グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ


ホーム  > 医療技術職  > 臨床工学室  > 手術関連業務  > 手術センター立ち会い業務

手術センター立ち会い業務

当院では2016年度15部屋で10,751件の手術が行われました。体外循環業務以外の手術室での業務にも力を入れています。手術室では様々な医療機器が使用され高度で新しい治療が続々と導入され、安全で質の高い医療が提供されます。その中で臨床工学技士(CE)は医療機器の操作や保守を担う非常に重要な役割を担っています。
当院での臨床技術提供を紹介します。年々医師・看護師からの委譲を受け手術全体の3分の1でCEが係わりを持ち臨床の現場に参加するようになりました。当院では手術室に多数のスタッフを動員して業務展開しています。

予防的業務(滅菌前点検業務&始業前点検)

手術中の医療機器トラブルを未然に防止するために滅菌する前に全ての医療機器の点検を行います。これにより、手術使用時に医療機器の故障により患者様へご迷惑をかけることを最小限になるよう努めています。

定期点検 2014年からの取り組み