▸ 小林 悠里(こばやし ゆり)
▸ 金井 秀仁(かない ひでひと)
▸ 吉田 いづみ(よしだ いづみ)
▸ 永江 朗人(ながえ あきと)
▸ 藤盛 莉乃(ふじもり りの)
▸ 田中 一史(たなか かずふみ)


臨床研究

当院では臨床研究を実施しています。


当サイトに関するみなさまのご意見をお聞かせください

質問1:このページの情報は役に立ちましたか?

質問2:このページは見つけやすかったですか?